捜査のメスが入る

写真拡大

 警察当局による“ホスト掃討作戦”は年をまたいでも変わらず「水面下で進行」しているという。警察庁長官が“真のターゲット”に挙げたのはホストの背後に潜む「トクリュウ」と呼ばれる犯罪者グループだが、捜査関係者ですら「正体は不明」と話す。そのトクリュウの実態に迫った。【鈴木ユーリ/ライター】

 ***

【写真】警視庁も“集中”取り締まり 「ホストに貢ぐため」と8割が回答した“立ちんぼ”女性たちの生態を「密着」撮

「トクリュウ」とは闇バイトで実行役の“末端”を募集し、特殊詐欺や強盗などを繰り返す「匿名・流動型犯罪グループ」の略称だ。昨年、世間を騒がせたフィリピンの「ルフィ」グループなどがその代表例とされ、警視庁は「治安上の脅威」と捉え、取り締まりを強化している。

捜査のメスが入る

 さらに昨年11月、歌舞伎町を警察トップとして18年ぶりに視察した露木康浩・警察庁長官は、報道陣を前にこう語った。

「我々が『匿名・流動型犯罪グループ』と呼んでいますけれども、そういう新たな犯罪グループが跳梁跋扈しつつある。この悪質ホストクラブ(問題)の背景にもそういった犯罪組織の関与があるのではないかというふうに考えております」

 つまり、警視庁が現在「トクリュウ」捜査の“突破口”と見て捜査のメスを入れているのが、歌舞伎町ホスト業界なのである。

 しかし「トクリュウ」とは本来、匿名性の高いSNSなどで実行役を集めるため、指示役が誰か特定しづらい「流動型」のグループのこと。若い女性に対する高額な“売掛金”問題が社会問題になっているとはいえ、ホスト業界はこれに該当しないようにも思われる。どういうことなのか。

悪質スカウトグループ

「真面目にやっている店もあるのに、業界全体を『トクリュウ』として見られるのは迷惑だ」

 こう語るのはホスト店のオーナーだ。

「この流れは“頂き女子りりちゃん”の逮捕から始まったと思う。彼女が詐欺で詐取した金を貢いでいた担当ホストを『組織犯罪処罰法違反』なんていう、普通はヤクザに適用する罪状で逮捕したのがそもそもヘンな話。客の金の出どころを一々チェックしなきゃ逮捕されるとなれば、商売上がったりですよ」

 だが、こうした警察の動きに対し、違う見方をするホスト関係者もいる。

「警察が狙っている『トクリュウ』は、実はホストじゃないと思いますよ。その裏にいる悪質スカウトグループ。その証拠に昨年末から『ナチュラル』の幹部が次々に摘発されているじゃないですか」

 ここでいう「スカウト」とは、繁華街で女性に声をかけ、風俗店やキャバクラなど夜の世界へと勧誘するビジネスのことだ。法的には違法かグレーゾーンに当たるが、歓楽街になくてはならない商売ではある。特に「ナチュラル」は歌舞伎町を中心に1500人のメンバーを擁する国内最大グループとされ、その実態について不明な点も多い。

「俺たちも全貌はわからない」

「『ナチュラル』などのスカウトグループがタチが悪いのは、売掛金の支払いが溜まっている女の子を悪質ホスト店から流してもらって、風俗の仕事などを斡旋しているところ。コロナ禍では風俗嬢の“出稼ぎ”が流行ったけど、コロナ明けからは出稼ぎ先が国内だけじゃなく海外にまで広がっている。フィリピンやオーストラリアなどに“出張”させ、現地で売春させて売掛金を払わせる手口。警察はここを取り締まろうとしているんじゃないかな」(同)

 現地では管理売春をさせるため、日本人の半グレ・グループも協力しているという。この全体の流れを警察当局は「トクリュウ」と見なし、一斉摘発しようという流れなのではないか――という見立てである。

 だが「『トクリュウ』の形としてホスト業界は特殊」という声もある。「トクリュウ」犯罪に加わった経験を持つ暴走族OBの男性はこう言う。

「『トクリュウ』は実際、関わってる僕たちも全貌がわからない。もっとアメーバみたいな存在なんですよ」

 では、“現場”から見た「トクリュウ」とはどういった存在なのか。流動的な犯罪グループはどうやって作られるのか。

「白状するバカはいない」

 前出の暴走族OBは「“案件”によってパターンは違いますね」と語る。

「例えば、昨年に流行った時計店強盗のような“タタキ(強盗)案件”では、闇バイトで集めた人間を現場に行かせることもあれば、命令に逆らえない地元の後輩を行かせることもあります。指示役のトップもルフィみたいな半グレである時もあれば、暴力団組員の時もある。実態はあってないようなもので、“場面”(ケースバイケースの意)としか言いようがないんです」

「トクリュウ」の組織図は、「ピラミッド式」というより枝分かれしていく樹木のような形になっているともいう。銀座の時計店強盗の実行犯は逮捕されたが、たとえ強盗が「成功」して数千万円の稼ぎを手にした時でも、間に入った“枝”の人間に何重にも中抜きされ、実行役には1人10万円程度の報酬しか渡されないという。

「逮捕されたとしても、実行犯が知っているのは、その一個上の指示役まで。テレグラムとか暗号性の高い手段でやりとりしてるし、さらに枝の根本までは辿り着けない仕組みになってる。それにたとえ上の存在を知っていたとしても、警察にゲロってしまうと2度とコッチの世界で生きていけなくなるから、白状するバカはいない」

 さらに別の半グレ・グループの人間にも話を聞いた。

「家族まで追い込む」

 西日本出身のこの男性は「自分に『部隊を集めてくれ』って話が回ってきたのはATMの時ですね」と話した。

 男性が言う「ATMの時」とは2016年、全国17都府県のコンビニ内ATMから約18億6000万円が一斉に引き出された事件である。

「あの規模で一斉にやる時は人数がいるから、実行役は本当に誰でもいい。闇バイトで若い人間を集める場合もあれば、筋の悪いところからの借金がかさんでいる人間を行かせることもある。そいつらは実家の住所まで押さえてあるから『裏切ったら家族まで追い込むぞ』と脅し、絶対に裏切れない仕組みを作っています」

 だが16年のATM事件ではトップの首謀者をはじめ、「引き出し役」「指示役」ら約250人が逮捕されている。

「でも関係者全員、ではないですよね? 全国規模でやる時なんかは、ものすごい大量の人間が関わっていて、僕らだって全貌がわからない。それに僕らはルフィと違って、詐欺や強盗だけをシノギにしているわけじゃない。(携帯や銀行口座の)履歴だって、別人のモノを使って(証拠は)残らないようにしてる。自分が警察の立場に立って考えたら、全貌解明は相当むずかしいと言わざるを得ないですね」

 ネットやSNSを駆使したこの現代型の組織犯罪に、警察はどこまでメスを入れることができるのか。「トクリュウ」との攻防はまだ始まったばかりだ。

鈴木ユーリ(すずき・ゆーり)
ライター

デイリー新潮編集部