民家を押しつぶした輪島市内の倒壊ビル(粟野仁雄撮影)

写真拡大

 元日に起きた能登半島地震で、大きな被害が出た石川県輪島市。200以上の露店が並ぶ観光名所だった朝市通りでは、地震後の火災で5万800平方メートルが焼失し、今なお行方不明者の捜索が続けられている。今月12日、輪島市で避難生活を送る住民に話を聞いた。(前後編の後編)【粟野仁雄/ジャーナリスト】

前編【震災から10日後の珠洲市 福祉避難所の不足、水不足で「風呂桶に雪を詰めて……」】のつづき

【写真】震災から10日後の被災地 避難した犬の「まるちゃん」はマフラーを付けてあたたかそう

忍耐強い能登半島の人

 12日朝、「輪島の朝市」へ向かうと一面まっ茶色の焼け野原で、95年に起きた阪神・淡路大震災で37店舗が焼失した神戸市長田区の菅原市場を思い出した。しばらくすると、石川県警の捜索隊が行方不明者の捜索を始めたが、午後4時前にはその日の作業を終えた。二次災害の危険性がある中で、長時間の捜索は難しいのだろう。17日には、10人の遺体が見つかったという。

民家を押しつぶした輪島市内の倒壊ビル(粟野仁雄撮影)

 輪島市役所では、犬を連れて避難する人に出会った。

「市役所は3階が普通の避難所、4階がペットを連れた人専門の避難所になっているんです。でもすぐに別のところに移動しなければならないんです」と男性が話した。

 物資搬入の支援に訪れていた長野県庁職員の古越万紀人さんは「輪島市まで送られた物資も、道路が遮断されており避難所に行きつかない。震災から10日も経っているのに、段ボールベッドもいまだ届いていません。こんなひどい状況は他の災害被災地でもなかなかないと思います。普通の人なら、黙っていないでしょう。ここの人は我慢強くて驚きますよ」と話した。

 東日本大震災での東北の人達の忍耐強さを思い出した。古越さんは「支援物資を配ろうとしても、ここの人たちは全員の分が平等に行き渡るまで受け取らなかったりするんですよ」と語った。

感染症に警戒

 雪が強くなった昼前、県立輪島高校の避難所に行くとなにやら慌ただしい。抱えられるようにして建物の外に出てきた高齢女性が、救急車に乗せられた。病院に搬送されるわけではないという。

 NPO法人「ジャパンハート」の医療チームに所属する看護師の吉田夕佳さん(神奈川県藤沢市在住)によると、この女性は感染症にかかり、この避難所の一角に隔離されていたが、症状が良くなったため元いた避難所に戻るところだという。

「新型コロナ、インフルエンザ、腸炎などに感染した方は、隔離しています。この避難所には、医師が常駐しているので回復したことが確認されたら、元の避難所に戻ってもらっています。ここは広いので隔離出来ますが、ほかの避難所はそれも難しいです」(吉田さん)

 さらに吉田さんは、避難所生活で命を落とす「震災関連死」の防止が急務だと話す。

「水不足で皆さん風呂にも入れず、衛生状態が悪くなっています。感染症が流行する季節なので、感染症を専門に医療支援活動を行っています。避難所で生活している人だけでなく、車中泊の人もいるのでエコノミー症候群にも警戒しています」と吉田さんは気を引き締めた。

 輪島市職員の石坂啓伍さんは「(避難所の運営などは)最終的にはボランティアにもお願いしたい。ボランティアセンターは能登空港にあるけど、被災地域に繋がる道は一本だけで緊急車両優先。交通状況が改善されなければ、ボランティアの受け入れも始まりません」と話す。

 さらに、「ここは270人くらいが避難している。感染症などを防ぐためにも定期的に換気していますが、気温が低く窓を開けるのも辛い。仮設トイレは衛生状態が悪いし、避難生活が長引くほど、衛生状態が悪くなっていきます」などと避難生活を送る市民を案じた。

