パリ五輪を1年後に控えたレスリングの藤波朱理と父でコーチの藤波俊一氏

写真拡大

 2024年は五輪イヤー。かの地パリで若きニューヒロインとして脚光を浴びそうなのが、女子レスリング53キロ級で日本代表に内定した藤波朱理(あかり・20)だ。あの吉田沙保里の記録をも上回る、目下130連勝中である。そんな彼女の破竹の勢いは父親の献身によって支えられていた。

 ***

【写真を見る】「もはや別人じゃん」衝撃的な“吉田沙保里”のイメチェン画像 “仲里依紗にそっくり!”と話題に

「私、オリンピックで金メダルを取る!」

 もし、娘がそう宣言したとしたら、父親はどれほどのことができるだろう。

「小学校高学年の頃、朱理は『金メダル』と自分で書いた紙を部屋に張っていましたね」

 と振り返るのは、父親の俊一氏(59)である。

パリ五輪を1年後に控えたレスリングの藤波朱理と父でコーチの藤波俊一氏

「本人はその頃から目標にしていたのでしょう。当時の私は、娘が五輪に出るなんて想像だにしていませんでしたが」

 レスリング選手として国体出場経験もある俊一氏は、三重県で公立高校教諭を務めながら、地元の子供たちにレスリングを教えていた。

「長男がその教室に通っていて、くっ付いて来ていた朱理も遊び半分でやり始めたのが4歳のとき。最初は弱かった。けれど、小学生になると、やる気に火がついたみたいで」

「巨人の星」さながらの猛特訓

 小3から小6まで全国大会の当該学年の部で連続優勝。ただ、中学に進むと大会は学年別ではない。中2で上級生に負けると、泣きながら「お父さん、強くしてください」。そこから“巨人の星”さながらの猛特訓が始まった。

 中3で全国優勝。以来、公式戦負けなしで、連勝記録が続いている。同年、“飛び級”で出場したカデット(16〜17歳)世界選手権を制し、父は娘の実力に自信を深める。父が勤める高校に進学し、高1のインターハイで高3の有力選手に逆転勝ちすると、

「自信が確信に変わり、具体的に“パリ”を見据えるようになりました」

 ここまでは順調すぎる道のりだ。が、この後、俊一氏は岐路を迎える。

「朱理が高2の年の秋に、母校である日体大レスリング部のコーチに空きが生じ、私に声が掛かったのです」

「金メダルを取らせる確信があった」

 もっとも、給料は高校教師と比べて半減する。しかも1年契約で不安定だ。東京で暮らすとなると、生活費など出費も増える。

 一方、早期退職で退職金がいくばくか上乗せされるが、それ以上に大きな利点は、翌年、娘が日体大に進めば、指導を継続できることだ。さあ、どうする?

 俊一氏が選んだのは、夢に向かって娘との二人三脚を続けることだった。なぜなら、

「パリで金メダルを取らせる確信がありましたから」

 というわけで、朱理が高3になった春、俊一氏はひと足先に上京し、日体大に職を得る。この年、朱理は世界選手権で相手に1ポイントも与えず、全試合フォール勝ちの完全優勝。直後、俊一氏は日本代表コーチに抜てきされた。

「居候させてもらっている状態」

 もっともこの時、勤務先が俊一氏に求めた最大の任務は、娘を日体大に入れることだったはずだ。三重県のお隣りの愛知県には、吉田沙保里が監督を務める強豪、至学館大学がある。

 朱理が選んだのは父が勤める日体大だった。特待生で授業料は免除。大学から強化費も支給される。

「私が借りているアパートに娘が来て、二人で暮らしています。というか、家賃10万円は強化費から出ているので、今は私が居候させてもらっている状態。料理や掃除など家事は私がやっています」

 人生を捧げんばかりの勢いの父に、朱理は、

「おかげさまでやっと五輪出場まできました。パリでは金メダルを取ります。サポートよろしくお願いします」

 7カ月後、パリの空の下で父娘が見る景色は――。

「週刊新潮」2024年1月4・11日号 掲載