横浜市出身、タイトル獲得計5期の強豪

写真拡大

 2023年の将棋界の一大ニュースといえば、藤井聡太「八冠」(21)の誕生である。その藤井と研究を共にし、タイトルを懸けて死闘を繰り広げたのが永瀬拓矢九段(31)だ。将棋観戦記者の大川慎太郎氏が、永瀬本人にインタビュー。激闘の記憶と、八冠が敗れざる理由を聞いた。

 ***

【写真】はかまを着けた藤井聡太八冠の堂々たる歩き姿

「負けの痛みは思ったよりもありましたね。いや、猛烈な痛みと言ってもいいかもしれません。でもあまりに痛すぎて、感じなくなってきているような状況です」

 光があれば影もあるように、勝者がいれば敗者が生まれるのが勝負の世界だ。最強棋士である藤井に喫した敗北を、永瀬は冒頭のように振り返った。

横浜市出身、タイトル獲得計5期の強豪

 2023年10月11日、藤井が第71期王座戦五番勝負第4局で勝利して、将棋界初の八冠全制覇を成し遂げた。

「私には永瀬先生しかいませんから」

 この王座戦五番勝負は、4連覇中の永瀬には名誉王座の永世称号が、藤井には八冠制覇がそれぞれ懸かった、掛け値なしの大勝負だった。偉業を成し遂げた藤井だが、決して簡単な勝負ではなかった。タイトル戦17期無敗の藤井が永瀬に大いに苦しめられ、内容的に最も押されたシリーズとなったのである。

 特にシリーズが決着した第4局では自玉に詰みが発生する絶体絶命のピンチに見舞われていたが、藤井は驚異的な終盤力で危機を脱した。対局はネットで生中継され、勝利を逃した永瀬が頭を掻きむしり、苦悩した姿は多くのファンの心を動かした。

 これほど王座戦が盛り上がったのは、永瀬の存在があったからだ。2017年から藤井の研究パートナーとなり、10歳年下の最強棋士と切磋琢磨してきた。永瀬は彼に尊敬の念を抱き続け、藤井も「私には永瀬先生しかいませんから」と取材に答えたことがある。

藤井が相手だと「勉強量が増える」

 王座戦決着後、「九段」の肩書で対局に打ち込んでいる永瀬は、あのシリーズをどう総括しているのか。

「自分に名誉王座が懸かっていたことは開幕後は忘れていました。開幕前は“インタビューで触れなきゃいけないな”とは思っていましたけど、始まると藤井さんと対局することで頭がいっぱいでしたね。臨むに当たって、他のタイトル戦と比べると勉強量は増えました。例えば普段の定跡の研究だと90手まででとどめるところを、藤井さんが相手だと120手まで用意する感じでしょうか。藤井さんが相手だとそこまで深く用意することへのやりがいがあるんです」

 永瀬は対局がない日も研究会の予定を詰め込み、1日に平均10時間も将棋の勉強をしているといわれる。その永瀬が勉強量を増やしたということは、睡眠時間までも削ったということだろうか。

「いえ、普段はアニメや漫画に触れる時間もあります。もちろんその時も将棋に意識が向いていますけどね。例えば戦争の漫画を読むとしたら、その戦術を将棋に生かせないか常に意識しています。ただ今回の王座戦では、アニメや漫画よりも対藤井戦の序盤研究のほうに関心と意欲がありました。やっぱり藤井さんがそれに応えてくれる方だからでしょうね。結果的にはその準備がうまくいったと思っています」

「負けの痛みは思ったよりある」

 開幕戦は激戦の末に永瀬が勝利。第2局は優位に進めていた局面もあったが敗北。そして第3、4局では逆転負けを喫した。特に第4局は藤井玉に詰みがあるのを逃した。勝った藤井も「スコアが逆でもおかしくなかった」と振り返るほど際どいシリーズだった。

「内容が良すぎたのかもしれません。特に勝勢だった第3、4局は何もかもがうまくいっていたのに、藤井さんに終盤一本で差し切られてしまって、結果だけに恵まれなかった。だから負けの痛みは思ったよりもありましたね」

「将棋が残酷と知ってはいました。でも…」

 この王座戦五番勝負で、永瀬は藤井の強さを痛切に感じた瞬間があったという。

「終盤です。他の部分ではそれほど劣っていなかったと思うんですよ。終盤の時間のない中での読みのスピードは本当にすごい。あれが藤井さんがタイトル戦で負けない理由なんですね。将棋は恐ろしいです。勝利寸前までいっても、終盤だけで吹き飛ばされてしまうんですから残酷です。いや、残酷と知ってはいました。でもここまでとは思っていませんでしたね」

 王座戦の後、永瀬の調子はそれほど良くないように見える。王将リーグも4連勝で首位を走っていたのに連敗で挑戦権を逃した。

「自分でもよくわからない現象が起きているというか、明らかに調子がおかしいですね。勝っている局面で正しい対応ができない。あと終盤で敵玉の詰みも不詰みもわからないことが多くて、詰んでいると思って詰ましにいったら詰まなくて負けた将棋も何局かありました。やっぱり王座戦の影響というか、反動が大きいです。

 将棋へのモチベーションも、さすがに下がったように感じますね。そのことで棋力も下がってしまい、それを取り戻すのに苦労しています。時間が解決するのを待っていると多分、悲惨なことになるでしょうけど、どう抜け出せばいいのか……」

VSを再開

 もちろん永瀬が立ち止まったままでいるはずがない。王座戦の後も、藤井とのVS(1対1で練習将棋を指す会)は続いているという。

「負けた王座戦第4局の2日後に藤井さんにVS再開を打診するメールを送りました。これまでは藤井さんの地元の愛知でやることが多かったですが、藤井さんが東京で予定があるということで、私の研究室で2回ほど行いました。持ち時間双方30分で、切れたら1手1分未満です。1局指した後にお昼を食べて、それから1、2局指して解散します。お昼は私がお弁当を買い出しに行きます。藤井さんは顔を知られていますからね。2回やったVSはあまり熱戦にならない感じです。途中でどちらかのミスで形勢が大差になってしまうことが多くて、終盤の競り合いにならない。いずれにせよ、藤井さんとVSが再開できたことはうれしいです」

「先のことは考えたことがない」

 藤井一強時代に突入した将棋界。誰が藤井の牙城を崩すか。メディアは「ネクスト藤井」を探しており、藤井より年下の棋士に注目する傾向がある。だが過去、藤井に最も肉薄した棋士は永瀬なのだ。2024年は何を目標にするのだろうか。

「先のことはあんまり考えたことがないですし、聞かれても困るんです」

 苦笑しつつ、永瀬はこう続ける。

「生きているとは思うんですけど、それぐらいしかわからない。現在が未来につながっていくので、今をどうするかが大事です。だから毎日、精いっぱい過ごすしかありません」

 痛みを振り切った先に、藤井とのリベンジマッチが待っている。

大川慎太郎(おおかわしんたろう)
将棋観戦記者。1976年、静岡県生まれ。日本大学法学部新聞学科卒業後、出版社勤務を経てフリーとなる。2006年より将棋界で観戦記者として活動。著書に『藤井聡太ライバル列伝』『証言 羽生世代』など。

「週刊新潮」2024年1月4・11日号 掲載