物議を醸した純烈の「だってめぐり逢えたんだ〜NHKプラスver.〜」 純烈・公式Instagram(@junretsu_official)より

写真拡大

 1部、2部ともに過去最低の視聴率だった2023年の「NHK紅白歌合戦」。コア視聴率(13〜49歳の個人視聴率)も落ちていた。一方でT層視聴率(13〜19歳の個人視聴率)は突出して高かった。「紅白」は10代向け番組になったのか。※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区【高堀冬彦/放送コラムニスト、ジャーナリスト】

【写真で見る】紅白・時間別視聴率で上位だった出場者は?

コアも落ちたが、10代は高視聴率

 2022年の「紅白」の視聴率は1部が個人23.0%(世帯31.2%)で2部が26.0%(世帯35.3%)だった。2023年は1部が個人22.0%(世帯29.0%)で2部が個人23.5%(世帯31.9%)。個人は1部が1ポイント、2部は0.8ポイント落ちた。

物議を醸した純烈の「だってめぐり逢えたんだ〜NHKプラスver.〜」 純烈・公式Instagram(@junretsu_official)より

 ちなみに個人1%は関東地区で約40.5万人。全国単位では同約118.5万人である。

 13歳から49歳に絞った個人視聴率であるコア視聴率も下がった。2022年は1部が19.3%、2部は22.7%だったが、2023年は1部が18.8%で2部は20.4%。2部は2.3ポイントも落ちた。

 一方で驚くほど高い数字を記録したのが10代のT層個人視聴率。1部は21.7%、2部は22.0%もあった。ともにコアより高い。かつては音楽番組を支えていたF1層(20〜34歳の女性)の個人視聴率は1部14.9%、2部16.9%だったから、大幅に上回った。

 2023年3月22日の「ワールドベースボールクラシック 日本×アメリカ」(テレビ朝日)は、個人24.3%(世帯42.4%)でT層12.4%。日中の放送だったため10代は観にくかったが、同日午後7時からの中継録画(TBS)も個人14.0%(世帯22.2%)でT層は7.3%。背景には若者の野球離れもあるだろうが、今の10代はWBCより「紅白」らしい。

個人視聴率の下落は事前に承知か

 その分、しわ寄せも出ている。ターゲットを若者に絞りすぎたせいか、シニア層も含む個人も49歳までのコアも下がった。若者ウケ狙いの出場歌手の人選には多くの視聴者が付いていけなかったのだろう。

 筆者が見たところ、「紅白」に出場した歌手44組のうち、若者ウケを狙った人選はMISAMO(紅組)、Stray Kids(白組)など23組。ミドル向けは紅組の椎名林檎(45)、白組の藤井フミヤ(61)など10組。シニア向けは紅組の石川さゆり(65)、白組のさだまさし(71)など11組。若者重視の傾向は年々強まる一方である。

「紅白」が若者を重視したら、全体値である個人視聴率はおのずと下がる。人口約1億2500万人のうち、39歳以下は4715万人だが、50代から70代まではそれより多い4861万人いるのだから。この人選では個人視聴率が上がるはずがない。プロであるNHKもそれは事前に分かっていたに違いない。

純烈の「NHKプラス」と若者重視は同根

 今回の「紅白」で特に物議を醸したのは、純烈による「だってめぐり逢えたんだ〜NHKプラスver.〜」と若者ウケを狙った人選だろう。この2つ、実は水面下でつながっている。背景にはNHKの切実な事情がある。

 まず、同時・見逃し配信サービスの「NHKプラス」について。従来、同局のネット配信は「任意業務」だった。やってもやらなくてもよかったのである。それが2023年10月、監督官庁・総務省の有識者会議で「必須業務」に格上げする意見が取りまとめられた。同局にとっては歓迎すべき内容だった。

 これにより、放送法の一部が改正されたら、スマホなどによる視聴にも受信料などを請求できる。20代の2割近くがテレビを持たない今、同局には将来への不安がある。ネットで番組を観ることが当たり前の時代になったら、放送法改正のハードルは下がり、見通しが明るくなる。

 一方、「紅白」などを若者に観てもらい、テレビとNHKの有意性を感じてもらわないと、将来の視聴者が育たない。若者が年齢を重ねてもテレビを持たず、ネットでの番組視聴も広まらずに受信料徴収が実現しなかったら、NHKは行き詰まる。

「ガッテン!」消滅が象徴する若者重視

 わざわざ「紅白」でPRしたくらいだから、NHKプラスの登録状況は十分とは言い難い。NHKプラスへの登録資格を持つ受信契約数は地上波で約4145万件だが、登録しているのは約401万件にとどまっている。利用者はさらに少ない(NHK「2023年度第1四半期業務報告」)。

