日本野球も盛り上げるスター(ドジャース公式より)

写真拡大

「野球しようぜ!」

 米大リーグ、ドジャースへの移籍が決まった大谷翔平選手が昨年11月、全国の小学校に3個ずつグローブを贈ることを自身のインスタグラムで発表し、大きな話題となった。プロ選手が子ども用の野球用具を寄贈すること自体は珍しいことではないかもしれないが、日本中の全ての小学校に配るというのはスケールが違う。二刀流で超人的な活躍を続けるスターは、グラウンド外でも規格外だ。

【写真】まだ見慣れない!大谷選手のドジャースユニフォーム姿

 大谷選手のインスタグラムへの投稿には、「野球しようぜ!」というメッセージが添えられた。近年は野球人口の減少が続いている。子どもたちへのサプライズプレゼントの背景には、「野球離れ」を食い止めたいという思いもあったのではないだろうか。昨年末から各地の学校にグローブが届いたという報道が相次ぎ、子どもたちが喜ぶ様子が伝えられている。

日本野球も盛り上げるスター(ドジャース公式より)

 これをきっかけに野球をやる子どもが増えれば、野球界にとってもこの上ないことだ。一方で、安易に楽観するわけにはいかない厳しい現実も存在する。「大谷グローブ」を活かすためには、スーパースターの善意に頼るのではなく、より積極的な取り組みが必要だ。

 全日本軟式野球連盟に登録する小学生の学童野球のチーム数は、10年ほど前には1万3000を超えていた。にもかかわらず、近年はそのチーム数は下降の一途を辿っているのだ。

1162の合同チーム

 学童野球に詳しい球界関係者によれば、

「毎年数百チームずつ減少しており、2022年には1万チームを割りました。日本中学校体育連盟の統計を見ると、09年に全国で30万人以上いた中学校の野球部員が、昨年は13万人台にまで激減し、7808校の中で合同チームが1162となっています。合同チームを組んでいる学校の数ではなく、合同してできたのが1162チーム。高校野球でも単独でチームを編成できず、大会に出るため連合チームを組む学校が年々増えています」

 高校生ぐらいまでは学年ごとの体格差が大きく、本来はできるだけ発育の段階が同じ程度の子どもたちが切磋琢磨することが望ましい。よほど早熟な子でない限り2学年上の先輩たちと一緒にプレーするのは無理がある。だが、1年生まで駆り出さないと人数がそろわないという状態では、そんなことも言っていられない。合同チームを組んでいる学校以外にも、そのような人数ぎりぎりの野球部が少なくないであろうということを考えれば、チームを維持していくこと自体に困難な状況が広がってきていると言わざるを得ない。背景には少子化という要因もあるとはいえ、それだけでは説明が付かないほど急激に裾野が縮んでおり、野球への関心が低下している現状が浮き彫りとなっている。

 野球は親しむまでのハードルが高いスポーツだ。複雑なルールを理解するのには時間がかかるし、実際にやるのも難しい。サッカーであれば、レベルはともかく、子どもを2チームに分けてボールを蹴らせればゲームになる。かたや、野球の試合を成立させるには、「投げる」「捕る」という動作にそれなりの水準で習熟していなければならない。

 そこで、野球経験のない小学生に大谷グローブについて訊くと、

「(学校に届いているかも)知らない。野球をやっている子はキャッチボールするのかもしれないけど、(自分は)やらないし」

 そう、すげない答えが返ってきた。

おじさんたちの頭にある小学生像

 既に野球チームに入っていたり、家庭で親から手ほどきを受けたりしているならともかく、野球との接点がない子どもにとっては、キャッチボールも決して手軽にできる遊びではない。ニュース映像の中で届いたグローブを使ってキャッチボールをしていたのは、ほとんどが既に野球をやっている子どもたちではないだろうか。道具だけ手元に届いたとしても、教えてくれる人がいなければ最初の一歩は踏み出せない。

 テレビ局も新聞社も、編集・編成の過程で大きな権限を持っているのは中高年の男性が多い。少々意地の悪い見方だが、「大谷選手からグローブが届き子どもたちが大喜びしている」というニュースの仕立て方は、おじさんたちの頭にある小学生像に引きずられている嫌いがあるのではないか。確かに喜んでいる子どももいるだろう。ただし、無関心な子はそれ以上に多いだろう。

 ジャイアンやのび太が空き地で野球をしている「ドラえもん」の世界とは裏腹に、現代の日本では友達と野球をして遊んでいる子はとんと見かけなくなった。さる少年野球の指導者は、

「野球は子どもたちの間で既に『習い事』になっているんです。友達同士で遊びながら野球を覚える環境が失われたため、チームに入って一から学ぶものになってしまっています」

 と、語る。野球世代のおじさんたちがこの「ジェネレーションギャップ」をきちんと認識しなければ、競技人口の減少に歯止めをかけるのは難しい。

国民的スポーツの地位を保つためには

「習い事化」は悪いことというわけではない。子どもたちが勝手に野球をやってくれるようなかつての環境が特殊だったのであって、他の多くのスポーツと同様に、競技人口を確保するにはきちんと普及に力を入れなければならなくなったというだけだ。無関心な層にアプローチし、野球の魅力に触れてもらう取り組みを、人員と予算を確保して、どれだけ組織的に展開できるかが重要だ。国民的スポーツの地位を保とうとするのであれば、他競技以上に多くのエネルギーが必要になるのは当然だろう。

 大谷選手も含め、現役選手はあくまで自分がプレーすることが本分で、普及活動に多くの労力を費やせるわけではなく、大谷グローブだけで状況を好転させられるものでもない。地道に子どもたちと向き合い、野球に親しんでもらう環境を整えていくことは、国内の野球界が組織として取り組まなければならない課題だ。

 そうした努力を続けて、グローブを手に取ってくれる子どもが増えてこそ、大谷選手の好意をより活かすことができるのではないだろうか。

デイリー新潮編集部