女性タレントたちが事前取材とスタジオトークで男性ゲストの素顔をあぶり出すトークバラエティ『トークィーンズ』(フジテレビ系、毎週木曜23:00〜)が11月30日に放送され、ゲストの亀梨和也(KAT-TUN)がイジられまくった。

スタジオを飛びだして、食事をしながら女性タレントとマンツーマンで行う事前取材VTRでは「カッコいいものを見るのが好きなんです。女性、男性、性別や年齢も関係なく、カッコいいな(と思うもの)を取り入れちゃう」と言って、ストローが刺さったドリンクをゴクリ。その仕草を見逃さなかったファーストサマーウイカから「飲み方もカッコいい。カッコつけました?」とツッコまれると「染み付いているのかもしれない、カッコつけが」と認めた。

そこで、番組スタッフがその取材中に亀梨が見せたカッコいいシーンを「キザが出ちゃった編」としてまとめた。冒頭のジェスチャーに「人差し指1本で前髪タッチ」というタイトルが付けられると、スタジオでモニタリングしていた亀梨は「イジっとるな」と大爆笑。スタジオの若槻千夏から「もちろんカッコいいんだけど、イジっていいのかわかんない」と打ち明けられると「イジって、イジって」と大歓迎。「カッコつけてないですよ、普段は」と続けると、指原莉乃から「めちゃくちゃカッコつけてる」とあきれられ、最後には「染み付いてるんだと思う」と観念した。

番組後半では、天邪鬼な性格について分析。コンサート会場でファンサービスは「基本しない」と言い「でも、たまにするよ。『どうせ亀しないでしょ』みたいな雰囲気になってるから」と続けた。みずからを「変化球人生」とネーミング。「(野球少年時代に)ピッチャーをやってたからかな。相手が望んでいるところに(ボールを)投げたら打たれるわけじゃん。相手をはずす、はずすを考えて生きていたから。これ、大きな気づきかもしれない」と発見して、興奮した。

次回は12月7日に放送され、水上恒司がゲスト出演する。