藤井流星が主演、矢吹奈子がヒロインを務めるドラマL『18歳、新妻、不倫します。』(テレビ朝日、毎週土曜26:30〜/ABCテレビ、毎週日曜23:55〜)の第7話が11月25日・26日に放送。物語が急展開し、SNS上では「衝撃!」と話題になった(以下、ネタバレが含まれます)。

真宮蘭(逢沢りな)は、亡くなった百合(蘭と一人二役/逢沢)と瓜二つの妹。蘭は藤宮煌(藤井)をソファーに押し倒し「体も姉にそっくりなのよ。試してみる?」と迫るが、煌は「俺は百合さんのことを今でも覚えています」「亡くなるまでのこと全部」と言う。蘭は「ごめんなさい」「どうしてもお姉ちゃんのこと忘れてほしくなくて」と涙を流した。

煌は三条明花(矢吹)を百合の墓に連れて行き、墓前で「14年前、百合さんは亡くなった」「施設に入ったとき、慣れない所でよくしてくれた」「好きだった」と明かす。さらに「俺は今、明花だけを見てる」「過去にさよならを言いに来た」「こんな風に百合さんのことを話すのは、これで最後だ」と言う。明花は「忘れられるわけない」「ずっと胸に抱いててあげて」と伝えた。

明花は、サプライズで煌の誕生日パーティーを開催。家族みんなで過ごす楽しい雰囲気の中、煌は貧しく壮絶だった幼き日の事がフラッシュバックする。パーティーの後、明花は煌に寄り添い「愛してる」「ずっと煌のそばにいる」と幸せを感じた。

後日、煌は喫茶店で月瀬遥(山本涼介)と会っていた。遥は「蘭も言ってたよ、お前はいい仕事してるって。完璧にお姫様を騙してるって」「さぁ、煌、三条帝国を手に入れようか」と煌に言う。すると、煌は……。

SNS上では、急展開に「衝撃!」「えっ?? えー!」「予想外」「急展開で目が離せない」などの声が上がった。

次回、第8話は12月2日・3日に放送。新章に突入し、煌の壮絶だった過去が明らかになる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話〜第3話とダイジェストも配信中。