フジテレビの公式HPより

写真拡大

 年末から年始にかけて、ものまね番組がとにかく目に付いた。どうやら第3次ものまねブームが到来しているようだ。

 ***

【写真を見る】「松本人志」も火付け役の1人 騒動でものまね芸人の出番は増える?減る?

 昨年末に放送されたものまね番組は、ざっと以下の通り。

●11月25日「ものまね王座決定戦」(フジテレビ)
●12月12日「ものまねグランプリ ザ・トーナメント2023」(日本テレビ)
●12月16日「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」(フジ)
●12月28日「オールスター合唱バトル」(フジ)
●12月29日「中居正広の金曜日のスマイルたちへSP」(TBS)

 民放ディレクターは言う。

「老舗番組の『ものまね王座決定戦』と『ものまねグランプリ』、年末の特番が恒例になった『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』は、例年の通りの放送です。『オールスター合唱バトル』では、歌が上手なアスリートや芸人に交じって“Mr.シャチホコ率いるものまね合唱団”が出演。そして『金スマ』は“新世代&レジェンド47名大集結!ものまね年忘れSP”と題して、ものまねを特集したのです」

フジテレビの公式HPより

 その勢いは年が明けても続いた。

第3次ブーム

●1月1日「新春!爆笑ヒットパレード」(フジ)
●1月4日「LIAR VOICE〜ニセモノを探し出せ〜」(フジ/東海テレビ制作)
●1月5日「アーティスト別モノマネ頂上決戦 俺にアイツを歌わせたら右に出るものはいない」(TBS)

「『爆笑ヒットパレード』では“きのうの紅白ものまね合戦”と称して、放送されたばかりの『NHK紅白歌合戦』を即興でものまねするという新企画。『LIAR VOICE』はアーティスト本人とものまね挑戦者が往年のヒット曲を熱唱し、どちらがニセモノかを当てるという内容で、東海テレビの開局65周年記念番組でした。『アーティスト別モノマネ頂上決戦』は昨年5月に放送された番組の第2弾。これまでのものまね対決は、それぞれが別の人物をまねていましたが、この番組では同じアーティストのものまねで競わせるという新企画です」

 ものまねブームの到来だろうか。

「現在の人気は“第3次ブーム”と言っていいかもしれません。1990年代はじめ『ものまね王座』で、清水アキラ(69)、ビジーフォーのグッチ裕三(71)とモト冬樹(72)、栗田貫一(65)、コロッケ(63)が“ものまね四天王”と命名されブームとなりました。これを第1次ブームとするなら、2000年頃に『ものまねバトル』(日テレ)でブレイクした原口あきまさ(48)、コージー冨田(56)、ホリ(46)、神奈月(58)らが第2次ブーム。それに続く盛り上がりを見せています」

 現在の第3次ブームはいつ始まったのだろう。

続々とものまねタレントが登場

「22年頃に火が付いたと思います。まず、同年1月30日放送の『ワイドナショー』(フジ)を欠席した松本人志さんの代役として出演したJP(40)が、東野幸治さん役の原口さんと共にオープニングでものまねコントを展開。これが話題となり、点数を競うものまねではなく、エンターテインメントとしてのものまねが注目されるようになりました。9月には『千鳥の鬼レンチャン』(フジ)でほいけんた(58)が音程を外さないカラオケチャレンジで10曲成功を達成したことが話題となり、23年初めには志村けんさんのものまねでブレークしたレッツゴーよしまさ(34)が登場。さらに、誇張しないタモリのものまねでジョニー志村(51)がブレイクしました」

 次々とものまねスターが誕生している。

「レベルが高く、面白いものまねタレントが出てきました。たとえば、レッツゴーよしまさ、ジョニー志村、ほいけんた、そこに和田アキ子さんのものまねでブレイクしたMr.シャチホコ(30)を加えて順番をつけるとしたら、かなり難しいでしょう。4人とも歌も上手く、他のものまねもできることから、番組の企画によって一番人気が変わってきます。他にも、長澤まさみや宇多田ヒカルのものまねで知られるミラクルひかる(43)、土屋アンナや黒柳徹子をレパートリーに持つみかん(39)、阿部寛や森泉のものまねでバラエティ番組に引っ張りだこのお笑いコンビ・ラパルフェの都留拓也(29)、前田敦子のものまねでブレイクしたあと次々とネタを増やしているキンタロー。(42)なども人気です」

 ものまね番組は増えていくのだろうか。

「それもあるでしょうが、再現ドラマなどの集団ものまねコラボ、ものまねチームによる歌謡祭、『鬼レンチャン』のようなものまねを活かした歌チャレンジといった企画で、新しいものまねタレントの出演が増えていくと思います。何しろあの『金スマ』がものまねに手を出したほどですからね。それだけものまねタレント、ものまね企画が人気で、数字の取れるコンテンツだということです。不定期で『金スマ』のものまね番組を始めるのでは、という声まで出ているほどです。バラエティ番組にものまねタレント枠ができる日も近いと思います」

デイリー新潮編集部