Image: microfactory

こちらは「かいサポ(お買いものサポーターチーム)」が編集・執筆した記事です。

ピタッとくっついて快適に充電できるMagSafe。iPhone 12から導入され、活用している方も多いでしょう。

今回は、そんなMagSafeの利便性をさらに拡げてくれるモバイルバッテリー「MS2.0」のご紹介です。スマホへの充電はもちろん磁石接続で可能ですが、「MS2.0」自体もマグネット式ワイヤレス充電に対応するのが特長なんですよ。

マグネット充電でのパススルーや他のアクセサリ同時利用も可能なので、さっそく詳細をチェックしてみましょう!

MagSafeエコシステムが使いやすいモバイルバッテリー

Image: microfactory

こちらが次世代ワイヤレスモバイルバッテリー「MS2.0」。アルミボディにMagSafeにも対応するワイヤレスポートを備えた製品です。

これだけ見ると、既にあるMagSafe対応モバイルバッテリーと変わらないようにも見えますが、

Image: microfactory

モバイルバッテリーである「MS2.0」自体もワイヤレス充電に対応するのが最大の特長。

Image: microfactory

イメージ動画が分かりやすいですが、マグネット式ワイヤレスポートは出力用だけでなく入力用にも備えているからできる仕様なんですね。

Image: microfactory

この仕様のおかげで、例えばiPhoneを「MS2.0」で充電しながらでも他のMagSafeアクセサリを使うことも可能に。

MagSafeアクセサリは今後も増える便利なエコシステムなので、それらの拡張性を活かせるモバイルバッテリーというのはユニークかも。

便利なスタンド付き

Image: microfactory

本体側面には出し入れ可能なスタンドを装備。

Image: microfactory

動画視聴やビデオ通話などのバッテリー消費が気になるシーンでも快適に利用できますね。

対応充電器でさらに便利に

Image: microfactory

「MS2.0」は対応のマグネットワイヤレス充電器を活用することで、モバイルバッテリーとスマホの同時充電(パススルー充電)にも対応。

残念ながらAppleの純正MagSafe充電器は、Apple製品以外への給電能力が制限されるため非対応のようですが、同時に展開されるワイヤレス充電器「MS3.0」であれば可能とのことでした。

Image: microfactory

また、「MS3.0」単体も出力は制限されますがMagSafe充電に対応するため、直接iPhoneの充電も可能に。

Image: microfactory

さらに内部にはクーリングファンも備えるため、スマホ充電時の熱も低減できるそう。

Image: microfactory

有線ポートも活用すれば、「MS2.0」本体を充電しながらスマホやワイヤレスイヤホンも同時充電可能ですよ。

MagSafeにも対応した将来拡張性にも優れる次世代モバイルバッテリー「MS2.0」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて先行販売を実施中。

執筆時点では一般販売予定価格から15%OFFの8,400円(税・送料込)からオーダー可能でした。

さらにパススルー充電も可能にする「MS3.0」とのおトクなセットプランもあったので、気になった方は下のリンクからチェックしてみてください!

【⚡️次世代型パワーバンク⚡️】スマホとバッテリー本体をダブルでワイヤレス充電
15%OFF 8,400
machi-yaで見る

Source: machi-ya