佐々木ほのかさん(撮影・徳重龍徳)

写真拡大

 売れない雑誌、水着に厳しくなる社会、その一方で紙から電子書籍へのシフトと大きな変化を見せているグラビア。その動きを月単位でグラビア評論家の徳重龍徳が振り返る連載「上善は水着のごとし」。今回は2024年にグラビアで活躍が期待される美女たちを4回にわたって紹介する。第1回は昨年グラビアデビューを果たしたアイドルグループ「アップアップガールズ(2)」の佐々木ほのか(17)。グラビアでも見せる天真爛漫さをインタビューでも発揮してくれた。

【写真】カメラマンから「右の方が大人っぽく、左の方がかわいらしく写る」と教わった 佐々木ほのかの左右を見比べる

 今月30日に18歳の誕生を迎えるが、地元福岡でアイドルを始めたのは幼稚園の頃と、芸歴は実に12年に及ぶ。そんな佐々木が昨年グラビアを解禁すると、天真爛漫な笑顔と、青春のブルーのフィルターが常にかかったような透明感のある美少女ぶりで注目を集めた。

佐々木ほのかさん(撮影・徳重龍徳)

「もともとアイドルとしてライブで見せていけたらと思っていた」とグラビアはNGだったというが、ある時、突然気持ちが変わった。

「不意に『私がやらなきゃダメだ』と思ったんです。『グラビアをやってみようかな』じゃなくて『やらなきゃいけない』と使命感がわいたんです。グラビアにそれまで触れてこなかったので、まず知らなきゃいけないと色々なグラビアを見ました。それまで思っていたグラビアって胸ボーン、お尻ボーンみたいな感じだったんですけど、見ると違って。かわいかったり、元気に見せるグラビアもあるんだと知って。これならやれると思って、事務所の社長さんに『今なら私、グラビアできます!』って伝えました」

 あまりに突然の解禁宣言に事務所社長もあっけにとられたが「やるんだったらやろうか」と、グラビアデビューのために動き始めた。こうして昨年6月26日発売の「ヤングマガジン」に佐々木の初水着が掲載されることとなった。

小学生以来の水着、撮影では…

 水着になるのは小学生以来。グラビア撮影前に行われたテストシューティングでは恥ずかしさもあったというが、いざ本番の撮影では「もう『行きましょう』みたいなテンションでした」と度胸のあるところを見せた。

「丸一日、自分だけを撮影してもらう機会はないですし、すごく勉強になりました。カメラマンさんや周りのスタッフの方々も優しくて。緊張で肩が硬くなっていたんですが、ふっとゆるまってリラックスできて撮れました」

 初グラビアでは自分の表情、見え方をより知ることができた。

「それまでは顔の表情なんてどちらも一緒だと思ってたんですけど、私って顔の右側にほくろがあって目も左よりほんの少しだけ上がっているんです。撮影でカメラマンさんに『右の方が大人っぽく、左の方がかわいらしく写るよ』と教えていただいて、最近はシーンで使い分けて使うようになりました。表情の作り方もグラビアを通して学べて、MVの撮影とかでも生かしています」

世界は一変

 初のグラビアが好評だったこともあり、11月27日発売の「ヤングマガジン」でセンターグラビアを飾った。ロングだった髪を肩くらいまでに切ったが「髪が長いと体のラインが見えにくいから切った方がいいと社長さんに言われた」からだという。

 2回目のグラビアでは物憂げな表情など、グッと大人っぽい雰囲気も出せるようになっていたが、佐々木によればこれも作戦だったという。

「一発目のグラビアは初々しく行こうと思って。その分、2回目の方が表情豊かになって、みなさんにすごく褒めてもらえてます(笑)。2回目の撮影ではカメラマンさんに『この足の角度はこうした方がいい』とか細かくアドバイスをいただけたので、より成長できたと思います」

 そして、現在発売中の「週刊プレイボーイ」では3度目のグラビアが掲載されている。

「雰囲気がヤングマガジンさんとは全然違って。週プレは『ここの場所で好きに動いて』という感じで自由にやってますし、結構素で行かせていただきました。水着も結構明るめの水着が多いです」

 グラビアをやったことで世界は一変する。X(旧Twitter)はフォロワーが1万人増加。インスタグラムやTikTokのフォロワーも増え「こんなに増えるんだってちょっと驚いています」という。

「もともとグループのメンバーは『グラビアをやった方がいい』と言ってくれていたんです。なので私がグラビアをやると知った時もすごく喜んでくれて、私が載っている雑誌を4冊くらい買ってくれたメンバーもいて、本当にありがたかったです。他のアイドルと対バンをすると、チェキ撮影で『グラビアを見たよ』と来てくださる方も増えています。グラビアで知ってもらったファンの方がライブの現場に来てくれるようにもっとしたいなと思っています」

目指すアイドル像は“大自然の山”

 写真に収まると正統派美少女だが、話すと天真爛漫でずっと笑顔が絶えない。

「写真だけを見たらおとなしい感じなんですが、けっこう騒がしいんですよ(笑)。しゃべらなきゃいいのにって言われることも。そのギャップに戸惑う方もいるんですが、私の性格含めて愛してくださるファンの方は本当にありがたいです」

 目指しているアイドル像を聞くと、“大自然の山”だと返ってきた。

「山って普段生活していると気に留めなければ視界に入らないじゃないですか。でも、ふと見たいと思ったらそこにある。行きたいな、関わりたいなと思えばすぐに行けるような、そういう当たり前にある存在になりたいんです。アイドルって高嶺の花にどうしてもなっちゃうけれど、そうならないように常に心がけています。身近な人でいたいんです」

 1月28日には表参道GROUNDで生誕祭ライブ、さらに3月3日にはアップアップガールズ(2)の単独ライブが日比谷野外大音楽堂で開催される。

「私の中では17歳から19歳が一つのピークだと思っていて、その間で絶対売れたいんです。もうちょっと時間かかるかもしれないですけど、グラビアで表紙も飾りたいですし、演技に挑戦したくて。将来的には女優にいけたらって思ってます」

 2024年にファンをさらに増やしそうな佐々木。最後にファンになったらどんなメリットがあるか聞いた。

「人生の励みになりますし、人生が豊かになると思います!! 私はうるさい人間なので、私を見てたら悩みとかどうでも良くなくなるってよく言われるので(笑)。私がそもそもあんまり悩まず生きてるので、ファンの支えになりたいです」

徳重龍徳(とくしげ・たつのり)
ライター。グラビア評論家。大学卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。記者として年間100日以上グラビアアイドルを取材。2016年にウェブメディアに移籍し、著名人のインタビューを担当した。現在は退社し雑誌、ウェブで記事を執筆。個人ブログ「OUTCAST」も運営中。Twitter:@tatsunoritoku

デイリー新潮編集部