オイシックス新潟の下川隼佑(写真提供・プロアマ野球研究所)

写真拡大

多くの選手をNPBに輩出

 NPB(日本野球機構)は、2022年から全国への野球振興を目的に、既存の12球団が本拠地を置く都道府県以外の地域で、ファームの試合の開催を検討してきた。昨年、新規参入を希望する法人を募り、「オイシックス新潟アルビレックスベースボールクラブ(BC)」(本拠地・新潟市)と「ハヤテ223(ふじさん)」(本拠地・静岡市)が承認された。新球団誕生は、実に65年ぶり。新潟はイースタン・リーグに、ハヤテ223はウエスタン・リーグにそれぞれ参戦する。【西尾典文/野球ライター】

【写真】選手兼任監督として、新潟アルビレックスBC(当時)を独立リーグ日本一に導いた“名球会”投手とは?

 新潟は2007年から独立リーグの「BCリーグ」に参入し、リーグ内で屈指の人気を誇る球団だった。2011年には、現・ヤクルト監督の高津臣吾が入団し、セーブ王に輝いたほか、翌年には選手兼任監督に就任して、チームをリーグ戦初優勝に導いた。また、これまで多くの選手をNPBに輩出している。昨年のドラフト会議では、ヤクルトが5位で内野手の伊藤琉偉を指名。BCリーグの村山哲二代表は、伊藤について「17年リーグをやっていて、史上最高のショート」と絶賛していた。

オイシックス新潟の下川隼佑(写真提供・プロアマ野球研究所)

 一方のハヤテは、昨年まで母体となるチームを保有しておらず、“完全な新球団”だ。球団幹部には地元出身の大物球界OBを招聘。ゼネラルマネージャー(GM)に山下大輔(元横浜監督)、初代監督には、近鉄で抑えのエースだった赤堀元之(元中日一軍投手コーチ)が就任した。昨年12月7日には第一弾の選手として29人の獲得を発表するなど、急ピッチで体制を整えている。

 ちなみに、新規球団に所属する選手が、既存の12球団に移籍する場合、それらの球団に所属経験がある選手は、シーズンの途中でも移籍が可能だ。しかし、12球団に所属した経験がない選手は、ドラフト会議で指名されないと移籍できない。これは、現在、国内にある独立リーグと同じ扱いだ。

 ドラフトの観点から言えば、12球団へ入団を狙う有望な選手を抱える球団が増えるといえるだろう。では、新潟とハヤテに“有望株”はいるのだろうか。NPB所属経験がない選手を中心にピックアップしていこう。

11勝1敗、防御率リーグ3位の注目株

 まずは新潟の選手から。最も期待できるのは、神奈川工大出身のアンダースロー、下川隼佑だ。大学時代は目立った実績は残していないが、新潟入団後に大きく成長した。2年目の昨年は11勝1敗、リーグ3位の防御率2.38という見事な成績を残している。手が地面に触れそうな低い位置から投げ込む独特のボールの軌道は、大きな武器となっている。しかも、130キロを超えるスピードがあり、打者の“体感速度”はかなりのものがあることは間違いない。

 投球テンポの良さも抜群で、バックの野手が守りやすいというのも持ち味だ。昨年のドラフト会議では残念ながら指名がなかったが、独立リーグ選抜として出場した10月下旬のフェニックスリーグでも3試合、8回を投げて無失点、10奪三振と見事な投球を見せている。今年も、昨年同様のパフォーマンスを見せれば、再びドラフト候補に浮上しそうだ。

 続いて、新潟に新しく加入する投手。筑波大から入団した右腕の山田拓朗だ。川越東高校時代は埼玉県内で目立つ選手ではなかった。大学進学後、フィジカル面の強化とフォーム改良によって、ストレートはコンスタントに150キロを超えるようになった。4年秋のリーグ戦は、抑えとして多く起用された。5試合、7回を投げて3失点ながら、イニング数を大きく上回る12奪三振をマークしている。

外野手に転向した本格派サウスポー

 秋のリーグ戦での山田を視察した、関東地区を担当するNPBのスカウトは「ストレートだけなら大学生のなかで上位ですね。変化球がよくなれば、リリーフとして面白いと思います」と話していた。現在は三振も多いが、四死球も多いというのが課題だが、フォームのバランスも悪くなく、大きく成長する可能性を秘めている。イースタン・リーグの打者を相手に自慢のストレートをアピールできれば、ドラフト指名への期待が膨らむ。

 野手からもう一人。社会人野球の沖縄電力から移籍した、外野手の知念大成だ。
沖縄尚学出身の知念は、リチャード(現・ソフトバンク)と岡留英貴(現・阪神)の1学年下で、当時から県内で本格派サウスポーとして評判だった。高校卒業後、沖縄電力に進むと、打撃を生かして外野手に転向した。

 昨年9月に行われた日本選手権の九州地区予選では5試合で10安打を放ち、打率.526とトップバッターとして十分な役割を果たしている。投手時代とは見違えるほど体格が立派になり、下半身の強さを生かしたスイングで広角に鋭い打球を放つことができる。

 また、ライトから見せる強肩も大きな魅力で、外野手としての能力が高い。今年は、社会人野球に有力な外野手が少ないだけに、イースタン・リーグで結果を残せば、知念がドラフト候補に浮上してくる可能性はありそうだ。

巨人三軍を封じた「150キロ右腕」

 一方のハヤテでは、北海学園大準硬式出身の右腕、村上航に注目だ。札幌白石では全国的に無名の存在であり、大学では準硬式野球部に所属していた。3年時からは、社会人クラブチーム・ウイン北広島(硬式野球)でプレーしていたという“異色の経歴”を持つ。

 大学卒業後、BCリーグの茨城アストロプラネッツに入団。シーズン開幕当初は結果を残せなかったが、腕の位置を下げたことで、球威と制球力が大きく上がり、昨年9月にはBCリーグ選抜チームに選ばれて巨人三軍を相手に1回をパーフェクト、2奪三振と圧巻の投球を見せている。

 サイドスローから150キロ前後のストレートを投げ込み、独特の軌道で大きく変化するスライダーには切れ味がある。巨人三軍との交流試合を視察したNPB球団のスカウト幹部は、印象に残った選手として、真っ先に村上の名前を挙げていた。

 このほか、薮田和樹(前・広島)と高山俊(前・阪神)が新潟に加入したほか、田中健二朗(前・DeNA)と福田秀平(前・ロッテ)がハヤテに入団している。戦力外通告を受けた選手にとっても、新球団は大きなリベンジの場になる。若手選手を含めて、彼らの奮闘に期待したい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部