重岡大毅&新木優子“舜&花”、温泉一泊旅行で新事実が明らかに!?

写真拡大

重岡大毅が主演を務める『単身花日』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00〜)第7話が、11月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、30代の男女4人の“止められない愛”を描く衝撃の単身赴任ラブサスペンス(原作:いわしげ孝「単身花日」/小学館「ビッグコミックス」刊)。なお、現在TVerでは最新話に加え、第1話〜第3話、ダイジェストなどが配信中。また、見逃し配信数が総計640万回再生(第1話〜第6話合計/期間10月15日〜11月23日/ビデオリサーチ算出)を突破した。

回を追うごとに注目度が増し、クセになる人が続出中の本作。前回放送の第6話では、登場した結婚写真によって、武田花(新木優子)の隣でほほ笑む夫・武田健一が桜木舜(重岡)と瓜二つだということが判明。この衝撃の展開に、「花の旦那はずっとシークレットだったからもう1人サプライズで誰か登場するのに賭けていたけど、想像の斜め上を行き過ぎた(笑)」「衝撃の事実、凄いです……急展開です」「過去と何かつながるのかな?」など驚きの声があふれ、SNS上は騒然となった。

さらに花に誘われ、舜は“初恋を殺す”決意を胸に温泉旅館への一泊旅行に出発。しかし、そんな1人のやりとりを舜の妻・ゆり子(高梨臨)がカエルのぬいぐるみに仕込んだ集音マイクで聞いていた……という、戦慄の展開に「サスペンスというか、ホラーというか、、、謎が絡まり合って見るのをやめられませんw」など、どハマりする人も続出中。

もともとは花の「旅行に行って、どうしても話したいことがある」という言葉から始まった、この裏切り旅。舜もまた鳥貝拓也(前原瑞樹)の「初恋は殺しておかないと破滅する」という言葉を胸に、この旅で花とのあいまいな関係にケリをつける決意をしていたが、バスの揺れで触れる花の腕や食事中の無邪気な笑顔、そして息を飲むほど美しい浴衣姿にドキドキ。楽しい時間を過ごすうちに、いつしか夜が訪れる。花の大事な話とは? 業を煮やした舜が思い切って話を切り出したものの、花は茶化すばかり。そんな彼女の態度に、舜は思わず声を荒らげてしまうが、その瞬間、花が……!?

一方、集音マイクで2人の様子を“監視”し続けるゆり子は、静かに怒りの炎を燃え上がらせる。しかし、聞こえてきた花の“ある発言”に思わずゾッ。しかも、そんなゆり子にあろうことか花から突然メッセージが届く。さらに、花と連絡の取れないことにイラ立つ片山直哉(田中樹)は、舜と一緒にいると確信。ある行動に移る。

物語はいよいよ終盤戦に突入! 舜はついに、花がひた隠しにして生きてきた“消せない過去”を知ることに。しかし、その奥にもまた何やら大きな“秘密”がありそうで……。謎が謎を呼ぶ中、ほどけ始めた真相とは?