お笑いコンビ・ANZEN漫才のあらぽんが2日に自身のアメブロを更新。娘の保育園から届いた“恐怖の通知”の内容を明かした。

【動画】薬を飲むのが楽しみに?段ボールで作ったアイテムに絶賛の声 

 9月30日のブログで、あらぽんは娘がインフルエンザに感染したことを報告。「毎年インフルエンザのワクチンを家族みんなで受けていた」と述べるも「今年はいつもよりほんとに流行りが早い ワクチン打つ前にかかりました」と説明。「6日目からは熱も下がり元気になってくれました」と娘の様子を明かし「完全復活までもう少し」とつづっていた。

 この日は「『恐怖の通知』」というタイトルでブログを更新し「やっと保育園にいけたーと思った」と娘が保育園に登園したことを報告するも「保育園からインフルエンザ感染者のお知らせがきて」と説明。「感染者が保護者含めて二桁超えてて」と明かし「まじ恐怖です」とコメントした。

 続けて「ワクチン予約しようと電話したら電話も繋がりにくい」といい「とりあえず最短でやっと家族全員分の予約完了」とインフルエンザのワクチン接種の予約を終えたことを報告。「毎年来て毎年流行り型が色々あり当たり前のように公式的に家隔離確定なのでほんとにやばい」とつづった。

 最後に「まじでこわい」と不安そうにコメント。「負けないで元気でいてくれ」と娘の写真とともにつづり、ブログを締めくくった。