宗教2世問題が広く知られるようになった昨今、新たな弊害も……(写真:C-geo/PIXTA)

2022年7月8日の安倍晋三元首相殺害事件に端を発し、統一教会による長期的な多くの人権侵害の実態が明らかにされることとなった。そして、その延長線上で広く知られるようになったのが「宗教2世」問題である。

はたして、宗教2世とはなにか?

同語を文字どおり定義すれば「宗教的な信仰をもつ家族のもとで育った者」となるだろう。しかし現状この単語は、いわゆるカルト教団の家に生まれ育った者という意味で使われる傾向にある。そういった目を向けられている象徴的な存在が、統一教会2世である。(281ページより)

統一教会問題をさまざまな角度から検証した『これだけは知っておきたい 統一教会問題』(島薗 進 編、東洋経済新報社)においてそう述べているのは、自身が創価学会2世である正木伸城氏だ。

「宗教2世」の苦悩

自身がそのような立場にあるからこそ、統一教会2世の苦悩は理解できるという。ただしその一方、現在の「宗教2世」という言葉の使われ方には危惧も抱いているのだそうだ。

この単語は現2世たちの心をときに救い、彼らが声を上げる際の拠り所になっているものの、その用法の曖昧さや多義性から、新たな2世にとっての生きづらさも一部で生んでいるというのだ。だとすれば、それを見逃してしまうと宗教2世問題の議論の発展性を削いでしまうことにもなりかねない。

専門家や当事者の中には、被害者だけでなく、たとえば「生きづらさ」を感じている2世をも包摂して丁寧に議論を展開している人がいる。そういった議論は今後につながる可能性に開かれている。その上で私が気にしているのは、今般、流行のように新たに現れた宗教2世の語りが、特にメディア発信のものやSNSなどから看取できる一般の語りを中心に、はなはだ被害者に寄る形でなされている点である。これを「被害者にのみ焦点を当てた宗教2世言説」と呼ぶなら、その問題点を私は指摘したい。(283ページより)

私たちは今後、議論をどう展開させていくべきなのだろうか? この問いに対して、正木氏は3つのポイントを挙げている。ひとつひとつを確認してみることにしよう。

虐待レベルの被害とそれ以外の被害を分け、前者について、まずは社会としてしっかり救済対応をしていく

この点に関して見逃してはならないのが、宗教2世の被害のなかには虐待レベルのものが含まれるという事実だ。したがって、それらに対してはさまざまな施策や法律に照らした処置で即応すべきなのである。

たとえば、信仰を押しつける親が子どもに対して日常的に暴力をふるっていたら、それが宗教由来かどうかという話を抜きにして保護の検討を進めたい。(290ページより)

2世の置かれている状況はさまざま

そうしたうえで、“虐待とまではいえない2世の被害”についてはまた別の対応が必要になってくるだろう。そこで出てくるのが、2つ目のポイントだ。


虐待レベルの被害と虐待レベルにまで至らない被害の両方についてより多くの声を集め、個人レベルと教団レベルの視点でそれらを見ていきながら、救済対応をとる

ここで正木氏は、「被害者にのみ焦点を当てた宗教2世原説」が周縁化された宗教2世を生む原因は、個々人や教団ごとに違うはずの信仰状況などを無視し、ひとくくりにしてしまうところにあったと指摘している。したがって、まずは2世が置かれている状況の多様さを知る必要があるのだ。

それを実践するうえで参照すべき調査として、ここでは昨年発表された荻上チキ編著『宗教2世』に掲載されている社会調査支援機構チキラボの「1131人実態把握調査レポート」が紹介されている。(「周縁化された宗教2世」について、同書ではタサヤマ氏の論稿「宗教2世を宗教被害者としてのみ論じることの問題について〜荻上チキ編著『宗教2世』書評〜」および同「「宗教2世」に対する同化アプローチと調整アプローチ――荻上チキ編『宗教2世』書評への再応答に代えて」も参照している)

【2023年9月29日15時35分追記】出典について追加しました。

とくに注目すべきが自由記述の回答で、そのなかには宗教由来の被害を訴えるものから、現在も信仰に対して肯定的だという意見もあるようだ。いくつかをピックアップしてみよう。

信仰を軽んじて、奉仕や集会に参加しないなら死ぬ、と言われた。体罰がひどくて、殺されそうになったことも何度もある。いつもハルマゲドンへの恐怖に縛られていた。親が包丁を持っている姿を想像するように言われ、殺してでも連れて行くと言われた。(荻上チキ、2022年、62頁)

集会や布教に行きたくないと言うと、お尻を出して電気コードで何十回も叩かれました。皮膚が裂けました。親は、宗教活動をしないと本当に世界の終わりに滅ぼされるという教団の教えを信じていたので、これも親の愛なんだと思うように仕向けられていました。(同頁)(以上、291ページより)

これらは身体的虐待と判断することができるだろうが、一方では次のような声もあったという。

行きたくないが、あとでなんやかんや言われるほうが面倒くさいから行っておこう、と思っていた。そして行かなかったら、不幸なことが起こったときに自分を責めてしまうと思ったので参加していた。(同書60頁)

