仁村紗和×莉子×片山友希×渡邉美穂、不思議な化学反応で意気投合『SHUT UP』

写真拡大

仁村紗和さんが主演、莉子さん、片山友希さん、渡邉美穂さんが共演するドラマ『SHUT UP』(テレ東系、毎週月曜23:06〜)が12月4日よりスタートします。

学費も生活費も自分で稼ぐ苦学生の由希(仁村さん)は、同じ境遇の恵(莉子さん)、しおり(片山さん)、紗奈(渡邉さん)と共に「貧しさを諦めたくない」と思いながら、寮生活を送っていました。しかし、1人が予期せぬ妊娠をしたことをきっかけに運命が狂い出し、いつしか彼女たちは100万円強奪計画を企てることに……。

TVerプラスでは、仁村さん、莉子さん、片山さん、渡邉さんにインタビュー。ドラマさながら、息ぴったりに撮影秘話を語ってくれました。

――この作品の企画を最初に聞いたときの感想を聞かせてください。

仁村:プロットを見たときには“クライムサスペンス”と書かれていたので、展開が面白そうだなと思っていました。でも、台本を読んだらそれだけではなくて、友情だったり、経済的に苦しんでいる学生さんのことだったり、「性的同意」についてだったり、いろんなテーマが描かれていて、すごくやりがいがありそうだなと思いました。

莉子:みんな知ってはいるけれど、それを映像として世に出してこなかったような題材だなと思いました。私たちは同じ環境で生活している苦学生の役で、この4人だからこそ伝えられる内容というか。“女性”というだけで言えないことや、言われたりすることが世の中にはまだまだあると思うので、そこを映像化することで、伝えられるものが大きいドラマだなと思いました。

片山:私は女子たちの友情を描いた作品をあまりやったことがなかったので、「演じてみたいな」と思ったのがまず1つ。あとは、すごく個人的な話なのですが、私が上京して一番初めにオーディションで受かったレギュラーのドラマが『セトウツミ』で、テレ東の作品なんです。なので、テレ東にはすごく感謝していて、テレ東が作るドラマにはこれからもずっと関わっていきたいと思っていたので、このお話をいただけたことがすごく嬉しくて。すぐに「やりたいです!」と言いました。

渡邉:私も、実は初めて出たドラマがテレ東で……。

莉子:本当に?

渡邉:ほんとほんと(笑)。最初に企画を聞いたときは、ある意味、社会派なドラマだなと思いました。でも、暗いイメージだけではなくて、リアルな温度感の女子大生たちが出てくるので、「どういう会話が繰り広げられるのかな」「この4人の関係はどうなるのかな」とすごく楽しみでした。同じような経験をされている方は世の中にたくさんいるだろうな、という題材なので、社会に一石投じるといいますか、何か影響を与えられたらいいなと思います。

――演じるキャラクターをどう捉えていますか?

仁村:由希ちゃんはすごく正義感が強くて、芯があって、仲間思いです。実際に私の年齢が上だから、というのもあるかもしれませんが、この4人の中では精神年齢が高そうだなと感じるところがありますね。

莉子:恵は女の子らしいというか、何か意見を言うときにも心の中で「これは言っていいかな」と1回止めるような子なんですが、後半にかけて自分の意見を言うようになっていきます。徐々に成長していくので、そのバランスが難しくて。私はふだん、なんでもハキハキ言うタイプで、ちょっと素が出ると監督から「抑えて」と言われてしまうので、なるべく(恵らしさを)保つように頑張っています。

片山:みんなそれぞれ優しい部分があると思うけど、しおりは特に恵に寄り添っているイメージが強いです。しっかりしているし、台本を読んでいても、演じていても、節々にしおりの優しさを感じます。それから、しおりは普通に友達と喋っているのに「いや、そうなんですけどね」とか、急に敬語になるんです。その話し方がすごく面白いなと思っていて、お気に入りのポイントです。