西島秀俊と内野聖陽がダブル主演するドラマ24『きのう何食べた? season2』(テレビ東京系、毎週金曜24:12〜)の第9話が、12月1日に放送。一緒に食事できることの幸せを実感するシロさん(筧史朗/西島)とケンジ(矢吹賢二/内野)の姿に、ネット上で「泣きそう」という声があがった(以下、ネタバレが含まれます)。

旅行先のベトナムで何かを悟り、ベトナムに店を出したいと言い出した三宅祐(マキタスポーツ)。そのため、ケンジに今の店を頼みたいと言う。

それをシロさんに相談すると「お前、やってもいいかなって顔してるよ」「ケンジ、店長向いてると思うよ。気配りできるし。ここらで頑張ってみるのもいいんじゃないかな」と背中を押され、ケンジは店長を引き受けることに。しかし、案の定忙しくなり、シロさんと食卓を囲む時間が減ってしまう。

「1人で食べてるのが、なんかさぁ……」と寂しさを匂わせるケンジに、「1人で食おうが2人で食おうが、腹に入るもんは一緒だよ」というシロさん。だが、スーパーで献立を考えていると「鉄板焼きとかやりてーな。でも、ああいうのは2人一緒に食わないと美味くないしな。つまんねぇなぁ……」とシロさんまでも寂しさを感じ始める。

それでも「俺が元気づけてやらなきゃ!」と、シロさんはケンジの好きな肉を使って油淋鶏を作ることに。早く帰ってこれたケンジと一緒に揚げ立ての油淋鶏を頬張り、「2人で美味しいご飯を食べられるって幸せ!」と幸せを噛みしめるのだった。

SNS上では「ただ2人が一緒に食べてるだけなのに泣きそう」「幸せってこういうことだよね」「一緒に食事することの大切さを教えてくれる」といった声が見られた。

次回、第10話は12月8日に放送。シロさんが上町弁護士事務所を引継ぐ覚悟を決める。

現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の最新作のほか、第1話〜第3話も配信中だ。