こちらは虐待レベルとはいえなさそうだが、それでも本人が(虐待とまではいかないにしても)被害と認識している可能性はある。

献金の額などは詳しく知らされていなかったが、離婚する父が、母が僕の大学進学のために貯めていた資金を、教団にすべて喜捨したことに怒鳴った姿を覚えている。僕自身は貧しい子ども時代を過ごし、高校を中退して働き始めたのであまり実感はないが、もし母が入信していなければ、違った人生もあったかなと思う。(同書67頁)(以上292ページより)

「生きづらさ」を感じている2世

強い口調ではないものの、「もし母が入信していなければ、違った人生もあったかなと思う」という部分からは悔しさを感じ取ることもできる。

だがいずれにせよ、各人の訴えはこのようにさまざまだ。しかし、そこに被害があるのであれば、その個別性に注目し、その被害が虐待レベルなのかを見ていく必要はあるだろう。その点を踏まえたうえで、正木氏は次のように述べている。

それを確かめるには、やはり個々の被害を「宗教2世」という大文字の主語で括って見ずに、個別に、丁寧に吟味することである。そして、虐待レベルの被害には即応し、それと並行して、虐待レベルの被害とそれ以外の声の両方を集めて実態をきめ細やかに把握できるようにすべきである。被害とまではいかなくても「生きづらさ」を感じている2世をも含み込む形で彼らの救済を推進すべきだ。(293ページより)

さて、次は宗教2世の議論を発展的にしていくためのポイント3つ目である。

「被害者にのみ焦点を当てた宗教2世原説」に周縁化された宗教2世を、また、より多様な宗教2世を包摂し、宗教2世を社会問題として順次アップデートしていく

当然ながら、すべての宗教が逸脱しているわけではなく、なかにはまともなものも少なくはない。だが、そうした宗教までもが昨今の2世語りによって偏見にさらされるからこそ、周縁化された宗教2世が生まれているのだ。

だとすれば、そうした事実を広く知らせることにより、「被害だけを強調することの危うさ」を社会に訴えることができるだろう。そうすれば、宗教2世に対する議論や世論をより包摂的なものにすることができるわけだ。

そこで必要になるのが、周縁化された宗教2世の声を集める営みなのだ。
それを行った上で、収集された声をもとに2世の被害を社会問題としてアップデートしていけば、被害を受けた宗教2世に対する社会的ケアへの接続も、よりスムーズなものになるかもしれない。(299ページより)

なお興味深いのは、正木氏がこの問題をLGBTの権利運動とひもづけている点である。

ご存じのようにLGBT、すなわち性的マイノリティは長らく、それどころか現在進行形で差別や偏見にさらされてきた。彼ら、彼女らが自分たちを取り巻く社会の状況を変え、差別や偏見をなくすべくアクティブな活動を開始したのはここ十数年、あるいは最近のこと。LGBTの人たちは、そうやって市民権・公民権を獲得していったのである。

そして、LGBTの運動に発展性や永続性が出てきている理由をうかがわせる話として、正木氏はジェフリー・ウィークスが『われら勝ち得し世界』で行った指摘を挙げている。

彼は、ゲイ解放運動の特徴を述べる文脈において、同性愛が社会的構築によるものであり、その論理的帰結として異性愛の社会的構築を論じる理論が現れたと語った(同書144頁)。これは、同性愛の問題が社会的につくられたものであるのと同じように、異性愛こそが「ふつう」であるという理解も社会的につくられた物語なのだとの主張が現れたという話である。(305ページより)

宗教2世問題も広い視野で受け止める必要がある

ゲイ解放運動は、異性愛こそがあたり前なのだというマジョリティの「ふつう」という感覚や、それを前提とした家族観、制度的性格が同性愛を抑圧してきたことを告発した。マジョリティ側の無意識的な「ふつう」の押しつけが、マイノリティを苦しめてきたわけだ。しかし、それは変えることができるのである。

この考え方は、LGBTの運動の包摂力を高める要因のひとつになったと正木氏は見ているようだ。なぜなら上記のような主張は、異性愛/同性愛という二分法すらも歴史的につくられたものであるという結論を必然的に導き出すからである。

そうなれば、セクシュアリティはもはや同性愛・異性愛だけでは語れなくなる。新たなセクシュアリティが認知されれば、その人たちも含めて議論しようという話になる。Xジェンダーが認知されればXジェンダーが加わるのだ。今後も新しい立場が認知されれば、その都度、新たな人たちは包摂されていくだろう。
同じことは宗教2世をめぐる運動でも起こすことができると思う。なぜなら、宗教2世が受けている被害にも、「親や家族からの加害」の他に「社会からの加害」が影響しているからである。(306ページより)

極論だと感じるだろうか? 少なくとも私はそうは思わない。それどころか、きわめて建設的な主張だと強く感じる。なんについてもあてはまることだが、物事はそれを捉える角度によって見え方が違ってくる。LGBT問題がそうであるように、宗教2世問題についてもまた、私たちはそれをさまざまな角度から捉え、広い視野で受け止める必要があるのだ。

(印南 敦史 : 作家、書評家)