“盟主復活”の重責を担う阿部監督

写真拡大

「原派」の大城のレギュラーは剥奪?

 プロ野球巨人の阿部慎之助新監督(44)は指揮官として迎える初のキャンプを前に、シーズンでは捕手併用プランを温めている。昨季は大城卓三(30)がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場を契機に134試合の出場で打率2割8分1厘、16本塁打という好成績でレギュラーに定着した。スケールは違えど、現役時代に強打の捕手として鳴らした阿部監督とは同タイプだけに、全幅の信頼を置いているのかと思いきや、そうではないという。今オフには、FA戦線で新たな捕手の獲得に乗り出すのではないかと囁かれるほどだ。

【写真】阿部巨人が“即戦力”として指名した「社会人出身」の新戦力たち

 巨人のチーム関係者が明かす。

“盟主復活”の重責を担う阿部監督

「ヘッドコーチだった昨季も捕手の補強の必要性を口にしていました。大城に対しては、いまだにディフェンス面で不安を感じていて、絶対的な正捕手とは認めていないようです」

 2番手以降の捕手には岸田行倫(27)や小林誠司(34)らが控えている。昨季までの原辰徳監督時代は、同監督と同じ東海大相模高―東海大の道を歩んだ大城が重用された形だが、阿部監督に特別扱いする理由はない。球団史上初の捕手出身監督は自身の専門のポジションとあって、フラットな目線で王者阪神に対抗できる捕手陣を構築する決意のようだ。

 元日、ラジオ番組に出演した阿部監督は、かつて巨人で同僚だった清水隆行氏(50)との対談で今季の捕手構想を問われ、「もちろん主戦は大城でいってほしいですけれども(昨季は)岸田もすごく計算できそうなのが確認できたので、うまく併用していければうれしいなと思います。(投手との)相性、コンディショニングを重視していきたいですね」と答えている。

 確かに、昨季日本一になった阪神が坂本誠志郎、梅野隆太郎両捕手の併用を基本線としたように、阿部監督の現役時代とは異なり、近年の日本野球では絶対的な正捕手だけで1シーズンをまかなうケースが少なくなっている。とはいえ、一本立ちしつつあった大城にとっては、なかなか厳しい評価ではないか。

阿部監督は「捕手の打撃は二の次」

 元NPB球団監督はこう指摘する。

「大城は沖縄出身者ならではと言えるかもしれませんが、性格的におおらかなところがあって、それがリード面では粘りを欠くように映るのです。慎之助は『攻めよりも守り』の野球を掲げ、捕手の打撃は二の次とみている上に、チーム全体に自己犠牲の精神を求めようとしています。天才的だった自分のような打撃ができる捕手ならともかく、岸田や原監督には冷遇されていた小林らを使い分け、激務のポジションの負担を分散しつつ最善のバッテリーの組み合わせを模索していくと思われます」

 事実上のレギュラー捕手「剥奪」とも言えるような阿部監督のプランだが、複数の球界関係者によると、ヘッドコーチを務めていた昨季には「捕手は補強してでも、もう1人必要」などと話していたという。

 在京球団の編成担当が証言する。

「(阿部監督は)大城一人で143試合を乗り切るのは難しいと思っていました。原監督とは意見は異なっていましたが、キャンプからトレードなどでの補強を考えていたようです。実現はしませんでしたが、監督になっても、その考えは変わっていないようですね」

大城“単年契約”のウラに指揮官の評価

 もともと巨人は2022年オフ、西武からフリーエージェント宣言した森友哉捕手(オリックス)の獲得を視野に入れていたとされる。

「今季の捕手陣の成績次第では再び、FAでの捕手獲得を目指すとみています」(同編成担当)

 大城は順調なら来オフに国内FA権を取得する。ただ、今オフの契約更改交渉で球団からは単年契約の提示しかなかった。巨人に、この時点では慰留する方針が固まっていなかったということか。

「年俸は昨季から大きく上がった(推定8000万円から5000万円増)のですが、巨人が複数年を出さなかったことは意外でしたね。原監督が続投していれば、単年ではなかったかもしれません。巨人は今季の大城の成績を見てから複数年でオファーを出すつもりなのかもしれませんが、これまでの阿部監督の評価が芳しくないことも、単年に契約にとどまったことと無関係ではないように思えてしまいます」

 前出の編成担当はこう話した上で、来オフのFA市場で他球団の捕手の獲得に乗り出す可能性に言及。候補としてソフトバンクの甲斐拓也(31)、中日の木下拓哉(32)両捕手の名を挙げたのだった。

甲斐、木下はFA視野に複数年契約を拒否

 ともに今オフの契約更改交渉では球団からの複数年契約の提示を断り、単年契約を結んでいる。現代野球ではますます捕手のニーズは高まっている中で、2人がFA宣言すれば複数球団による争奪戦は間違いない。

「2人とも今の所属先で骨をうずめるかどうか迷いがあると聞きます。今オフの行使が視野に入っていることは明らかでしょう」(同編成担当)

 巨人は2年連続Bクラスからの巻き返しを図る今季、オフにオリックスからFA宣言した山崎福也投手(日本ハム)の獲得に失敗するなど、またもお家芸の大型補強は不発に終わった。現有戦力のやり繰りで浮上するしかない状況だが……。

「慎之助は2軍監督もやっていたし、チーム内のことは知り尽くしていて、どこをどう変えればチームが上向くかはよく分かっているでしょう。球界ではこれまでも内部昇格の監督が就任後、早い段階で優勝したケースは少なくない。捕手陣もうまく使いこなせれば、優勝争いに絡んでいっても不思議ではありません」(前出の元監督)

 今季も下馬評は高くない巨人で、阿部監督は1月19日にスタッフ会議において巨人の球団史で7度の辰年のうち5度で優勝しているというポジティブなアノマリーを引き合いに、覇権奪回を誓った。まずは捕手起用でお手並み拝見というところだ。

デイリー新潮編集部