鈴木亮平“南雲”が監督に復帰!一方で生田俊平“楡”にまさかの事態が…

写真拡大

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『下剋上球児』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第7話が11月26日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛が描かれる、ドリームヒューマンエンターテインメント。(※本作は「下剋上球児」(カンゼン/菊地高弘著)にインスピレーションを受け企画しましたが、登場する人物・学校・団体名・あらすじはすべてフィクションです)なお現在TVerでは、第1話〜第3話のほかに、予告動画、高校球児役のオーディションの模様を追った『「下剋上セレクション ダイジェスト版」〜ドラマ出演をかけた熱き予選大会〜』も配信中。

先週放送された第6話で南雲脩司(鈴木)は不起訴処分に。新しい仕事を探すがなかなか採用までには至らない。そんな中、越山高校野球部の部員たちは山住香南子(黒木華)の横浜青隆高校時代の教え子からあるうわさを耳にして……。

<第7話あらすじ>
2017年、夏。11年ぶりに予選1回戦を突破し念願の“夏に一勝”を手にした越山高校野球部は、続いて迎えた2回戦も強豪・伊賀商業相手に善戦。しかし楡伸次郎(生田俊平)のミスからペースが崩れ、惜しくも敗北を喫する。勝てた試合を逃したショックから立ち直れず、燃え尽き気味の部員たち、そして山住香南子(黒木)は反省から熱を出して寝込んでしまう。

そんな中「一勝したら戻ってきてほしい」という部員たちとの約束にこたえ、南雲脩司(鈴木)が監督に復帰することに! 美香(井川遥)も東京から戻ってくるなど力強い援軍も得て意気込む南雲は、落ち込む部員たちを奮い立たせて実戦経験を積ませるべく、次々と他校との練習試合を組んでいく。

しかしその頃、予選敗退以来部活を休み続けていた楡の身に、ある問題が起こっていた。さらに犬塚樹生(小日向文世)と丹羽慎吾(小泉孝太郎)は、南雲の監督復帰を快く思っておらず……。