「NHKドラマ」公式X(@nhk_dramas)より

写真拡大

 ドラマの続編は期待外れに終わることもあるが、山下智久(38)主演のNHK「ドラマ10 正直不動産2」(火曜午後10時)は違う。2022年に放送された前作を超える仕上がり。脚本、出演陣の演技、演出の3拍子が揃っている。今の民放では滅多に観られない大人向けであるところもいい。【高堀冬彦/放送コラムニスト、ジャーナリスト】

【写真で確認】大地真央に山崎努も…山下智久を囲む“クセあり”キャストたち

大人向けの人情喜劇

「正直不動産2」は人情喜劇である。日本テレビ「池中玄太80キロ」(1980年)やフジテレビ「マルモのおきて」(2011年)、TBS「俺の家の話」(21年)などと大枠では同じ系統。この時点で大人向けだ。人情の機微は一定の人生経験を積まないと理解するのが難しい。

「NHKドラマ」公式X(@nhk_dramas)より

 主人公は山下が演じる登坂不動産の営業マン・永瀬財地。その日々を描くから、お仕事ドラマの一種でもある。しかし、サクセスストーリーや恋愛を絡める月並みなお仕事ドラマとは異なり、観る側に「働くこととは何か?」と問い掛けてくる。この点でも大人向けだ。

 ほとんどの作品が若い世代を狙っている民放ドラマとは異なる。第2回を振り返ると、よく分かる。

 永瀬とその部下・月下咲良(福原遥・25)は、家具の輸入販売業を営む寺島大助(迫田孝也・46)から1戸建ての売却を依頼された。ところが、2人が物件調査に出向くと、そこには病気療養中の寺島の父・喜助(苅谷俊介・77)と息子の直也(松本怜生・23)が住んでいた。それでも寺島は強引に売却を図ろうとする。借金を抱えていたためである。

 それより大きな問題があった。寺島が仕事で海外を飛び回っている間、喜助が妻の美由紀(田山由起・45)を家から追い出したというのだ。栃木県益子市の実家に帰った美由紀は1年前に病死した。寺島は喜助を酷く恨んでいた。

長年仕事をしてきた人の多くが共鳴

 永瀬は寺島に対し、「まずご家族で相談を」と、売却に反対する。だが、寺島は聞く耳を持たない。「あいつらは家族じゃない。もうとっくに縁を切った!」と言い放つ。

 それでも永瀬は寺島の家を売らなかった。かつては嘘を吐いてまで売り上げを伸ばそうとしたが、今は正直であることに徹し、客が不幸にならないよう願っているからだ。一方で、もとから誠実な月下は寺島家に何があったのかを知るため、美由紀の実家のある益子市に向かおうとする。

 ここからのシーンが大人向けであることを鮮明に表していた。寺島家の内情を調べようとする月下に対し、新入社員・十影健人(板垣瑞生・23)は「それって不動産屋の仕事っすか?」と、あきれる。十影でなくても若い人なら、そう思っても不思議ではない。筆者も若手社員のころなら、そう思ったかも知れない。

 しかし、月下は「これが私の仕事のやり方なの」と強く言い返す。今度は20年、30年と仕事をしてきた人の多くが共鳴したのではないか。相手側のことを第一に考えて仕事をする人を笑うことは出来ない。出世はしないかも知れないが、退職後まで周囲から尊敬される。

 その後、寺島の家は売却寸前となる。売却担当者がミネルヴァ不動産の神木涼真(ディーン・フジオカ・43)に変わったからだ。神木は悪徳営業マン。喜助らの追い出しを強行しようとする。

家族の愛憎を描く

 だが、永瀬がストップさせた。不動産問題に強い弁護士の連絡先を直也に教え、同時に「使用貸借契約」の存在をほのめかしたのである。この契約は不動産を無償で貸し借りするもので、書面なしで親族でも成立する。一方、貸主側が契約を解除するには相当の理由が必要となる。

 こんな知識を分かりやすく授けてくれるところもこの作品の魅力。ドラマにしては珍しくテロップでの説明が入るが、違和感を抱かせない。演出が優れている。

 家を売れなくなった寺島は永瀬を憎むが、ここで月下が登場し、妻の美由紀が家を出た真相を明かした。喜助は美由紀を追い出したのではなく、益子市に住む実母の介護をさせるため、家から離れさせたのだ。

