愛するペットとは、いつでも一緒にいたいけど(写真はイメージです)

写真拡大

ペットだって大事な家族

 1月2日に発生した海上保安機とJAL機の衝突事故では、JAL機の乗員・乗客379名全員が生還したことから、機長とCAを含む乗務員のプロ意識の高さが賞賛された。その一方、2匹のペットが受託手荷物扱いされ、救出する余裕がなく犠牲となったことが石田ゆり子ら著名人も含む論争になったのである。

【写真】ネットニュース編集者・中川淳一郎氏がこよなく愛するペット・クワガタ

 ペットは家族の一員ということで、「同伴搭乗を求める声が加速」といったネット記事も登場した。賛成派・反対派の言い分は平行線を辿った。賛成派は「追加料金を払えばいい」「ペットだって大事な家族」「うるさくしないよう育てている」「モノ扱いがそもそもおかしかった。海外にはすでに同伴搭乗サービスはある」といった点が主張だ。反対派は「人間の席が一つ減る」「アレルギーが苦しい」「そもそも客室は人間のためのもの」「ペットを持ち出そうとする客がいたせいで人命が失われたらどうするのか」など。

愛するペットとは、いつでも一緒にいたいけど(写真はイメージです)

 どちらの言い分も理はあるわけだが、両者の言い分は参考にする程度にし、ここは「企業も客も儲かるか儲からないかを判断の最優先事項にする」という観点で考えれば良いのではなかろうか。たとえば、フェリーの“商船三井さんふらわあ”には「ウィズペットルーム」が存在する。

厳しい規約

 首都圏と北海道を結ぶ大人片道料金はデラックスルームが期間(繁忙期か閑散期かどうか)により2万3400〜3万7900円、カジュアルルームが1万3100〜2万2500円。これにウィズペット料金の部屋を借りると「オーシャンビュー(4名定員)」が1万9000円追加で、「オーシャンビュー(2名定員)」「インサイド(2名定員(最大3名))」が1万6000円だ。部屋には入らずペットだけが集う部屋のケージ料金は中型が3100円で、特大が6200円。ペットを受け入れることにより、収入は増えるのである。

 とはいっても、規約はかなり厳しい。基本は犬と猫と小動物だが、犬でも以下は不可。生後6ヶ月未満の仔犬、無駄吠えする犬、闘犬など他の客・ペットに恐怖心を与える犬、病気の犬。さらに、猛禽、猛獣、爬虫類、毒保有昆虫類なども不可。乗下船時は、動物が苦手な客へ配慮し、外部デッキや船内散策等の利用は不可。

 そして、次もある。【1】ペットによる事故・ケガ・トラブル(人間への噛みつきや備品破損等)は飼い主の責任【2】ペット同伴者は最後に降りる【3】非常時は人命救助最優先

【3】を見るとケージ室に残ったペットを助けることができないこともあり得るということだ。ここまでのルールを設けてもペット需要があるからフェリー会社もこういったサービスを提供しているのだろう。また、ペットが苦手な人へも最大限の配慮をして「人間最優先」であることも分かる。

一人一席

 飛行機の場合はこうだ。今回の舞台となったJALである。料金はペットクレート(ペットを運ぶ際に使うカゴや檻等の容器)1個1区間あたり4400〜6600円、フェリー同様乗せられる種類の動物は限られているし、吠える犬や体調が悪い犬は断る場合もある。さらに、客室と同じ温度を保つようにはしているものの、熱反射や外気温によっては温度が高温や低温になる可能性もあるなどと注意書きをしている。ペットとクレートの合計重量が32kg以上の場合は貨物扱いとなり、運賃は人間の1.5倍だ。

 新幹線の場合は、縦・横・高さの合計が120cmのケースに入れ、かつ10kg以下でなくてはならず、猛禽類は禁止。手荷物扱いで290円を支払い、さらにペット用に指定席を購入するのは不可能だ。

 以前、新幹線指定席でペットを席に乗せている人がいて、自由席を求めて車内を動く私はこの光景を見て複雑な気持ちになった、といった新聞投稿があった。コレは違反行為である。飼い主は「ペット用の席を買えばいいと思っていた」と言うだろうが、「一人一席」の決まりがある。いくら体が大きい人でも一席しか買えないということだ。

 このように、公共交通機関は様々なペットとの同伴ないしは移動手段を用意しているが、顧客から要望があったことに応えたうえで、できないことは明確に示した免責事項も準備しているということである。

企業が商売に徹する姿勢を見せれば

 というわけで、航空会社は「儲かる」と考えたらペットを受け入れる商品・ペット同伴搭乗便を作ればいいし、ペットがイヤな人はその便を避けるようにすればいい。それこそ、国内線のファーストクラスの座席すべてを通常価格の2倍でその人の家族+一匹の大型犬で押さえる」といった商品があっても購入する金持ちがいるかもしれない。そして、この富豪が事故の際ペットを外に出すよう要求しても「人間優先、ペットは最後」の姿勢を企業は崩さないでいい。

