プロデューサーとしても名をはせるつんく♂さんが、バンドマン時代に売れるために捨てた考えとは(写真:eugenesergeev/PIXTA)

シャ乱Qとして「シングルベッド」「ズルい女」などのミリオンセラーを連発、「モーニング娘。」のプロデューサーとしても「LOVEマシーン」が176万枚以上のセールスを記録し、「歴代作曲家シングル総売上ランキング」(2020年オリコン調べ)でも歴代5位にランクインしているつんく♂氏。

「ハロー!プロジェクト」をはじめ数々のヒットやプロデュースの成功から「天才」と評されることもあるつんく♂氏だが、「僕は『天才』ではなく『凡人』。でも、『凡人』だからこそ『天才』を凌駕できる、そこに『人生の突破口』がある」という。

つんく♂氏が「自分の中に眠れる才能を見つけ、劇的に伸ばす方法」をまとめた新刊『凡人が天才に勝つ方法』が遂に発売された。

「国民的エンターテインメントプロデューサー」として今でも第一線で活躍するつんく♂氏が「成功したい人が『捨てるべき』たった1つの考え」について解説する。

大阪発「凡バンドマン」のデビュー作戦

こんにちは。つんく♂です。僕はこれまで、モーニング娘。をはじめとするヴォーカルユニットや数々のアーティストのプロデュースを務め、たくさんの作品を生み出してきました

喉の病気をしたので、いまでは歌えませんが、現在は日々の作品づくりと、次世代のスターやクリエイターの応援に注力しています。


大阪でバンドを始めたアマチュア時代は、まだ学生でした。それから大阪で人気バンドになり、なんとかプロデビューできました。

今回は、そのとき僕らが、ただの地方バンドから、一歩抜け出して成功をつかむために実践したことについて、お話ししたいと思います。

アマチュア時代の僕らは、「自分たちはほかと違う、俺たちには才能がある」と思い込んでいました。

実際は、楽器やバンド練習もそこそこの、どこにでもいるような「凡バンドマン」だったんです。いま思えば、そんなヤツらが突然売れるわけがありません。

僕らがどんなにツッパっても、全国的に見ればファンも少ないし、技術もない。ライブハウスにも、テクニックあり系のバンドマンにも、見下されていました。

どうすれば、そんな状況を打破できるのか。僕らは考え抜いて、ある「ひとつの答え」にたどり着きました

大阪でのアマチュア時代に僕らが考え抜いてたどり着いた答えは、「バンド活動は結局、ビジネスだよね」ということ。

「僕らレベルのバンドでも、ファンがたくさんいて、ライブハウスの動員力があれば、誰も文句は言わんだろう!」と開き直ったんです。

「一発逆転を妄想する」のをやめた

そこからはとにかく「動員力を上げること」を最優先しようと決めました。

大阪のアマチュア界でいちばんの動員力を目指すこと」を目標にしました。そして「動員力が大阪でいちばんになるまで、コンテストやオーディションは受けないことにしよう」と決めたんです。

そうしないと、どこかで「一発逆転」を考えて努力しなくなるからです。「人気がなくても、コンテストで上位に入ってレコード会社から声がかかって即デビュー!」みたいな、甘いことを夢見てしまうからです。

そこで実行したのが、次のようなことです。

【どこにでもいるようなバンドがやった「売れるため」の努力】

.丱鵐匹寮訶船船薀靴鮗分たちでデザインして配りまくる(いまで言う「SNSでの告知」

曲だけでなく「人となり」をわかってもらうために、ラジオのような「トーク」も録音したカセットテープも無料配布する(いまで言う「YouTubeチャンネル」

チラシやテープを配るときは、「声かけ」をして興味をもってもらう(数メートル先で捨てられないように)

このように、天才が絶対にやらないようなことを地道にやるしかありませんでした。

「声かけ」について補足すると、チラシを配る場所と相手を選ぶことで、結果が変わることに気づいたんです。

当時の僕らは、毎月1万枚のチラシを刷っていました。

ちゃんとした町の印刷屋さんに依頼していたので、毎月数万円の費用がかかります。貧乏学生だった僕らにとっては死活問題でした。

チラシを配るなら、大阪なら梅田や難波、天王寺といった、人が多く、ターゲット層である女子中高生たちがうじゃうじゃいる繁華街が王道でしょう。ただやってみると、チラシを受け取ってもらえても、ライブの動員にまったくつながらなかったんです。

感覚的に、1000枚配っても次のライブ動員につながるのは0.1%程度。いや、ひとりでも来てくれたら御の字でした。

音楽に興味がない人にいくらチラシを配っても、効果はゼロに等しいということを知ったのです。

「配る場所」を変えると、「手応え」を感じた

効果があったのは、ライブ会場や楽屋の入り口付近に集まる、ほかのバンド目当てのファンたちへの「声かけ」です。

つまり、どうせ声をかけるなら「音楽、とくにバンドのライブに興味がある人」にしようと的を絞ったのです。

無差別に1万人にチラシを撒くよりも、音楽に興味のある人が集まるライブハウスの前で100人にチラシを配ったほうが、リターンが多くあることに気づいたわけです。

100枚配って1〜3人くらいですが、はっきりとした「手応え」を感じました。

そして、ライブ会場まわりの「声かけ」を含めたチラシ配りにシフトチェンジしたところ、だんだんライブの動員数も増えていきました

このように、「凡バンドマン」なりに「何をすればいいのか」を必死で考え、試行錯誤した結果、効率よく結果につながる方法にたどり着いたのです。

「天才」や「テクニックのあるバンドマンたち」には到底敵わなかった僕らが重要視したのは、「いつかこの才能を見出してもらえるだろう」と受け身の夢をもつよりも、「目の前の課題」(このときでいえば、動員力をつけること)に真っ直ぐ取り組むことだったのです。

でも、自信がなければ、チラシを配りつづけたり、いきなり声をかけたりすることなんてできませんよね。僕らも「俺たち、ほんまはすごいんやで!」という自信があったからできたんです。

行動の原動力は「根拠なき自信」

以前の記事「『凡人』が思いがちな勘違い『天才』との決定的な差」では、「自分は天才でも何でもなく、凡人だということを認める」ことから始めましょう、とお話ししました。

だからといって、「自分は凡人だから何もできない」と考えてはいけません。時には凡人なりの「思い込み」が必要なのです。

凡人が「その他大勢の凡人軍団」をごぼう抜きするために、僕が大事だと思うのは「根拠なき自信」です。実績(動員数など)を積み上げていくことが「本当の自信」となっていくことを知りました。

こうして動員力をつけた僕らは、大阪のアマチュア界において、知名度も上がり、ライブハウスからも一目置かれる存在になりました。

きっと、演奏の実力でいえば僕らと同じくらい、いや、それ以上のバンドはいくらでもいたでしょう。

行動すれば、チャンスは誰にでもあるのです。

「一発逆転」を夢見るのをやめ、でも「根拠なき自信」を捨てず、地道な行動を積み重ねていけば、みなさんにも、きっと道がひらけると思います。

(つんく♂ : 総合エンターテインメントプロデューサー)