フリーアナウンサーの森香澄

写真拡大

 元テレビ東京アナウンサー・森香澄(28)の快進撃が続いている。2023年4月のフリー転向後は「踊る! さんま御殿!!」(日本テレビ系)や「水曜日のダウンタウン」(TBS系)、「くりぃむナンタラ」(テレビ朝日系)など、人気バラエティ番組に次々とゲスト出演。「たとえあなたを忘れても」(テレビ朝日系)では連ドラレギュラーをゲットし、雑誌では「週刊プレイボーイ」(集英社)などの表紙を飾っている。なぜ森アナは人気があるのか、その理由を考察してみた。

【写真を見る】森香澄アナの所属事務所は「令和の美女軍団」! グラビア界の注目タレントたちをチェック

フリー転向の当日に大成功

 フリー転身後に出演した初のバラエティ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)に、現在の快進撃を予感させるエピソードがある。

フリーアナウンサーの森香澄

 放送は2023年4月24日だが、実際の収録日は4月1日だ。制作サイドが退社前から出演をオファーした理由は“話題性”だろう。そしてフリーになった当日、この大きな番組でまずまずの結果を残したことは彼女の価値を高めた。

 冒頭でネプチューンの堀内健からは「昨日までテレビ東京だったんだよね」と、原田泰造からは「ちゃんと言えば数時間前までテレビ東京ですよね」とツッコまれた。そこで森アナは「そうですね。十何時間前まで」と苦笑まじりで返答した。

 また堀内から「最高は何歳違いの人と付き合ったの?」と質問された時は、「17」と即答した。この突然の“ぶっちゃけキャラ”発揮は、かなり大きかったのではないだろうか。余程のことがない限り「NGなし」のタレントというイメージがついたからだ。

 そこにアナウンサーらしい聡明さや秀でた容姿、SNSに投稿したカラオケ動画が大バズりするほどの圧倒的な歌唱力が加われば、番組出演の選択肢が増えるだろう。

 一般的にフリー転身直後は「目新しさ」という売りがある。森アナの場合はテレ東にわずか4年しか在籍していなかったため、「新鮮味」がより高かった。フリー転身のタイミングも絶好だった。テレ東の顔へと駆け上がる段階で勢いに乗り、魅力が爆発しかかっていた頃だったからだ。

リアクション能力の高さに注目

 森アナが最も光っている点は観察力とリアクション能力の高さだ。それが垣間見えたのが11月12日に放送された「有吉クイズ」(テレビ朝日系)だった。

 森アナ含む5人の出演者たちは、男女6人のものまね芸人から2組のリアルカップルを当てる難問企画に挑戦した。正解への突破口になったのは、河井ゆずる(アインシュタイン)の「相手に直してほしいところはどこですか?」という質問だ。

 各自の回答を聞いた後、森アナは鋭く指摘した。ある男性芸人の回答中、ある女性芸人が「『うん?』みたいな顔になったんですよ。『私のことを言ってるんだ』みたいな感じになった気がする」というのだ。結果、この指摘が1組目の正解を導いた。

 同番組のラストで見せたリアクションも絶妙だった。ものまね芸人のReikaが他のレパートリーとして「森さんの顔」と発言した際、森アナは「私?」といった表情で自分を指差したが、森は森でも「森進一」だった。それが判明した瞬間、森アナは「ちょっと嬉しかったのに〜〜」とうまく返した。

嫌われ芸人にも絶妙のリアクション

 クロちゃん(安田大サーカス)とナダル(コロコロチキチキペッパーズ)の「クロナダル」(テレビ朝日系)でも、いいリアクションを見せた。11月6日と13日放送回は、いつもカラオケで1人寂しく歌っている森アナをクロナダルが盛り上げ、気持ちよくなってもらおうという企画だった。

「気持ちよくなりたいですか?」というクロちゃんの質問に対し、森アナは「そう聞かれるとなんか……」と抵抗を示した。しかし、企画の趣旨を改めてゴリ押しされると「じゃあ、気持ちよくなりたいです」としぶしぶ企画を受け入れる。

 そこでナダルが「一緒に気持ちよくなろうね」と発言すると、「なんか嫌なんだけど!」と不快感をあらわにした。この「受け入れる姿勢」と「突き放す姿勢」のバランスとタイミングが絶妙だった。

現在のバラエティ界を席巻

 クロちゃんが容赦なく接近した際は「すごい近づいてきた……バミリ守ってください、バミリ」と一蹴。この塩対応にクロちゃんとナダルは「バミリ守ってくださいって言われたの初めてなんだけど、これ以上近づくなってこと? けっこう離れてない? コレ」と突き放された感がアリアリだった。

「もうそろそろ気持ちよくなりたい」という森アナが発言すると、クロちゃんは「気持ちよくなりたい?」と返した。違う意味が含まれているようにも思えるフレーズだ。それを瞬時に察知した彼女は、一瞬間を置くと「歌で気持ちよくなりたいです」と失笑した。「仕方ないなぁ」という雰囲気を出しつつ、クロちゃんを否定しなかったのだ。これにはクロちゃんもご満悦の様子だった。

 抜群のリアクション能力で現在のバラエティ界を席巻する森香澄アナ。2024年も注目したい。

上杉純也

デイリー新潮編集部