「常勝軍団」を牽引した和田毅と、王監督

写真拡大

“電撃移籍”報道の直後に急展開

 1月11日朝、プロ野球界に大きなニュースが飛び込んできた。日刊スポーツが「山川穂高の人的補償に和田毅指名へ 近日中に発表 ソフトバンクの顔が衝撃の移籍」と一面で報じたのだ。山川穂高のフリー・エージェント(FA)による獲得を巡っては、昨年、彼自身が起こした不祥事によって西武球団から出場停止処分を受けていたこともあって、否定的な意見が多かった。その人的補償が、ダイエー時代から先発の柱として活躍し、NPB通算158勝をマークしている、“球団の顔”とも言える和田ということで、プロ野球に関するニュースやSNSはこの話題で持ちきりとなった。【西尾典文/野球ライター】

王監督は5位にランクイン【写真特集】プロ野球監督別リーグ優勝回数ランキングベスト10(1990年〜2022年)

 しかし、その日の夕方、事態は急展開を見せた――。

「常勝軍団」を牽引した和田毅と、王監督

 西武が人的補償として和田ではなく、投手の甲斐野央を獲得したと正式に発表したのだ。スポーツ紙が一面で移籍する選手を大きく報じながら、その日のうちに違う選手が正式発表されるというのは“異例の事態”である。

 和田の移籍については、日刊スポーツ以外にもテレビ西日本など地元メディアまで大々的に報じており、そのことから全くの“ガセネタ”とは考えづらい。1月12日付の日刊スポーツは、西武が和田の獲得を打診したものの、11日の報道に対するファンの反響が大きく、両球団が話し合って急きょ方針を転換したと報じている。

 ソフトバンクの三笠杉彦ゼネラル・マネージャー(GM)は、和田獲得の打診について「コメントはありません」とノーコメントを貫き、西武の渡辺久信ゼネラル・マネージャー(GM)は「甲斐野に決まったのは(11日)当日」と話すにとどまっている。ホークスファンを中心に、ソフトバンク球団に対する批判が殺到して、和田ではなく甲斐野が選ばれたという見方が出ている。

42歳の昨年もチーム2位の勝ち星をマーク

 そして、今回の騒動でもうひとつはっきりしたことがある。それは和田が人的補償での獲得対象外となる、いわゆる「プロテクトリスト」の28人から漏れていたということだ。前述した通り和田はチーム内で最も実績のある選手であり、42歳となった昨年もチームで2位となる8勝をマークしている。

 また、ダイエー、ソフトバンクで6度の日本一を経験し、昨年12月の契約更改の場では若手の育成選手の姿勢に苦言を呈するなど、グラウンド外でもその存在感は絶大なものがあるのだ。

 ソフトバンクの球団関係者は、和田について以下のように話している。

「実績はもちろんですが、野球に取り組む姿勢が本当に素晴らしい選手で、あらゆるデータについても率先してピッチングに生かそうとしています。また投手に多い“孤高”の存在とは真逆のタイプで、若手に対してもアドバイスを惜しみません。その人柄を慕う選手は非常に多いと思います」

 実際、この1月に長崎で行っている自主トレにも他球団の選手が多く参加しており、総勢は16名にのぼる。大ベテランであり、残りの現役生活が長くない可能性が高いとはいえ、これだけ影響力のある選手がプロテクトリストから漏れていたという事実が、球団に与えたインパクトは極めて大きい。

「ことの真相も気になるけどね」

 もうひとつ気になるのが、ソフトバンク球団内でのコミュニケーションだ。

 今年から就任する小久保裕紀監督は、昨年11月26日に地元の和歌山市内で行われた「第19回小久保裕紀杯学童野球大会」に出席した際、有原航平と和田については開幕ローテーション内定を伝えたとコメントしており、そのことからも和田が人的補償で抜けるなどとは微塵も考えていないことがよく分かる。

 球団の上層部としては、今年で43歳という年齢と、推定2億円プラス出来高という高額年俸を考慮すると、プロテクトリストから和田を外しても西武が指名してこないと判断したように思われる。

 だが、西武は過去にも巨人から江藤智(豊田清の人的補償)、内海哲也(炭谷銀仁朗の人的補償)と実績のあるベテランを獲得している。そのことを考えると、和田が狙われる“危険性”を感じ取るべきではなかったか。

 一方、ソフトバンクの斉藤和巳4軍監督は、今回の人的補償について、自らのインスタグラムのストーリーで、「(和田と甲斐野でファンなどの)反応の違いがあからさまやな。そういうのあまり好きじゃないね」という感想に加え、「ことの真相も気になるけどね」とつづっている。これを見ても、球団内でフロントに不満を持っている関係者が存在していることは明らかだろう。

選手のパフォーマンスへの影響も

 更に大きなマイナスと考えられるのが、名前が挙がった和田自身や、和田を慕う選手やファンへの影響だ。1月12日時点で、和田から特にコメントは出ていないものの、一部ではショックを受けているという報道が出ている。

 今回の騒動で、和田がフロントに不信感を持ち、それが和田自身や他の選手のパフォーマンスに影響してくることもあるのではないだろうか。また、ホークスファンの怒りは、依然としてフロントに向かっている。

 三笠GMが現時点でノーコメントを貫いているのは、プロテクトリストから漏れた選手については触れるべきではないと考えているからだと思われるが、ここまで報道が出た以上、選手やファンに対して、何らかのアクションが必要ではないだろうか。

 既に和田に対しては経緯を説明していたとしても、今回報道で名前が出たことについては球団と選手間でしっかり話し合いを行ったということは対外的にも発信すべきだ。

「大型補強でV逸」と「山川穂高のFA移籍」でホークスファンの反感を買ったソフトバンクのフロント陣。それに、火に油を注ぐような「和田毅流出騒動」。ソフトバンク球団に対するファンの信頼は地に落ちたと言っても過言ではないだろう。失った信頼を回復するには、圧倒的なパ・リーグ優勝、そして日本一奪還しか残された道はない。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部