伊藤沙莉

写真拡大

 2024年4月にスタートするNHK朝ドラのヒロインに抜てきされたのが、女優の伊藤沙莉(さいり・29)だ。彼女はインタビューなどでしばしば自身の「貧困育ち」を披露するが、地元を回ると、さらなるネタにぶち当たって……。

 ***

【写真を見る】沙莉の兄・オズワルド伊藤とイワクラ シェアハウス時代の「エモ写真」

 伊藤は千葉市の出身。9歳で子役としてデビューしているから芸歴既に20年。数々の賞を受賞してきた実力派である。

 兄と姉の3人きょうだいの末っ子に生まれた彼女だが、幼少期は苦労の連続だったとか。いわく、2歳の時に父が事業に失敗、蒸発した。自宅は失われ、一家はバラバラに。母が牛乳配達などをして糊口をしのぎ、3カ月後、家族は再び一緒に暮らすことができた。そこはゴキブリが出るようなボロアパートだったが、自分にとっては「お城」に見えた――。トーク番組などでそう明かすなど、開けっ広げな性格も彼女の人気のひとつ。ちなみに兄は売れっ子漫才師「オズワルド」の伊藤俊介である。

伊藤沙莉

若干の“盛り”に苦笑

 しかし、実際に件の“ボロアパート”を訪ねると、

「彼女がうちにいた時のことは覚えていますよ」

 と当時の大家のご子息が言う。

「お母さんとそのお姉さん、子どもの3人で1年間ほど暮らしていた。3Kだからそんなに狭かったわけではない。家賃は4万8千円だったかな」

 彼女は「ゴキブリが出てきた」と繰り返し述べていますが……。

「テレビでそう言っているのは知ってます。確かに1階は居酒屋だから出るには出ますが、そこまで強調されるほどでは……。それに当時アパートは築10年くらいだったから『ボロ』ではないですよね。失礼なこと言っているなと思って……」

 と若干の“盛り”に苦笑するのである。

金髪で登校して周囲を驚かせたことも

「幼稚園の卒園アルバムに“将来は女優になりたい”と書いている。その通りになったからすごく格好いいですよね」

 と回想するのは、彼女の幼なじみの一人だ。伊藤の母はペンキ職人だったというが、

「仕事で忙しく、ほとんど見たことがありません。伯母さんが母親替わりを務めていましたね。小学校の時にはダンススクールに通い、ある時は学校に金髪で登校して周りをびっくりさせていました」

 中学生になると、

「仕事が忙しくなって、あまり学校に来られなくなった。たまの休みには、友達と街に出てプリクラとか撮っていましたよ。3年くらいだったか、長く付き合った彼氏がいたのは、学校では有名でしたね。クラス会では『ライオン』というアニソンを歌って、大盛り上がりでした」(同級生とその母)

「お母さんは“会えていない”と嘆いていた」

 芸歴は長いが、ブレイクするまでに時間を要した伊藤。4〜5年前まではさまざまなアルバイトもしていたという。その一つ、千葉市内のさる卵屋に聞くと、

「明るくてテキパキした子でしたよ。時給千円で1日6時間、月2〜3回の勤務。霊感が強くて、帰り道にお化けが出るなんてよく言っていましたね。肌に気を遣っていて、自分で作ったレモン水を持ち歩いて飲んでいました。仕事が忙しくなって半年ほどで辞めてしまいましたが……」(店員)

 そこから数年で「朝の顔」になるのだから、大出世だ。

「よく一家で店に来てくれていました。お会計はいつも沙莉ちゃんが払って。でもこの間、お母さんに会ったら、忙しくて最近は会えていないって嘆いていたわ」(地元の焼肉店店主)

「週刊新潮」2024年1月4・11日号 掲載