細川たかし

写真拡大

 額の生え際にそろえてサイドをそった独特のヘアスタイル、細く尖った眉尻、ヤクザも怖がる厳(いか)ついファッション――。古希を過ぎた今も現役バリバリの演歌歌手、細川たかし(73)が熟年再婚した。気になるお相手はどんな女性なのか。

 ***

【写真を見る】22歳下の再婚相手は元市議の美女!

 昨年6月に再婚していたことを10日、所属事務所を通して発表した細川。2日後の12日には東京都内で開催された自身のコンサート会場にて、お相手の女性の名前は“喜代美ちゃん”だと報道陣に明かした。

「細川さんは2018年に前妻と死別しています。その後、20年1月から今の奥様との交際が始まったとのこと。彼女の旧姓は加藤で、年齢は細川さんより22歳も若い51歳。一昨年10月まで千葉県の君津市議を4期にわたって務めた才媛です」(スポーツ紙記者)

「50年前から細川さんとお付き合いが」

 たしかに市議時代の写真を見ると、政治家らしい清楚で知的な美人といった風貌である。08年、本誌(「週刊新潮」)が山口組系暴力団組長の誕生日会に参加していたことを報じた細川とは、接点などなさそうな雰囲気だ。

細川たかし

 そこで、喜代美氏の父親で09〜11年にかけて君津市議会議長を務めた地元の名士でもある加藤健吉氏(83)を訪ねると、長きにわたる経緯をこう語るのだった。

「50年ほど昔のことですが、北海道から出て来たばかりの細川さんはデビュー前の一時期、木更津市のクラブで歌っていました。私はその頃から細川さんとお付き合いをしていたのです。彼はまだ20歳そこそこでしたが真面目な好青年で、そこらの歌手とは違って酒を飲んでも取り乱すようなことがなかった。常に自分の立場を自覚していて、今でもそれは変わりません」

 当時、この木更津市のクラブは後に“芸能界のドン”に昇りつめる大手芸能事務所社長の関係者が経営していたという。加藤氏はその“芸能界のドン”とも親交が深いのだとか。

いつから男女の関係に?

「もともと私は君津市議になる前の若い頃、千葉県警の捜査2課の刑事だった関係で、代議士として活動されていたハマコーさん(故・浜田幸一氏)とご縁がありました。私にとってハマコーさんは地元千葉の兄貴分のような存在でした。そこからハマコーさんの舎弟分で運転手を務めていた彼(ドン)と知己を得て、デビュー前の細川さんともつながっていったという流れだったのです」(同)

 以降、加藤氏は家族ぐるみで細川との付き合いを続けて、現在に至る。娘の喜代美氏が細川と知り合ったのは30年ほど前で、君津市の亀山湖畔の花火大会でのことだったそうだが、いつから二人が男女の仲になったのかについては、

「正直、よく分かりません。以前は細川さんにも喜代美にも、それぞれ伴侶がいましたから。喜代美には子どもがいませんでしたが、いずれにせよ離婚したということは、まあ合わなかったのでしょう。とにかくこうして50年越しに細川さんと一緒に暮らすことになるとは、私も驚いています」

「いつもステーキを」

 現在、加藤氏夫妻と細川夫妻は計4人で、君津市にて2世帯同居生活を送っているという。

「細川さんは元気ですよ。“肉を食べないと声が出ない”と、いつもステーキなどを食べています。家族仲はとても良く、先日もコンサートに皆で出かけてきたばかりです」

 今日も細川は古くからの“兄貴分”ともいえる義父の前で、ペロリと肉を平らげているのだろう。

「週刊新潮」2024年1月25日号 掲載