鈴木愛理、℃-uteやBuono!で推された経験が役への“良い影響”に「ファンの方々がお芝居に参考になりました」

写真拡大

鈴木愛理が主演を務める新ドラマ『推しが上司になりまして』(テレビ東京系、10月4日スタート、毎週水曜24:30〜)の記者会見が、同局にて開催。鈴木をはじめ、片寄涼太(GENERATIONS)、高野洸、稲田美紀(紅しょうが)、カルマが出席し、ドラマの見どころを語った。

各電子書店で好評配信中の漫画・森永いと、原作・東ゆきによる同名作を原作とした本ドラマ。人生のどん底にいた主人公がひょんなことから出会った、光り輝く<2.5次元の舞台俳優>と恋に落ちるジェットコースター・ラブコメだ。鈴木は主人公・中条瞳役と、瞳の分身となる“小天使”の二役を。片寄が舞台俳優・桐生斗真であり、瞳の上司・高城修一役を演じる。

ハロー!プロジェクトに在籍し、かつてアイドルグループ・℃-ute、Buono!のメンバーとして活動していた鈴木。“推される側”だった自身が、ドラマで“推す側”を演じることとなり「瞳ちゃんとと逆の立場ですけど、推される側としての経験が瞳ちゃんに良い影響をもたらせながら演じられたら良いなと思っていました。私がオンステージしている状態から見てきたファンの方々がお芝居の参考になりました(笑)。見ている方に、オタクとしてリアリティを認めてもらえたら嬉しいです」と、これまでの活動が役柄に活かされていると明かす。

そんな鈴木の演技を見て、片寄は「僕演じる“推し”がいる時の瞳と、推しがいない時の瞳のギャップの幅を楽しんでもらえると。見ている方は“これわかるなぁ!”と感情移入できるのではないかと思います」と推しがいる人は共感できると語る。

瞳の部屋も、スタッフが「2.5次元が好きな人の部屋」を調べ尽くした上でセットが組まれたようで、この日は実際にセット内で使用している桐生斗真のアクリルスタンド、スタンドパネル、舞台のポスター、クッションが登場。

片寄は、鈴木が撮影でそんなグッズに囲まれすぎて「胸やけしないか心配でした」と不安だったと明かす。しかし、鈴木は気にせず楽しく撮影していたようで「これはごく一部で、まだまだたくさんグッズが出てきますので、そこにも注目してもらえれば」と見どころをアピールした。

また、役に共感できる部分を聞かれると「“℃-uteが解散した時ってファンの方はこういう感情だったんだ!”というのを感じられるシーンがあって。それが果てしなく苦しくて、ファンの方って何があっても次の日に会社があったりするじゃないですか。よくSNSに“生きてるだけで偉い”って言葉が上がりますけど、あれって本当だって思いました」と、ファンの辛さを実感するシーンがあったと語った鈴木。最後に「“推しのいる生活”が定着してきている今だからこそ、週に1回、推しに思いを寄せながら妄想できるような深夜になれば良いなと思いました。楽曲もドラマに寄り添ったものになっているので、推しって素晴らしいと伝えられる時間になると思います。皆さんの推しのいる生活がより華やかになれば良いな」とメッセージを送っていた。