 若者重視は「紅白」に限らない。2022年2月の最終回でも個人7.4%(世帯12.7%)と高い視聴率を記録した生活科学の情報番組「ガッテン!」の消滅もその1つ。

「ガッテン」の最終回の個人視聴率は男性50歳以上だと12.8%もあった。しかし、M1(男性の20〜34歳の個人視聴率)は僅か0.3%。女性も同じ。50歳以上の個人視聴率は14.4%あったが、F1(女性の20〜34歳同)は1.5%に過ぎなかった。現在のNHKの番組は50代以上が観るだけでは生き残れない。

 一方で同年4月から平日午後10時45分から午後11時半までが「プライム帯・若年層ターゲットゾーン」となった。ただし、一度も観たことのない人もいるはず。1年半以上が過ぎた今も視聴率がかなり低い。午後11時台は個人1%(世帯2%)台の番組が大半である。横並びで最下位が珍しくない。それでも編成を見直す気配はないから、NHKがいかに若者を追っているのかが分かる。

昭和期から変化している選考基準

「紅白」に話を戻すと、この番組はそもそも変貌した。昭和期の「紅白」とは似て非なるもの。番組のカギを握る出場歌手の選考基準からして異なる。番組の黄金期だった1986年までは(1)歌唱力 (2)その年に著しい活躍をしたこと (3)大衆の支持――だった。

 最も重点が置かれていたのが「大衆の支持」で、視聴者を対象とするアンケート調査が当落を左右した。また、出場者選定に当たっては有識者と視聴者代表の約10人による「ご意見を伺う会」という諮問会議もあり、ここでも観る側の意向が酌み取られていた。

 今は(1)今年の活躍 (2)世論の支持 (3)番組の企画・演出――。歌唱力は除外された。今年の活躍についてはCDなどの売り上げやネットでのダウンロード数などの実績を見ているという。

 世論の支持については全国調査を行っているが、最も大きいのは番組の企画・演出だろう。制作者の意のままに出場者が決まるように見える。

「紅白」のあるべき姿とは

 伊藤蘭(68)や藤井フミヤたちも番組の企画・演出で決まっただろう。だが、ここで考えてしまう。2人とも実績十分のビッグネームだが、NHKが用意するステージは「紅白」なのだろうか。初出場のMISAMOら6組のK-POPグループたちもそうだ。

 韓国の人口は約5100万人で日本の約半分。音楽市場も小規模だから、日本市場の拡大につながる「紅白」に招かれたら、喜んで出る。一方で日本の若者も歓迎する。しかし、それが国民的歌番組とされる「紅白」のあるべき姿なのか。

 排他的になるつもりはないが、「紅白」に限ると、ブレイク間近の有望アーティストを出場させたり、あるいは歌謡曲枠、演歌枠を広げたりしてもいいのではないか。国内にも実力と人気を兼ね備えた歌手はいる。スピッツなど「紅白」の経験がないアーティストに対し、全力で出演交渉してもいいはずだ。

「紅白」の存廃を視聴者に問う時期

 未来永劫続く番組はない。「紅白」もそろそろオーナーである視聴者に存廃の意見を募り始めてもいいと思う。NHK内でも元会長の島桂次氏(故人)が「公共放送にふさわしい大晦日の番組を職員とともに開発していきたい」(1990年1月)と発言して久しい。

 前会長の前田晃伸氏(79)も「(終わらせるかどうかは)これから考える。存続するかどうかは先の話」(2022年5月)と語り、打ち切りも視野にあることをほのめかした。これから先のことを視聴者と共に考える時期に来ているだろう。

 まず億単位とされる制作費を公表し、視聴者に費用対効果を考えさせた上で、こう問うたらどうか。(1)現行形のまま存続 (2)打ち切り (3)歌手の人選について視聴者の意向を最大限に尊重するなど内容を刷新して存続 (4)1部の廃止など縮小 (5)若者向け番組と中高年以上向け番組を分ける――。

 少子高齢化人口減、ネット社会化を背景に近年のNHKは凄まじい勢いで変わっている。変化の1つに「視聴者の声をより取り入れる」という改革を加えてもいいのではないか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。放送批評懇談会出版編集委員。1990年にスポーツニッポン新聞社に入社し、放送担当記者、専門委員。2015年に毎日新聞出版社に入社し、サンデー毎日編集次長。2019年に独立。

デイリー新潮編集部