炎に包まれる田中元首相邸

写真拡大

昭和政治の舞台が全焼

「マッチ1本、火事のもと」とは、古くからある防災標語だが、火災予防運動が本格化するこの時期、「線香一本」も同じであることを肝に銘じたい。

 1月8日午後3時20分ごろ、東京都文京区目白台の田中角栄元首相の邸宅だった木造2階建て住宅から火が出た。ポンプ車など20台以上の消防車両が消火にあたり、出火から6時間ほどたった午後10時前に火は消し止められた。当時、邸内にいた田中真紀子・元外相(79)と、夫の直紀・元防衛相(83)の二人にけがはなかった。

【写真】「目白御殿」と呼ばれた往時と、火災現場の様子

 2階建て住宅の延べ800平方メートルが全焼したが、真紀子氏は東京消防庁や警視庁に対し、

「(火元となった建物で)線香をあげた後、ガラスが割れるような音が聞こえて、気づいたら火事が起きていた」

炎に包まれる田中元首相邸

 と説明しているという。翌9日から現場検証と共に火災原因調査が始まっている。詳細な出火原因とその特定は先になるが、現場付近は日本女子大学や、公園もある住宅街。一時は交通規制も敷かれ、騒然となった。

「あなた方は知らないだろうけど、あのお家は田中角栄さんの自宅でね……」

 ある地元住民は、取材に訪れたマスコミ各社の記者にこう語った。「目白御殿」といっても隔世の感を禁じ得ないかもしれない。田中元首相が健在の頃は、多くの国会議員や支持者たちが、年始の挨拶と陳情に訪れた「昭和政治の舞台」でもあった。

 その歴史ある建物が跡形もなく焼け落ちる……あらためて火災の怖さを痛感するが、現時点で判明している、火災原因ではないかと思われる「線香」について、SNSでも様々な意見が飛び交っている。

〈毎日、仏壇に線香をあげているけど、怖くなった。大丈夫?〉

〈線香の火で、家がなくなる火事になるの?〉

〈あれほどの火事なのに、なんで早く気付かなかったのか?〉

ろうそくと線香には注意

 東京消防庁がまとめた令和4年中の火災発生状況によると、住宅火災は1611件。その出火原因は「こんろ」が318件(うち、ガステーブル240件)と最も多く、「たばこ」230件、「ストーブ」98件と続く。また、総務省消防庁がまとめた「消防白書」(令和4年版)によると、全国の令和3年中の住宅火災の発火源別死者数は(1)たばこ(131人)(2)ストーブ(109人)(3)電気器具(82人)となっている。

「たばこ」が火災の主原因になっているのは相変わらずだが、東京消防庁の統計で見逃せないのが、「ろうそく」の33件。住宅火災全体の2パーセントとはいえ、二桁の火災を生んでいる。また、「消防白書」の死者数でも「ろうそく、灯明」は26人いる。

 この「ろうそく」と切っても切れないのが「線香」である。

 福島県の郡山地方広域消防組合では、数年前から春の彼岸を前に「ろうそく・線香等からの火災予防」を広く呼び掛けている。担当者によると、

「当組合管内では、2012年から2021年までの10年間で、ろうそく・線香が原因の住宅火災が23件発生し、1人の死者、9人のけが人を出しています。春のお彼岸の時期は、空気が乾燥していますし、火災が起きやすいので、ろうそくと線香を使う機会が増えるこの時期に注意をよびかけています」

 さらにホームページ上の「郡山消防YouTubeチャンネル」では「ろうそくや線香から火災にいたる様子」を実験した動画を公開している。火のついたろうそくの上で手を伸ばし、仏壇の奥にあるものを取ろうとする実験では、2〜3秒で服に着火し、あっという間に衣類が燃える様子が映っている。

「衣類の素材にもよりますが、意外と火の回りは早い。仏壇の中は狭く、奥の物を取るのに気を取られてしまうのです。また、ろうそくの近くに供花を置くと、そこに燃え移るケースもありますので、充分に注意して頂きたいです」

見えなくても燃えている

 続いて線香。一本の線香をクッションの上に火をつけたまま置く。5分、10分……線香はそのまま煙を出し、燃えたところは灰になっている。約45分で線香は燃え尽きた、クッションの上は灰があるだけなのだが、

「線香の火種は無炎燃焼といって、炎が出ません。そのため火災を覚知するのは難しいのです。しかし内部では燃え続けており、外的要因、たとえば入口の扉を開けて空気がさっと入ったことで一気に燃焼することもあります。火種は小さくとも、動画のように仏壇の線香が座布団に落下し出火したとか、夏の時期は蚊取り線香の上に誤って布団をかける、カーテンが当たって出火するなどの事例もあります」

 日ごろから掃除・手入れを怠ってはいけないのが香炉である。長く使っているとたまった灰が周囲に落ちる。香炉の下に香炉皿を使用していても同じこと。常に手入れをして、香炉の中にある、線香の燃えカスも掃除することが大切だという。

「火種が引火する可能性があります。とにかく、火災予防の要点は整理整頓。仏壇やその周囲には、ろうそくや座布団 など、燃えやすいものを置くだけに、充分な注意が必要です。大事なことは、ろうそくや線香をつけたまま、外出や睡眠など、その場を離れないようにすることです。必ず火を消すか、線香なら燃え尽きるまで仏壇の近くにいてあげてください」

 線香火災は墓地周辺でも起こる。着火した時の火種が飛んで枯れ草に引火したり、線香そのものが風に飛ばされたりしたケースもあるという。くれぐれもご用心を。

デイリー新潮編集部