阪神時代から“最強の助っ人”を高く評価していた野村監督

写真拡大

キャンプ中にステーキ10枚を平らげた“パッキー”

 西武が6人の新外国人を獲得するなど、2024年シーズンも、助っ人がチームの浮沈のカギを握る状況に変わりはない。入団時の期待が大きい分、活躍できなければ1年でクビになるケースも多いが、その一方で、活躍したにもかかわらず、チームをお払い箱になった不運な助っ人も存在する。【久保田龍雄/ライター】

【写真】野村監督率いるヤクルトの日本一にも貢献した“助っ人”といえば?

 首位打者を獲得するなど、来日1年目から4年連続打率3割以上を記録したのに、非情のクビ宣告を受けたのが、大洋時代のジム・パチョレックである。

 1988年、「(カルロス)ポンセのあとの5番を打つ右打ちのできる打者」という古葉竹識監督の要請を受け、「ミートが巧く、性格も真面目」(牛込惟浩渉外担当)と推薦され、入団が決まる。

阪神時代から“最強の助っ人”を高く評価していた野村監督

 キャンプ中にステーキ10枚を平らげ、大食漢としても名を馳せた新助っ人は、オープン戦では打率.231、3本塁打、5三振、6併殺打と不振ながら、シーズン開幕後は、開幕戦から4試合連続マルチ安打を記録するなど、リーグ最多の165安打と“安打製造機”ぶりを発揮。

 リーグ2位の打率.332、17本塁打、76打点とまずまずの成績を残し、“パッキー”の愛称でファンにも親しまれた。

 翌89年もリーグ2位の打率.333、2度目のリーグ最多安打(172安打)を記録した90年には.326で首位打者を獲得したが、91年に.310とやや数字を下げると、「本塁打が少ない(11本)」という理由でクビになってしまう。

 だが、この本塁打の少なさが、阪神に評価されるのだから、野球は面白い。甲子園のラッキーゾーンが撤廃され、広くなった球場に適した強打者を求めていた中村勝広監督にとって、「確実性のあるラインドライブヒッター」はうってつけの助っ人だった。

 翌92年、阪神に移籍したパチョレックは、シーズン後半に4番を任され、打率.311、22本塁打、88打点でチームの6年ぶりAクラス入りに貢献。見事古巣を見返した。

「阪神はひどいミステークを犯したってことだよ」

 4年連続打率3割でクビになった助っ人といえば、1992年に前出のパチョレックとともに阪神の主軸を担ったトーマス・オマリーも該当する。

 来日1年目の91年は4番を打ち、打率.307、21本塁打、81打点を記録。翌92年、甲子園のラッキーゾーンが撤廃されると、ヒット狙いの打撃にモデルチェンジし、.325とリーグトップの出塁率.460をマーク(以後、4年連続で最高出塁率を記録)。さらに93年には.329で首位打者に輝いた。

 94年にも.314、15本塁打、74打点とそこそこの成績を残したが、長打力不足と守備面の不安を理由に自由契約になってしまう。

 だが、4年連続の3割打者ともなれば、他球団も放っておかない。広沢克己、ジャック・ハウエルの両主砲が巨人に流出し、打線強化の必要に迫られたヤクルトへの移籍が決まる。

 翌95年、オマリーは打率.302、31本塁打、87打点と4番の重責をはたし、チームの日本一に貢献。オリックスとの日本シリーズ第4戦の延長11回に演じた小林宏との名勝負は、「小林・オマリーの14球」として今も語り継がれている。

 2本塁打を記録し、シリーズMVPに輝いたオマリーは「最高の気分だ!今こうしていられるのは、ヤクルトでプレーできたお蔭。阪神はひどいミステークを犯したってことだよ」と胸を張った。

 しかし、移籍2年目も.315、18本塁打とキャリアハイの97打点をマークしたにもかかわらず、「チームが転換期にある」と電話1本で解雇された。6年連続打率3割を記録しながら、2度もお払い箱になった不運な助っ人は、もちろんオマリーだけだ。

185センチ、102キロの巨漢

 2年連続30本塁打以上を記録したのに、クビになったのが、西武時代のドミンゴ・マルティネスである。

 1997年、不動の4番・清原和博が巨人にFA移籍した西武は、新主砲候補としてマルティネスを獲得した。

 メジャー時代は通算15試合と出場機会に恵まれなかったものの、数少ない打席の中で打率.409、2本塁打、6打点、前年も3Aのメキシカンリーグで8月の1ヵ月間に.360、7本塁打と固め打ちしたことが評価されたのだ。

 だが、185センチ、102キロの巨体がトレードマークのドミニカンは、2月の春季キャンプに合流した数日後、普通に歩いていただけでアキレス腱を痛め、腹筋すら満足にできない状態。オープン戦でも24打数4安打と不振を極めたことから、就任3年目の優勝を期していた東尾修監督も、堤義明オーナーに新外国人の獲得を進言するほどだった。

 そんなクビ寸前の危機も、試合前のミーティングに集合時間の20分前に現れ、相手投手のクセや特徴を熱心に聞き出す研究熱心さやコーチの指示に素直に従う真面目さが、次第に結果につながっていく。

再び“清原の代役”

 そして、シーズンが開幕すると、DHに起用され、苦手の守備の負担もなくなったマルティネスは、家族の来日でモチベーションも高まり、水を得た魚のように快打を連発。「マルちゃんが打った日は負けない」の不敗神話も定着し、打率.305、31本塁打、108打点でチームの3年ぶりリーグ優勝の立役者になった。

 翌98年も.283、30本塁打、95打点でリーグ2連覇に貢献し、「もう1年契約があるかなと思っていた」が、日本シリーズで「走れない」「守れない」の弱点を露呈したことやチームの若返り策から解雇されてしまった。

 その後、再びメキシカンリーグでプレーしていたマルティネスは1999年6月、主砲・清原の負傷離脱で打線の強化を急務とする長嶋巨人から声がかかり、ここでも“清原の代役”として入団する。

 出場83試合で打率.324、16本塁打、56打点と穴を埋めた。翌00年にも打率.288、17本塁打、64打点を記録。清原が完全復活した01年は出番が減り、同年限りで退団したものの、3年連続二桁本塁打とそれなりの存在感を示している。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

デイリー新潮編集部