桐谷健太演じる敏腕刑事と瀬戸康史演じる天才外科医の正義が激突!『院内警察』

写真拡大

桐谷健太が主演を務める金9ドラマ『院内警察』(フジテレビ系、毎週金曜21:00〜)が、2024年1月12日に15分拡大SPで放送スタート。瀬戸康史、長濱ねる、市村正親の出演も決定した。

同作は2021年より青年漫画誌「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の「院内警察 アスクレピオスの蛇」を原作とした医療エンターテインメント。日本ではまだなじみの薄い“院内交番”を舞台に、元警視庁捜査一課刑事の主人公と天才外科医の“正義”がぶつかり合う“刑事モノ×医療モノ”2大王道ジャンルのハイブリッド作品。桐谷は今作でフジテレビ連ドラ初主演。今まで多くの作品で多彩な役どころを務めてきた桐谷が、プロファイリングスキルと抜群の記憶力を駆使しながら院内の不正監視や秩序を守る院内刑事・武良井治を演じる。

また、桐谷と連続テレビ小説『まんぷく』(2018年、NHK)以来約5年ぶりの共演となる瀬戸が、初の外科医役で孤高の若き天才医師・榊原俊介を演じる。さらに、桐谷に振り回される院内交番の新人事務員・川本響子を長濱、そんな2人を優しく見守る交番室長・横堀仁一を市村が演じる。そして、『リーガル・ハイ』シリーズ(2012〜2014年、フジテレビ系)、『フラジャイル』(2016年、フジテレビ系)、『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(2020年、フジテレビ系)の石川淳一が監督を務める。

院内交番――。日本ではまだまだ聞きなじみのない存在だが、実際に一部の大学病院や国立病院に常駐する民間組織。病院内で起こる患者同士のトラブル対処やクレーム対応、落とし物管理、人探しなど交番業務を担うその名の通り“院内の交番”だ。一般的には警察OBが定年退職後に従事することが多いとされており、今作はそんな院内刑事という職業にスポットライトをあてていく。なお、“院内刑事”を主人公としたドラマは『院内警察』が初となる。

物語の舞台となるのは、日本有数の大病院・阿栖暮総合病院(あすくれそうごうびょういん)。院内に設置された院内交番に所属する元警視庁捜査一課・武良井は、日々患者同士のトラブル解決や遺失物捜索に従事していた。院内交番室長・横堀と共に2人きりで交番を運営していたが、そこに交番事務員として川本が配属されることに。川本は有名病院の医療事務になれると張り切ってきたものの、実際は院内で“3K交番”(軽薄で、空気の読めない、給料泥棒)とやゆされる場所だった……。そんな中、阿栖暮総合病院が誇る若き天才外科医・榊原がドイツから帰国する。帰国直後にも関わらず難易度の高いオペに執刀し、素早く正確な手術で周りの医師をうならせる榊原。対して、そんな榊原を鋭い視線で見つめる武良井。事あるごとに武良井は榊原に絡み、業務範囲を超えて執拗(しつよう)に粘着する。警視庁捜査一課というエリートの肩書を自ら捨て、阿栖暮総合病院に来たのも榊原との関係に理由があるのか……。敏腕刑事と天才医師、異なる2人の正義が交錯する新機軸のエンターテインメントがスタートする。

<桐谷健太 コメント>
――オファーを受けた際の率直な感想を教えてください。

実は何年か前に、“病院モノと刑事モノが一緒になった作品があればいいのに……”と思ったことがあったんです。原作はオファーをいただいた際に知ったのですが、もともと思っていたこととつながって、すぐにピンときました。なので、“面白そうだ!”と思ったのがファースト・インプレッションですね。病院内で繰り広げられるヒューマン・ストーリーもあれば、刑事ドラマとしての謎解きやミステリー要素もありますし、瀬戸康史さん演じる天才外科医・榊原俊介とのバチバチな関係性もあり、いろいろな見どころがある作品だと思います。