王将戦第2局の様子(日本将棋連盟提供)

写真拡大

 1月20、21日に佐賀県上峰町の老舗料理店・大幸園で開かれた将棋の王将戦七番勝負第2局(主催・毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社)。藤井聡太八冠(21)に挑んだ菅井竜也八段(31)は開幕2連敗を喫した。対局直後のインタビューで菅井は「封じ手の少し前に敗着を指してしまいました。話にならない」と吐露した。勝った藤井は「王が安定した形で戦いを起こすことができた」などと淡々と話した。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

【写真】“珍事件”を起こした糸谷哲郎八段

問題の一手

 問題は46手目だった。後手番の菅井はいつものように「三間飛車」で藤井に挑む。45手目、藤井は「7四」に歩を進め、菅井の玉を正面から脅かしに来た。無難にこの歩を「同銀」として取るのが通常だが、そこで4分間考えた末に菅井は、何を思ったか自陣左の桂馬を「4五」に跳ねた。藤井陣の「5七」に成り込んで、金銀3枚で隅っこの玉をがっちり守っている藤井陣を崩すためのとっかかりにする算段。しかし、藤井は桂馬を簡単には成り込ませず、菅井陣に竜を作って玉を横から脅かす。

 この対局、振り飛車の菅井が穴熊に組むかと思ったら、居飛車の藤井が穴熊にし、菅井は美濃囲いにした。穴熊は最も固い駒組だが、組むまでに手間がかかり、それまでに攻められて潰されてしまうことも多い。美濃囲いは比較的早く組めるが、菅井は今回、玉の左に菱形に金銀4枚が並ぶ「ダイヤモンド美濃」と呼ばれる陣形を作った。

王将戦第2局の様子(日本将棋連盟提供)

 1日目は午前中に42手まで進んだが、午後は藤井が160分の大長考をし、菅井も長考で応じるなどしてぱたりと止まり、9手しか進まなかった。しかし、その間に挑戦者の失着があったのだ。

 翌朝、立会人の小林健二九段(66)の手で開封された藤井の51手目の封じ手は、ABEMAで解説していた阿部健治郎七段(34)の予想通り「4六角」だった。これは菅井の「4五」の桂馬の成り込みを防ぐのが第一の目的だ。素人目に見ても、穴熊より美濃囲いが崩れるのが早いように思え、やはり好転することはなかった。藤井はその後、「これしかない」という一手にも慎重に時間をかけて間違わない。跳ねた桂馬は結局、藤井陣に成りこむ余裕もなく、最後まで全く働かずに終わってしまった。

菅井は心が折れていた?

 2日目、ABEMAで解説していた木村一基九段(50)は、昼食休憩前、「菅井さんの心が折れてしまったら投了もあり得ますね」と話した。

 実際、2日目の菅井は、しきりに盤から目をそらしたり、天井を見たり……集中できていないような印象だった。前日の大きすぎる失着で絶望していたのだろう。菅井は3時のおやつの時間にも何も注文しなかった。

 午後3時26分、藤井の113手目「8五金」を見ると、菅井は右手で盤に手をかざして投了した。感想戦を終えると、菅井は早々に会場を後にしたという。事実上、1日目に勝負はついていたようだ。「昨日は後悔して寝られなかったのでは」などと菅井を慮っていた木村九段は「第3局までは日数が少ないですが、菅井さんは気持ちと作戦を立て直してほしい。一つ勝てば変わってくる。でも3連敗になると厳しい」と話した。

 第3局は1月27、28日に島根県大田市の「国民宿舎さんべ荘」で行われる。菅井の故郷の岡山県と同じ中国地方で、ファンはここからの巻き返しを待望している。次こそ振り飛車の真骨頂を見せてほしい。

糸谷八段の過去の大珍事

 さて、この日、副立会人を務めていたのは広島県広島市出身の糸谷哲郎八段(35)である。プロ入りから1年後に大阪大学文学部に合格し、大学院在学中に竜王のタイトルを奪取したという異色の棋士である。

 さて、将棋には様々な反則があるが、プロの棋士もたまに「ポカ」をやってしまうことがある。とはいえ、「駒台事件」と呼ばれる奨励会時代の糸谷八段が記録した反則は、ちょっと前例がない。

 それは糸谷八段が奨励会三級だった時のこと。相手は後に名人戦3連覇を達成した佐藤天彦九段(36)で、当時、佐藤九段は奨励会一級だった。2人はともに1988年生まれ。空前絶後の珍事は、今やトップ棋士となった2人の対局で起こった。

 対局は糸谷八段が優勢だったという。佐藤九段は敵陣に入玉させて劣勢挽回を図った。そして糸谷八段が佐藤九段の銀を取った。ところが、何を慌てたのか、糸谷八段はその銀を自分の駒台ではなく佐藤九段の駒台に置いたのである。

「えっ」。佐藤九段は素っ頓狂な声を上げたという。当然だろう。相手に取られた駒を自分の駒台に置いてくれる対局者など過去にも経験はなかっただろう。後年、佐藤九段は「盤面ばかり見ていたが、何が起きたかわからなかった」などと回顧している。

 将棋に「取った駒を相手の駒台に置いてはならない」などの反則規定があるわけもない。相手を利するだけだから当然である。すぐに気づいた糸谷八段は「すみません」と手を挙げ、幹事だった井上慶太八段(当時)に相談した。糸谷八段は「置いちゃったんですけど……」と打ち明け、佐藤九段は「銀をいただいたのですが、どうすれば……」と相談した。

 前例のないことで井上九段もさすがに悩んだが、「ちょっと厳しくてかわいそうやけど、糸谷君の将来のためにと考え」、結局、糸谷八段を「反則負け」とした。井上九段はその時、号泣する糸谷八段に「こんな手は初めてや。君は大物や」「プロになったらこれも伝説になるから最高やで」と言って慰めた。思わぬ「反則負け」に消沈していた糸谷八段は笑顔を取り戻したそうだ。

真の「大物」に

 糸谷八段は関西本部に属し、森信雄七段(71)門下だ。同じ広島県出身の故・村山聖八段(1969〜1998)の「弟弟子」でもある。村山八段は羽生善治九段(53)と互角に近い戦績を残しながら、1998年に29歳の若さで他界。その生涯を描いた大崎善生氏のノンフィクション「聖の青春」は、松山ケンイチの主演で映画にもなった。

 糸谷八段は井上九段の言葉通り17歳で四段に昇段、プロ入り後は順調に駆け上がり、2014年に初タイトルの竜王を獲得した。真の「大物」となって今やトップ棋士の1人として大活躍している。ちなみに、姓は「いとたに」ではなく「いとだに」が正しい呼び方。棋士仲間から「ダニやん」と呼ばれて親しまれる。文才も豊かで、NHKの将棋番組でもお馴染みである。

「駒台事件」は糸谷八段の幼少期の珍事ではあったが、兵庫県加古川市の将棋道場で菅井八段や名人戦に挑戦した稲葉陽八段(35)などを育て「名伯楽」と呼ばれる温かい人柄の井上九段ならではのエピソードでもある。トップ棋士を育てるのは直接の「師」だけではないことを感じた。
(一部敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部