山崎武司(中日)に殴りかかるガルベス

写真拡大

長嶋監督も「実戦タイプです」と評価

 2024年シーズンも多くの新外国人選手が来日して、日本のプロ野球での飛躍を期するなか、近年の各球団は、しっかりとした成績を残す“当たり外国人選手”の獲得に苦労している。過去を振り返ると、1996年に16勝を挙げ、長嶋巨人の「メーク・ドラマV」の立役者となったバルビーノ・ガルベスは、99年に球団史上初の外国人開幕投手を務めるなど、先発の柱として長く活躍した“当たり選手”だったと言えるだろう。だが、その一方で、彼は、たびたび乱闘劇の主役を務めた稀代の暴れん坊でもあった。【久保田龍雄/ライター】

【写真を見る】優勝、結婚、国民栄誉賞…秘蔵写真で振り返る「ミスター」の軌跡

「巨人 隠し玉」の大見出しで、ガルベスが1面トップで報じられたのは、1996年2月14日付のスポーツ報知だった。

山崎武司(中日)に殴りかかるガルベス

 前年、台湾・兄弟をシーズン中に解雇されたガルベスは、年末にドミニカで開催されたウインターリーグのプレーオフで防御率0.52の好成績を挙げ、レンジャーズと契約。2月下旬に同球団のトライアウトに参加する予定だったが、同時に日本球界にも興味を示し、代理人を通じて「日本向きの投手」と巨人に売り込んでいた。

 巨人にはすでにマック、マント、チョ・ソンミンの3人が在籍し、外国人の1軍登録枠は一杯だったが、前年、桑田真澄が肘の故障で離脱し、まだ復帰のめどが立っていなかったことから、万全を期すために4人目の助っ人をテストすることになった。

 2月18日の紅白戦で実戦初登板したガルベスは、いきなり最速150キロをマーク。長嶋茂雄監督も「実戦タイプです」と高く評価し、同22日、合格が決まった。

「私が役に立てるのなら、何にでも貢献したい。自分のベストを尽くすのが、私の基本姿勢」と殊勝な抱負を口にしたガルベスは、オープン戦でも好投し、開幕後も4月17日の中日戦で来日初勝利を完封で飾るなど、2試合連続完投で2勝を挙げた。

 だが、ふだんは温厚な好人物なのに、ひとたびマウンドに上がると、別人のように切れやすくなる“二重人格”が、5月1日の中日戦で明らかになる。

山崎武司と“ヘビー級対決”

 巨人が6対0とリードした5回、ガルベスは先頭の山崎武司に対し、頭付近を通過する直球を投じる。山崎には4月17日に2安打を許し、この日も141キロ直球を右中間に運ばれているとあって、内角を厳しく攻めた結果、危険球になったようだ。

「(もし)いつものように踏み込んでいたら、頭に当たっていた」。山崎が血相を変えてマウンドに詰め寄ると、ガルベスも間合いを詰めながらグラブを外し、左手でパンチを繰り出した。カッカしていても、大事な利き腕を守るあたり、確信犯と言って良い。山崎も負けずにヘッドロックで応酬。107キロのガルベスに対し、山崎も86キロと、“ヘビー級対決”を思わせる乱闘劇になった。

 両軍ナインも参戦し、32分間の中断後、張本人の2人は退場になったが、ガルベスは「殴りかかってきたのは向こうなのに、何でオレが退場なんだ」と大むくれだった。

 ちなみに、ガルベスはこの事件がきっかけで、「カルシウム不足、していませんか?」という一般社団法人「Jミルク」のCMに出演して、話題となった。

 騒動から1ヵ月後の6月1日、因縁の2人の再対決が実現する。1回1死満塁のピンチで山崎を迎えたガルベスは、徹底した内角攻めを行い、山崎も怯むことなく本塁寄りに立つ。そして、1ボールからの2球目がユニホームをかすめ、押し出し死球になった。互いに闘志をぶつけ合った力対力の勝負に、山崎も「向こうも野球人だからな」とエールを贈っている。

 同年、ガルベスは斎藤雅樹とともにリーグ最多の16勝を挙げ、チームの2年ぶりVに貢献した。首位・広島を10ゲーム差で追う7月10日の直接対決では、自ら試合を決める中越えソロを放ち、4安打1失点完投の9勝目。ここから“メーク・ドラマ”が加速していった印象も強い。

球界最高の制裁金「4000万円」

 だが、カッとなりやすい性格は、最後まで変わらなかった。

 1998年7月31日の阪神戦では、審判にボールを投げつけるという前代未聞の暴挙を起こしている。

 同年のガルベスは、4月16日の中日戦で李鐘範のヘルメット直撃の死球を与え、危険球退場。同21日の広島戦でも、野村謙二郎への死球をめぐって乱闘を誘発するなど、開幕直後から大荒れだった。

 そして、7月31日の阪神戦では、5回までに5点を失ったあと、6回にも先頭の坪井智哉に右越えソロを浴びる。2ストライクと追い込みながら、2球続けて際どいコースを橘高淳球審にボールと判定され、冷静さを失った直後の被弾だった。

 池谷公二郎投手コーチが交代を告げるためにマウンドに向かうと、ガルベスは怒りをあらわにして橘高球審に激しく詰め寄った。同僚のダンカンが止めに入ると、「うるさい!」とばかりに鎧袖一触、弾き飛ばした。

 長嶋監督が必死になだめ、肩で背中を押すようにしてベンチに連れ戻そうとしたが、直後、ガルベスは約30メートル離れた場所にいた橘高球審めがけて、力任せにボールを投げつけた。幸い頭上約2メートルの高さにそれたが、頭を直撃していたら、大惨事になりかねないところだった。

 この事件により、ガルベスは球界最高の制裁金4000万円と無期限の出場停止処分を受けたが、シーズン終了後に処分が解けると、巨人と再契約を結び、翌99年4月2日の阪神戦で開幕投手を務めた。球団史上初の外国人開幕投手は、1失点完投勝利を挙げている。

 また、同年のガルベスは、5月21日の阪神戦の2回に先制の満塁本塁打を放つと、8月13日の横浜戦でも、6回に投手ではNPB史上初のシーズン2本目のグランドスラムを記録。横浜スタジアムの場外に消える140メートルの特大アーチに、主砲の松井秀喜も「ガルベスの飛距離には敵わないよ」と脱帽した。

 一度切れると手がつけられない暴れん坊ぶりとは裏腹に、ユーモラスなぽっちゃり型の体型とマウンドで舌を出す癖など、愛らしい一面もあり、退団から20年以上たった今でも、懐かしさを覚えるファンが多いはずだ。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

デイリー新潮編集部