2001年4月、中国からの強い反発を受けながらも、関西国際空港に到着し、出迎えの人から花束を受ける李登輝・元台湾総統(左)と曽文恵夫人(写真・共同)

「民主化の父」「親日の偉大な政治家」として、今も日本にファンの多い台湾の故・李登輝総統。しかし李の命を受け「札束の力」によって対日工作が展開された史実を知れば、クリーンイメージは虚像とわかる。その李の命を受け諜報活動に当たった黒幕がこの10月、88歳で息を引き取った。

日本と台湾の民間交流窓口「亜東関係協会」の彭栄次・元会長。橋本竜太郎元首相をはじめ日本政官界の中枢人脈を篭絡した彼の諜報活動の一端を振り返る。

「明徳小組」の責任者

彼と初めて会ったのは、筆者が共同通信の初代台北支局長として台湾に赴任する直前の1998年夏。台北のホテルで開かれた講演会で会い、しばらく話をした。

ビックリしたのは、中国語的なイントネーションがまったくない完ぺきな日本語だけではない。国際政治、経済についての豊富な知識と分析力に舌を巻いた。その後も彼とは定期的に会って取材し、2002年に台湾から帰任後も、時には電話を交えて、緊密に連絡を取り合った。

彭は台湾大学経済系を卒業後、金融機関勤務を経て「台湾運輸機械公司」に入った。2009年には亜東関係協会会長に就任したが、それは「表の顔」に過ぎない。李登輝側近として1994年から2000年にかけ、日米台3者の連携を強化するための諜報機関「明徳小組」の責任者の活動にこそ、彼の真骨頂がある。

「明徳小組」の秘密活動は2002年3月、台湾の週刊誌『壱週刊』と『中国時報』、香港紙『星島日報』がスクープした。活動目的について壱週刊は「軍・情報系統を通じてアメリカ、日本との実質的な関係、台米日三者をつなぐ秘密パイプをつくること」と書いた。

壱週刊によると、日本側メンバーには橋本龍太郎氏が首相退任(1998年7月)後に加わったほか、自衛隊「統合幕僚長」、内閣情報調査室長、公安調査庁および警視庁長官(経験者)など、軍・情報のトップクラスが入った。

活動の背景には、1995年の李登輝訪米から96年の総統選まで、中国軍が台湾周辺でミサイル演習を行い台湾海峡の緊張が高まったことにある。小組の秘密資金は35億台湾元(約1638億円)にも上る。

彭が担う日本各界の包摂の対象は、政界、官界にとどまらない。現代台湾研究でよく知られる元東京大学教授や、全国紙幹部などリベラル系を含む学界、言論界にも及ぶ。

150万円相当のお歳暮

壱週刊は「篭絡の手法」もあけすけに暴いている。李登輝は1999年12月、総統最後の歳暮を贈るため彭を日本に派遣。「お歳暮」代わりの商品券について「1人2000ドル(約30万円)。橋本元首相は1万ドル(約150万円)」だった、と暴露した。

元防衛事務次官の秋山昌広氏に関する記述は詳細だ。壱週刊は「台湾側が秋山氏の「日米安保、日台関係への貢献に感謝」し、「学位と経歴を取得することで将来『学者、専門家』の身分でふたたび協力」するため、「2年間の甘え理科・ハーバード大学留学の手配をし、その費用として10万ドル(1500万円)を援助した」とばらす。

秋山氏は実際1999年から2年間研究員としてハーバード大学に在籍した後、2004年には立教大学教授に就任した。資金援助について、メディア取材にノーコメントで通したが否定もしなかった。

一介のビジネスマンの彭が、なぜ政官界中枢に近づけたのか。彼の対日工作パイプは、日本外務省から台湾大学に留学し、大学で彭と知り合った後、駐中国大使を務めた大物外交官だった。