 要は、企業が商売に徹する姿勢を見せればこのような決着を見ない論争は終わるのである。航空会社が上記のようなプランを出したとしよう。航空会社はこの便が半年後に運行することをアナウンスする。そして、ペット同伴可能なファーストクラスエリアが1ヶ月後に注文がなかった場合は、通常の便に戻す。

「ペットと旅」というのは飼い主にとっては非常に重要なもの。私も佐賀県唐津市という都会から見れば僻地に住んでいるが、ペットを飼っている人々が地元のペットホテルにそこそこ高い金額を払って人間だけでやってくる。あまりに吠えまくるうるさい小型犬を飼う私の姉一家は、名古屋から一家4人で運転を交代しながら長時間をかけてやってきた。さらには「ペット宿泊可能ホテル」を選んで旅の満足度が高まった。

マーケティングの実験にも

 こうした人々にとっては交通と宿泊でペット同伴が可能なサービス提供者がいれば本当に嬉しいことだろう。そのためならば、旅費が1.5倍になっても厭わないかもしれない。私自身はペットはクワガタしかいないため、このような苦労はしない。数日間出張する場合は春〜初秋はエサを多めに入れておけばいいだけで、冬は越冬中なのでエサを足す必要はない。

 こうしたことから、判断基準を「個人の感情・嗜好」でなく「ビジネス上利益があるか否か」だけにするのである。もちろん、ペットがいることで悪臭が沁みつき、クリーニング費用が必要だといったコストも考える必要がある。

 そうしたことから実験的な取り組みをする。一週間の内、1便を「ペット同伴乗客専用搭乗機」、1便を「ペット同伴搭乗機、ただしペットを連れていない乗客は3000円OFF」、1便を「ペット同伴客専用搭乗機、一般客の割引ナシ」とした場合、航空会社と乗客にとってマーケティングの実験になるかもしれない。

 私自身、犬や猫と一緒に乗る飼い主が多額を支払うことにより自分が3000円OFFになるのであれば、「福岡・羽田は所詮1時間30分ほどだから3000円安くなるのはラッキー♪ 犬も猫も好きだしアレルギーもないから」と思う。この割引価格がペット同伴乗客のカネにより賄われていると考えるのはむしろありがたい。ただし、今でもあるように「(泣く可能性がある)小さなお子様はここに座っています」といった予約時の案内は必要であろう。

ペットの同伴搭乗を求める会

 だから、賛成・反対の極論で決めるのではなく、ある程度の実験をしたうえで、「ペット同伴搭乗」のスキームは作っていけばいいのではないだろうか。

 しかし、こうしたスキームが誕生するとなると、今度はペット愛好家の要求がエスカレートし、これはこれで問題である。「私のニシキヘビのアキラちゃんはおとなしいです! そして怖がる人がいると言うかもしれませんが、それはヘビに対する差別です! なんで犬と猫はいいのにヘビはダメなんですか!」などと言ってくるかもしれない。

 正直、「多様性」を重視する社会は行き過ぎると妙なことになる。最たるものが「男性器を持ったトランスジェンダーの方が女風呂に入ってくるのは是か非か? 非と捉える人は差別主義者か?」といった議論である。

 私自身は基本的には「この世のサービスは人間が作った世界」「世界は犬ネコ好きで回ってるわけではない」とも思う。この風潮を変えたいのであれば、「ペットの同伴搭乗を求める会」という政治団体を作ればいい。全国の犬と猫の飼い主を合わせれば1500万人ほどだろうし、「ペット同伴搭乗推進議連」を作れば、相当な戦力になるだろう。

5人の命よりも

 結果はどうあれ、私は交通費が安くなるならば、ペットの同伴搭乗が実現することには賛成だ。ただし、「ペット同伴搭乗論争」が発生したのは、JAL機側で人間が誰も亡くならなかったからである。人間が一人でも亡くなっていたら、ペットの命二匹が失われたことを問題視する空気感になどならなかったはずだ。そこで「ペットを助けるべきだった」や「同伴できていたら」と言ったら炎上したはず。助かった乗客からすれば「アンタ達、自分の命がかかっていてもペットの話で盛り上がれるのかよ?」とイラっとするだろう。

 また、旅客機の話ではないが、海保の乗組員5名が亡くなったわけだ。遺族からすれば「5人の命よりも2匹のペットのことで真剣に議論するって何なの?」と感情も抱く。

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973(昭和48)年東京都生まれ、佐賀県唐津市在住のネットニュース編集者。博報堂で企業のPR業務に携わり、2001年に退社。雑誌のライター、「TVブロス」編集者等を経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』『よくも言ってくれたよな』。最新刊は『過剰反応な人たち』(新潮新書)。

デイリー新潮編集部