松本人志

写真拡大

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(60)は、性的行為の強要疑惑を報じた週刊文春との裁判に注力するため芸能活動を休止すると発表した。最高裁まで争うなら少なくとも3年はかかると言われるが、その間、働かないつもりなのだろうか。そもそも彼の収入はどのくらいあるのか。

 ***

【写真】「稼ぎまくりじゃん」ダウンタウン2人の実際の納税額を見る

 ネット上にも松本の年収にまつわる書き込みは少なくない。中には《推定年収15億円!》なんていう指摘も。もちろん根拠はある。

 2020年、「ダウンタウンなう」(フジテレビ)の“本音でハシゴ酒”にゲスト出演した元CBCテレビの石井亮次アナは、他人の年収を予測するのが好きで、松本の年収を15億円と発表。その際、松本が「そんなに強く、めちゃくちゃ『ないない』とは言えへんけど」と答え、否定しなかったからだというのだ。もっとも、その後すぐに、こう言ったのだが。

松本人志

松本:ウソだよ〜。ウソ出ちゃったねえ。そんなにいただいてたら、お仕事、来ないですよ。

 一方、22年6月に放送された「人志松本の酒のツマミになる話」(フジ)で、“金銭感覚はいつ変わるのか?”という話題になった際の発言も話題になった。

松本:年収がやっぱり……年収1本いったくらいかな。

出演者:1本って何ですか?

松本:1億円くらい。それが25歳くらい。

 いずれにせよ、相当稼いでいるはずだ。実際のところどうなのか、民放プロデューサーに聞いた。

「正直言って、ダウンタウンや松本さんのギャラは、人気のわりにそれほど高くないんですよ。テレビタレントのギャラが最も高額だったのは、08年のリーマンショックの直前でした。当時、1時間のレギュラー番組でNo.1だったのがとんねるずで、コンビで1000万円。続いて、みのもんたの600万円、そしてビートたけしの500万円、爆笑問題がコンビで450万円、山田邦子が350万円。ダウンタウンは彼らの次といったところでした」

 08年といえば「リンカーン」(TBS)も放送中で、すでにダウンタウンは若手お笑い界のトップに君臨していた。

レギュラー番組だけで7億円

「彼らが所属する吉本興業は、親会社のホールディングスがテレビ各局と株式を持ち合っている関係もあり、そんなに無茶なギャラは要求しません。93年から続く長寿番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ/読売テレビ制作)でも、大阪制作ということを考慮して、コンビで1本350万円が精一杯だと思います。彼らの大先輩に当たる明石家さんまさんでさえ、リーマンショック前で250万円、リーマン後は番組を継続するため自らギャラを下げたと言われています」

 現在の年収はいくらになるのだろう。

「コンビで1本300〜400万円、ピンでそれぞれ150〜200万円といったところだと思います。そうでないと、『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)なんて制作費がなくなってしまいます」

 ダウンタウンと松本のレギュラー番組は以下の通りだ。

 コンビでのレギュラー番組は3本。1本400万円として週に1200万円、うち松本が半分の600万円。松本がピンのレギュラ番組は4本、1本200万円として週に800万円。それらを1年=50週で掛けると、ざっと7億円! 特番の「M-1グランプリ」(テレビ朝日/朝日放送テレビ制作)などを含めたら、さらに増える。

高額納税者名簿の常連

「もちろん7億円が全て松本さんに入るわけではありません。吉本の取り分も含まれるわけです。吉本のギャラ配分はタレントに厳しいと芸人たちのネタにもなっていますが、その割合は、駆け出しで1:9、売れても2:8と言われています。もちろん、吉本の取り分は多いほうです。もっとも、さんまさんや桂文枝さん、ダウンタウン、ナインティナインといった超売れっ子は7:3と聞きます。この場合は少ないほうが吉本です。そして、それぞれが設立した個人事務所に振り込む……これで互いに節税対策しているわけです」

 7億円のうち3割を吉本に持って行かれたとして4億9000万円。現在の所得税の最高税率45%が適用され2億6900万円。住民税10%を差し引いて2億4255万円ということに。

「彼らが高額納税者名簿に掲載されるようになったのは1993年版、つまり92年の所得からでした」

 ダウンタウンが東京へ進出したのは89年。それから3年で高額納税者になったワケだ。

「松本さんの93年版の納税額は6051万円で、推定所得は1億2900万円と報じられていました。高額納税者名簿は04年版を最後になくなりますが、その間、10年以上にわたって二人の名前が掲載され続けました」

大阪万博はどうなる?

 高額納税者名簿に見るダウンタウンの納税額は以下の通り。

 松本がもっとも高額の納税をしたのは96年版の2億6340万円(推定年収5億3800万円)だった。

「95年には著書『遺書』が250万部、続く『松本』が200万部と、単行本の年間売上で1位・2位を独占したことも大きいでしょうね。ただ、その後の納税額は1億円台ですから、概ね年収は2〜3億円に納まっている。それは現在も変わっていないというわけです」

 もっとも、彼の収入はテレビ出演や著書だけではない。

「大きいのはやはりCMでしょう。テレビはCMを受けるためのプロモーションと割り切っているところもある。松本さんの場合、トップの吉永小百合さん、大谷翔平さんとまではいかないものの、上戸彩さん、長澤まさみさん、木村拓哉さんに並ぶ準1位クラスです。1本の契約推定額は7000〜8000万円といったところ。現在、コンビでくら寿司のCMだけなのが幸いですが、かつてはソフバン、ビットフライヤー、まるちゃん、リクルート、アサヒビールなどにも出演していました」

 裁判のなりゆきにかかわらず、今もCMに出演していたら違約金の問題も発生したかもしれない。

「現在、考えられる違約金といえば、大阪万博のアンバサダーでしょう。大阪府と吉本の契約金は数億円とも聞きます。来年4月開催の大阪万博のアンバサダーを松本さんが続けることはないでしょうから、普通なら違約金が発生するはずです。ただし、大阪府と吉本の蜜月関係もありますからね。有耶無耶になる可能性はありますね」

デイリー新潮編集部