これからは社長業務に専念

写真拡大

仕事人の後継は

 昨年いっぱいで少年隊の東山紀之氏(57)が芸能界を引退した。2024年から「SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所、以下SMILE社)」の社長として、創業者の故ジャニー喜多川氏の起こした性加害問題の被害者への補償、救済に専念することになる。

【写真を見る】もうこの姿が見られなくなるのか、すっかりハマり役となったドラマ

 現役タレントとして最後に主演した特別ドラマ、「必殺仕事人」(朝日放送=テレビ朝日系)は昨年12月29日に放送された。東山氏は2007年から故・藤田まことさんに替わって主演を務めてきたが、劇中には驚きの描写があった。

「江戸で人気の踊り子グループに所属する女性が、興行主の男性によって“枕営業”をさせられます。仲間に相談しても、まともに取り合ってもらえず、瓦版屋に話をして告発しますが、売名ではないのかと誹謗中傷を受け、自ら死を選びます。女性の無念を晴らすため、仕事人たちは復讐を果たすのですが、ジャニー氏の性加害問題を思い出した視聴者もいたといいます。とはいえ、撮影が行われたのは昨年の初めで、ジャニー氏の問題を3月にBBCが報じる前でした。さすがに撮り直しはできず、そのまま放送となったのですが、ネット上では東山氏の今の置かれた立場を考えると違和感のある内容なので、批判の声が出ていました。制作サイドは、まさか東山氏がこんな状況に追い込まれると思っていなかったでしょうから、少し気の毒ですね」(放送担当記者)

 それでも、人気シリーズの最新作とあって、平均世帯視聴率は同時間帯の民放キー局ではトップの9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

これからは社長業務に専念

「代役は現時点では未定ですが、東山さんにはすっかりハマり役になっていただけに、引退は残念です。今作では新たな仕事人として、女優の松下奈緒が加入しました。朝日放送=テレ朝としては、このままシリーズを打ち切る気はないと思いますが、同じテレ朝の人気ドラマシリーズ『刑事7人』も、2015年の放送から東山さんが主演を務めてきました。こちらも東山さん不在のまま最新作を放送するとは思えません。スタッフも共演者たちも、東山さんの復帰を、首を長くして待つしかないでしょう」(テレビ朝日関係者)

 引退したばかりなのに、一部には早くも「復帰」を望む声が出ているという。それもどうかと思うが、ここにジャニーズタレントゆえの理由があるという。

「そもそも、木村拓哉に代表されるように旧ジャニーズの売れっ子タレントたちは主演作のオファーしか受けませんでした。そのため、それが人気シリーズになると、役のイメージがその後もついて回ります。木村はそれを良しとせず、新しいドラマに出たがりましたが、東山にとって『必殺』は、1年に1本と程よい間があり、藤田さんから受け継いだということもあってお気に入りの役。他の役者にはやらせたくないでしょうし、制作サイドも東山以外ではなかなか難しいと考えているようです」(テレビ朝日関係者)

 東山氏が降板したほかのテレビ番組についていえば、「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日)のメインキャスターは代役を立てず、番組を進めている。毎年末に放送し、ナレーションを務めていた「プロ野球戦力外通告」(TBS)は、23年末から人気アニメ「鬼滅の刃」の煉獄杏寿郎役などで知られる声優の日野聡が新しい担当に。同じTBSでナビゲーターを務めていた、ドキュメント番組「バース・デイ」(TBS)は23年9月に降板している。

記者会見で抱えたトラウマ

 SMILE社は、昨年10月17日に旧ジャニーズ事務所から社名変更されたが、その間、東山氏は9月と10月に各メディアを集めた会見に出席した。一部メディアの記者からは自身の性加害問題を追及されるなど、“サンドバッグ”状態だったが、すっかりそのことがトラウマになってしまったようだ。

