チーム3Dの参戦により、大阪の地が熱く燃え上がる!

10月6日(金)大阪府立体育会館で開催された『ハッスル19』。HGとニューリン様の合体に、敗者即M十字架はりつけマッチ、カイヤのプロレスデビュー第2戦、チーム3Dの参戦、KIDATA・ロー2006の登場と見所満載となった本大会。

第1ハッスルから、ハッスル仮面イエローが高田モンスター軍によって拉致されるという予想外の展開。続く第2ハッスルでは、KIDATA・ロー2006が登場。“ロー!ロー!KIDATA・ロー!”と得意のローキックを繰り出すも、Ericaに圧殺され完敗した。

更に第4ハッスルでは、『ハッスルエイド2006』でプロレスデビューを果たした、タレント・カイヤのデビュー第2戦が行われた。最愛の母・パトリシアさんの永眠で深い悲しみを背負っての闘いとなったカイヤは、試合でトレーニングの成果を随所に見せるも、最後はアン・ジョー司令長官の手によって屈辱の一敗地にまみれた。

メインハッスルでは、敗者即M十字架はりつけマッチと銘打たれた6人タッグ戦が行われ、小川直也、HG、ニューリン様組と川田利明、ソドム、ゴモラ組が激突。試合中、川田の手によって、ニューリン様がM十字架へとはりつけられる一幕もあり、場内は大興奮。それでも、試合はHGとニューリン様の合体技により、川田から3カウントを奪うことに成功。試合後には川田をM十字架へと張り付け、ハッスル軍がここぞとばかりに落書きや罵声を浴びせた。

しかし、本当のサプライズは試合後に待っていた。高田総統が登場するや、場内からは高田延彦の子供の出生届が認められたことを受けて「おめでとう」の声が沸き起こる。すると、この祝福に動揺した総統は「それはなしにしてくれ。リズムが狂うんだよ」と悪態をつくも、次の瞬間「おい、忘れちゃったよ。忘れちゃった」とセリフを忘れたことを堂々と告白。なんと、後ろを向いて、台本を読み直すという前代未聞の事態となるも、そんな総統を後押しするかの如く、場内からは大総統コールが巻き起こる。すっかり調子を崩した総統ではあったが、次回9日の名古屋大会では、エスペランサーのハッスルマニア降臨を懸けて、ハッスル軍との5vs5全面対決をぶち上げ、会場を後にした。

【フォトギャラリー】ニューリン様屈辱のM字張り付け!?


『ハッスル19』
メインハッスル・6人タッグマッチ
×川田利明
ソドム
ゴモラ
11分17秒
ニューM字固め
“キャプテン・ハッスル”小川直也
HG
ニューリン様○
セミハッスル・シングルマッチ
×坂田亘7分43秒
53才
天龍源一郎○
第4ハッスル・6人タッグマッチ
×カイヤ
TAJIRI
KUSHIDA
12分8秒
レフェリーストップ
アン・ジョー司令長官○
ジャイアント・バボ
ワイルド・ハカイヤー
第3ハッスル・タッグマッチ
ババ・レイ
○ディーボン
15分23秒
3D
田中将斗
金村キンタロー×
第2ハッスル・6人タッグマッチ
大谷普二郎
○Erica
マーガレット
7分40秒
空から乙女がふってきた!!
KIDATA・ロー2006×
ドクロンZ
モンスター℃
第1ハッスル・6人タッグマッチ
ハッスル仮面レッド
×ハッスル仮面ブルー
ハッスル仮面イエロー
7分56秒
モンスターボムpart.2
モンスター仮面パープル○
モンスター仮面ブラック
モンスター仮面ホワイト