「もう輪島には住めない」

 輪島市の住平地区に長男と2人で暮らしていた蕨野朝子さんは県立輪島高校の2階に避難している。

「家はめちゃめちゃでもう住めません。息子と声を掛け合って、外壁を壊してやっと外に出ることができた。おせち料理をたくさん準備していたのに……。着の身着のままで通帳も持ってこられなかった」(蕨野さん)

 避難所では、冷たい床に毛布を敷いただけで、「寒くて全然、寝られませんよ」と蕨野さん。

「最初は市役所に避難したけど、自衛隊の拠点になって追い出されました。ここも授業が始まったらまたどこかに行くらしい」(蕨野さん)

 2007年の震度6強の地震も経験した蕨野さんは「瓦が全て落ちて、修理にお金もかかった。輪島の育ちだけど、(2度の震災を経験して)ここにはもう住めないと思う。阪神・淡路大震災をテレビで見てよそ事と思っていたけど、まさかここで同じことが起こるとは。金沢かどこかに引っ越すしかないです」と寂しそうに話した。

 横にいた男性に仮設住宅の予定地を教えられた蕨野さんは「そんなところ、遠くて行かれへんわ」とがっかり。男性は「航空学園高校石川が春の甲子園に出られるかもしれない」と話した。きっとそれだけでも楽しみなのだろう。

孫と妻に覆いかぶさり…

 輪島市の市街地から海岸沿いに東へ走る中で、大阪出身の藤原昭二さんに出会った。

 15歳の時に輪島塗の修行のためにこの地に来て、現在は輪島市で画家として生計を立てているという藤原さんは「自宅の周りは、土砂崩れの危険が高い。それでも猫や犬を飼っているからといって、家を離れない人が多いんですよ。いまは、避難所となった公民館にいますが、いつまでもいるわけにいかず、新しい拠点を探しています」と話す。

 発生時のことを訊くと「正月で孫が遊びに来ていた。テレビを見ていたところに突然、地震が来たんです。咄嗟に2人の孫と妻に布団をかぶせて、私がその上に覆いかぶさりました。揺れが収まるのを待って、壊れた玄関を滑り台のようにして逃げ出しました。もう家は住める状況ではない」という。

「耐震診断も罹災証明もまだです。早く罹災証明を出していただければ、必要な援助も求められるのに……。ボランティアもまだ受け入れられない状況で、来てくれません。新型コロナが流行してきており、こんな状況でも接触を避けなければならない。特に高齢者は孤立してしまうのではないかと心配です」(藤原さん)

中学生は集団避難

 1月13日からは、2日間の大学入学共通テストが始まった。幸い、県立輪島高校の生徒に死者はいなかった。

大坪克哉教頭は「3年生は103人。家が潰れて勉強する場がないので、学校に来るように呼び掛けた。スペースを作って、授業も少しした。12日には、受験生がバスに乗って試験会場がある金沢市へ向かいました。試験が終わった日も、金沢に泊まらせます」と話す。

 さらに、通常の授業が再開する目処が立たない中、1月17日には、輪島市の中学生が「集団避難」した。3つの中学の1年生から3年生までの生徒258人が親元を離れる不安を胸にバスに乗り込み、100キロ離れた県南部の白山市の「県立白山青年の家」など2か所の受け入れ先に向かった。これから2か月、集団生活をしながら勉強に励む。石川県県教委によれば集団避難は生徒と教員だけで行うが、保護者が避難先を訪れるのは自由だという。

 1月21日からは、珠洲市102人と能登町42人の中学生も集団避難した。2000年の三宅島の噴火で行われた例があるが、保護者が現地に残り、中学生だけが避難するのは異例である。一方では「祖父母などの面倒を見たい」などとして輪島市に残る生徒もおり、オンライン授業なども行うという。

 石川県は非常に教育熱心な県だと言われる。金沢市出身のある年配女性は「石川はものすごく教育熱心で高校の時、修学旅行もなかったですよ」と話す。寂しいだろうが、いつの日か「集団避難は結構楽しかったよ」と振り返ってくれる日が来てほしい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「瓦礫の中の群像―阪神大震災 故郷を駆けた記者と被災者の声」(東京経済)、「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部