一方、アメリカ側のパイプはカート・キャンベル国務副長官、アーミテージ元国務副長官、ウルフォウィッツ元国防副長官ら、アメリカの歴代政権で対日政策を左右する「ジャパンハンドラー」の面々である。これは彭自身が、何度も筆者に語っている事実でもある。

では彼の工作はどんな成果を挙げたのか。

いくつか挙げると1995年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合に、台湾は李登輝出席を強力に働きかけた、湯曜明・元国防部長が2002年3月、国防部長の肩書で初訪米に成功した、Mの心臓病治療を目的にした2001年4月の初訪日を日本メディアと世論の支持をバックに実現し、その後8回の訪日の突破口にした、が挙げられる。

李登輝は対日工作と併行して、対大陸工作も同時に進める周到さを見せた。「明徳小組」の活動とほぼ同時期に、配下の曾永賢・元資政(総統最高顧問)を通じ、密使を北京に送り情報交換させている。

こちらのほうは「カネ」が物言わぬ世界だから、相互の安全保障のために情報交換が中心だった。

彭は漢民族集団の1つである「客家」だ。李登輝、臂平も「客家」だった。「複眼思考」の持ち主が多く、学者、政治家に多い。

彭は自分の出自について多くは語らなかった。しかし、興が乗ると多弁になる。こちらが問わないのに「最近台湾を初訪問したリベラル評論家は、愛人を連れてきた」などと、思わず真偽をただしたくなる裏話も明かした。

本業の「台湾運輸機械公司」は、アメリカのジェネラル・エレクトリックス(GE)や日立など重電機メーカーと協力関係にあり、「政商」と言ってもいいビジネスマンだった。同社は、建設が凍結中の台湾第4原子力発電所の原子炉の輸送を請け負い、日本の新幹線車両を導入した台湾新幹線事業にも絡んだことがある。

そんな彭がいつもの鷹揚な様子とは一転、パニくった様子をさらけ出したことがあった。「明徳小組」をスクープされた直後の2002年4月、彼が来日し定宿の帝国ホテルで会った。

いつもは本館2階の薄暗いバーで会うのに、この時は1階のレストランを所望し、出口が見渡せる奥の4人掛けテーブルに陣取った。

座るなり彼は周囲を見回しキョロキョロする。対日諜報工作の暴露で、日本の司直の手が回らないかと警戒したのだと思う。この時初めて見せた狼狽ぶりは今も鮮明に思い出す。

関係筋によると、彭は2023年7月新型コロナに感染し入院、その後連絡が途絶えたことから、台湾の病院で死去した可能性が高い。葬儀は家族だけで行ったという。

日米台の安保協力基礎作った

最後に彼の対日工作の成果を、別の角度から眺める。日本の各種世論調査では日本人の台湾好感度は75.9%に上るが、対中好感度は17・5%と対照的だ。台湾への高い好感度の理由は対中嫌悪の裏返しの要素が強い。

メディアは、2011年の東日本大震災で台湾から200億円の義援金が寄せられたこと。蔡英文政権が2019年、アジアで初めて同性婚を認める法律を施行し、コロナ禍ではオードリー・タン(唐鳳)デジタル発展相が果たした役割をみて、「台湾の民主化」というソフトパワーが好感度につながったとする報道が目立つ。

一方で、もう少し長い射程でみれば、明徳小組のダーティな諜報工作こそ、「台湾有事」シナリオに基づき、日米台3者の安保協力強化が進む政治状況の基礎を作ったと思う。

1972年の日台断交以来、「受け身」に徹してきた日本政府の台湾姿勢を「主体的関与」へ転換させ、防衛省の平服職員を「日台交流協会台北事務所」に常駐させるまでになった日台関係の現状をみれば彭も本望だろう。

これまで紹介したように、「民主化の父」という李登輝のクリーンイメージは、彭のダーティな諜報工作抜きには成立しなかったのは確かだ。

(岡田 充 : ジャーナリスト)