池田大作氏

写真拡大

 大谷翔平選手に続いて山本由伸投手も加入とあって、ドジャースファンはお祭り騒ぎ。関連グッズの売れ行きも好調で、とくにレプリカのユニフォームは入手困難。ところが先に逝去した創価学会の池田大作名誉会長は、半世紀前に貴重なオリジナルを手に入れていた。

 ***

【レア写真を見る】ドジャースのスターから池田氏に贈答された「特注ユニフォーム」

 チームカラーの“ドジャー・ブルー”を基調とするユニフォームが、池田氏にもたらされたのは昭和47年の秋。事情を知る学会関係者が当時を振り返る。

「この年の10月、静岡県富士宮市の日蓮正宗総本山大石寺に、創価学会が寄進したご本尊を安置する正本堂が完成しました。連日、躯体完成式や落成式、各種法要が営まれたものです」

池田大作氏

 資料によると、10月12日の上棟式には海外から1350人が参加したとある。

「その中には複数のメジャー選手も含まれ、熱心な信者だったウィリー・デービス選手もいたそうです。この数年後、池田氏はサインバットやボール、そして背中に“IKEDA”と背番号100をあしらった特注のユニフォームを贈呈された」

 自ら草野球チームを率いるほどの野球好きだった池田氏は、大喜びしたという。

ベンチでお題目

 そのウィリー・デービスとはどんな選手だったのか。スポーツライターによれば、

「左投げ左打ち、パンチ力に富んだ打撃に加えて、シングルヒットを二塁打に、二塁打を三塁打にしてしまう俊足が最大の魅力でした。身長186センチ、体重84キロの体躯を駆る韋駄天ぶりには“コメット(彗星)”の愛称がつけられたほどです」

 14年間在籍したドジャースでは2度のワールドシリーズ制覇に貢献したほか、昭和44年には31試合連続ヒットを記録。半世紀を超えてチーム記録を塗り替えた。

「ただ、奇声を発するなどの奇行が目立ち、チーム内で浮いていた。昭和46年ごろ、見かねた妻の勧めで学会に入信し、精神的な落ち着きを取り戻したそうです」

 ご利益があったか、その後はオールスターに2度出場し、3年連続でゴールドグラブ賞を手にしている。

“ナムミョウホウレンゲキョウと唱えたらホームランが!”

 昭和52年に来日したデービスを球場で目撃したことがある、ジャーナリストの乙骨正生氏が後を引き取る。

「“イケダ先生のもとで野球がしたい”と中日ドラゴンズに移籍し、学会の幹部会で“ナムミョウホウレンゲキョウと唱えたらホームランが打てた!”と語ったとか。1年目の巨人戦では、1塁走者だったデービスが、次打者のショートゴロの間に快足を飛ばして3塁まで進んだ。あれには度肝を抜かれましたね」

 この年の5月には、プロ野球史上4人目となる満塁ランニングホームランを記録。あまりに劇的な展開は、いまも語り草になっている。

「活躍の一方、試合中のベンチで“ナムミョウ〜”と唱える。監督や同僚の選手からは、かなり気味悪がられていたと聞きました」

 さて、池田氏に贈られたユニフォームは、いまも創価大学で保管されている。

「この件は、池田氏の著書『新・人間革命』でも紹介されています。学会が世界進出を訴えていたあの当時、ドジャースの選手に学会員がいたことは、格好の宣伝材料とされていました」

「週刊新潮」2024年1月4・11日号 掲載