Image: gguy / Shutterstock.com

Amazon(アマゾン)は11月28日に開催されたラスベガスでの年次イベント「AWS re:Invent 2023」で、AIチャットボットアシスタント「Q」をお披露目発表しました。

Qは業務専用のチャットボットで、スタッフの生産性や日常業務を助ける役目をするとのこと。

業務を助けるAI

Qは加入している顧客企業のシステムにアクセスし、企業の情報に基づいて従業員の質問に答えるように設計されています。

例えば、顧客が一番不満を持っている部分について知りたい場合、チャットボットが顧客関係システムにアクセスして、最近最も報告された苦情の概要を提供します。また、ボットはサポートチケットを作成したり、ビジネス文書の作成や要約もしてくれるそうです。

トレーニングの素材はAWSのみ?

公式発表によると、AmazonのチャットボットはAmazon Web Servicesプラットフォームを介して利用可能…くらいしか、今のところ際立ったポイントはなさそうです。

でも、世界中の大手企業がAWSを利用しているので、企業向けのサービスAIチャットという立ち位置がポイントなのかもしれないですね。

Amazonは企業のコンテンツをAIモデルのトレーニングに使用しないと公言していますが、そのモデルが具体的に何であるかは明らかにしておらず、今回のQは「過去17年間のAWSの知識と経験に基づいてトレーニングされています」とのことです。実際にどれだけ能力があるのかに関する詳細は、今のところ明かされていません。

またAmazonは、Qが企業内の従業員に対するデータ権限を理解できるとしています。例えば人事担当のスタッフが、会計部門の顧客財務データにアクセスできないようにする…などです。他の類似の企業向けAIと同じように、QはSlackのような他の外部アプリからデータを接続して収集することもできます。

QはMicrosoft(マイクロソフト)のWindows Copilotや、Google Duet AI、OpenAIのChatGPT Enterpriseなどと競合になっていくわけですが、これまでずっとAmazonは競合他社に対抗するための自社AIについてはダンマリでした。

他のビジネスが独自のAIモデルをAmazon Web Servicesを通じて統合できるようにする「中立なプラットフォーム」は提供していましたけどね。そしてここ数か月でAmazonは、Claude 2 AIモデルを作ったAnthropicに、約40億ドル(約5916億円)を投資していました。

AWSがパワーアップ計画中

今のところQには革新的な何かがない印象ですが、AmazonはAWSの顧客が今後、顧客サービスツールに生成型AIを使用できるようになると発表しています。

これはカスタマーサポートエージェントへの回答を提供するということなのか、その部門を完全に引き継ぐかのどちらかはわからないのですが…。

またAWS対応の新しい2つのチップセットを開発中で、これはAIワークロードを処理するために再設計されています。AIに焦点を当てたチップの製造で長い歴史を持つチップメーカーであるNvidiaも、Amazonと協力して生成型AIスーパーコンピューティングインフラを提供し、さらに多くのAIをトレーニングすると発表しています。