「1回目の会見で、まさか自分に火の粉が降りかかるとは思わなかったでしょう。信憑性は微妙な暴露本とはいえ、ある女性記者が会見で恥ずかしげのかけらもなく、東山氏が後輩にしたとされる性加害の部分を朗読しました。なんとか自制心を保って真っ向から否定した東山氏も、あれでかなりメンタルがやられてしまったようです。昨年10月から上演された主演舞台『チョコレートドーナツ』。そして12月26日に都内のホテルで行われたディナーショーが、タレントとして最後の表舞台となりました。これまでなら、ほぼ必ず上演初日や本番前に囲み取材をしていたのですが、舞台もディナーショーも囲みはなし。おそらく、自分の発言に対して、ネット上で取り上げられバッシングが巻き起こるのを回避したかったのでしょう」(ベテラン芸能記者)

 さらに、以前は全メディアを巧みにコントロールし、長年にわたってマスコミ対策と広報を担当していたジャニーズの白波瀬傑元副社長が会社を去ってしまったことも、取材現場に大きな変化をもたらしている。

「かつてジャニ担と呼ばれた、各スポーツ紙の担当記者への特別待遇もなくなり、ほかのメディアと横並びの対応になりつつあります。コンサートを鑑賞に来た関係者を、出演者たちが丁寧にお見送りしたり、元旦に報じられた亀梨和也と田中みな実はじめ、所属タレントたちの熱愛・結婚報道が相次いだりと、少し前までではあり得ないことばかり起きています」(同)

補償はどうなっているのか

 芸能界を引退、ようやく社長業務に専念できることになった東山氏だが、昨年12月28日、SMILE社の公式サイトに同日時点での《補償状況のご報告》と題したリリースが掲載された。それによると、

補償受付窓口への申告者数 907人
補償内容の通知者数 163人
補償内容の合意者数 126人
補償金の支払者数 115人

 申告者のうち、しっかり調査を終えて補償金の支払いまで終えたのはまだまだ2割にも満たない。

「申告者数が落ち着いてきたものの、当該人物が事務所に在籍していたかどうかの確認作業が難航しているそうです。そうした状況を見越してか、ワンチャンスを狙って、在籍していた被害者のエピソードを悪用して被害を申請する不届き者もおり、SMILE社が警鐘を鳴らしています。こうした部分を含め、精査を徹底しないといけないので、東山社長にとって、かなり骨の折れる作業になるでしょう。これまで44年間、現場でタレント業に邁進していただけに、社長としてのデスクワークでかなりストレスも溜まるでしょうね」(スポーツ紙記者)

 さらに今夏、SMILE社に対して、日本国内のみならず、国外からの“逆風”も新たに吹き荒れることになりそうだという。

「ジャニー氏の性加害問題が発端となり、各国の企業活動における人権問題を調べて対応を促す、国連人権理事会のビジネスと人権作業部会の担当者たちが、昨年7月24日から初めて日本で調査を行い、最終日の8月4日に会見しました。そこで、『数百人が性的搾取と虐待に巻き込まれるという深く憂慮すべき疑惑が明らかになった』などとする見解を示しました。こうした調査をまとめ、今年6月に人権理事会に調査結果の報告書を提出することになっており、改めてジャニー氏の性加害問題が対外的にもクローズアップされることになると思われます。そうすると、国内だけでなく海外のメディアから、SMILE社としての見解を改め求められることになりそうで、東山社長はその対応にも追われることになる」(全国紙社会部記者)

 もともと、東山氏自身は90歳まで表舞台で活躍する覚悟だったというが、還暦まで残り3年でひとまず引退することに。それでも、特に東山氏が主演の人気シリーズを2本抱えるテレ朝は、性加害問題が解決し、社長の任が解かれればすぐにでも復帰してほしいはずだが……。

「表舞台に立っていない期間、心労やストレスから、見た目だけでなく、自慢の鍛え上げた肉体がどんどん劣化するはず。仮に復帰するにしても、それをリカバーするまでの時間がかかると思います。昔から、アスリートは練習を1日休むと、取り返すのに3日かかると言われています。東山氏は身体がなまらないよう自主的に身体を動かしているかもしれませんが、いざ復帰となっても、芸能人としての勘を取り戻すには少なくとも1年は準備期間が必要ではないでしょうか。これまで“ジャニーズの長男”として持ち上げられ、一般人が一生かかっても稼げない金額のギャラをもらい続けて来ただけに、社長業でデスク業務にかじりついているだけでは、いずれ飽き足らなくなってくるとは思うのですが」(先のテレビ局関係者)

デイリー新潮編集部