「あなたのお父さんは快く送り出したのです」(月下)

 険しかった寺島の顔が途端に穏やかになる。寺島は愛する妻を失い、その理由が喜助にあると誤解していたため、自分を見失っていたのだ。配偶者を失った後の1、2年かそれ以上、平常心でなくなる人は世間にもよくいる。そんなことを知るのも40代、50代以上になってからだろう。

 この仕事を終えた永瀬と月下は満足げだったが、2人と行動を共にした十影は「タイパ(タイムパフォーマンス=費やした時間に対する満足度)悪いわ」と、ぼやく。それを耳にした社長の登坂寿郎(草刈正雄・71)が「そのうち君も分かる」と声を掛けた。

 ここでも十影に共感した世代と登坂に同調した世代に分かれたのではないか。作品としては登坂が正しいことを暗示している。やはり、この作品は大人向けなのである。

“大人向け”を裏付ける視聴率

 視聴率もそれを裏付けている。16日放送の第2回はT層(13〜19歳の個人視聴率)が僅か0.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。100人に1人以下しか観ていない。F1層(女性20〜34歳の個人視聴率)も同じく0.7%。だが、ミドル層以上を含めた全体値の個人視聴率は3.5%(世帯6.6%)に跳ね上がる。

 全体値の個人視聴率が低いと思う向きもあるだろうが、それでも翌17日のフジテレビ「婚活1000本ノック」(水曜午後10時)の個人1.9%(世帯3.6%)よりは上。ほかのドラマも含め、相対的には決して悪くはない。個人視聴率の標準化から4年近く。もう世帯視聴率でドラマを判断する時代ではない。

 喜劇だから笑わせてくれる場面も数多い。初回。永瀬は十影に顧客回りを頼むが、あっさり断られる。「無理っす。俺、これからランチなんで」。コケにされた永瀬が端正な顔を歪ませたのが愉快だった。昭和期ならこんな光景はあり得ないが、今の時代ならあっても不思議ではない。世の移ろいをあらためて感じさせてくれる。

 出演陣も魅力。主演級がズラリと揃い、しかも適材適所である。山下、草刈、フジオカ、福原、ミネルヴァ不動産社長・鵤聖人役の高橋克典(59)、不動産ブローカー・桐山貴久役の市原隼人(36)、和菓子職人・石田努役の山崎努(87)。制作費が民放より高いNHKだから可能なのだろうが、出演する側はギャラの問題だけでなく、しっかりした作品だから参加するのだろう。

名優・草刈正雄の存在感

 山下は渋みが増して、いい俳優になった。明るい脳天気な男も冷たい悪党も出来る。なにより良いのは哀愁を帯びているところ。どこか悲しげな俳優を日本人は好む。高倉健さん、石原裕次郎さん、渥美清さん、勝新太郎さんと大スターと呼ばれる人はほとんどがそうだった。山下は2020年に旧ジャニーズ事務所を独立した後、辛酸を舐めたが、それも結果的には良い経験になったのではないか。

 4月からのフジテレビ「ブルーモーメント」で、約5年ぶりに民放作品に主演する。2021年のTBS「ドラゴン桜」では声の出演しか出来なかったから、隔世の感だ。芸能プロダクションの面子やテレビ局の都合によって、俳優の活動が制限されてしまうようなことは二度とあってはならない。それは視聴者側の不利益になるのだから。

 草刈の出番は少ないが、作品全体を締めている。デビューから50年。20代のころは典型的なモデル出身の俳優で、セリフは少なく、演出陣から信用されていないようだったが、今はやさしさと人生の重さを感じさせる男を演じられる名優だ。

 登坂が十影に向かって口にした「君もいつかは分かる」という言葉は観る側の胸を突いた。この一言に説得力を持たせられる俳優はそういない。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。放送批評懇談会出版編集委員。1990年にスポーツニッポン新聞社に入社し、放送担当記者、専門委員。2015年に毎日新聞出版社に入社し、サンデー毎日編集次長。2019年に独立。

デイリー新潮編集部