私たちは世界を変えることができるのか。

そんな問いとともに始まった『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)がついに終わりを迎えた。ほんの少しだけ変わった世界を、その問いの答えにして。

星崎は、モンスターでもジョーカーでもなかった

1周目の卒業式の日に、九条里奈(松岡茉優)を突き落とした犯人は、星崎護(奥平大兼)だった。退屈な日常を変えてくれなかった。その絶望から、里奈を突き落とした後、自らも命を絶とうとした。

でも2周目は違う。退屈な日常を里奈はどんどん変えていった。周りの生徒たちも里奈の言葉に突き動かされ、どんどん変わっていった。なのに、自分はまったく変われなかった。ずっと世界は白黒だった。世界が変わらないのは、他人のせいじゃない。自分が変わらないからだ。そして、変わらない自分に絶望して、再び最悪のルートを選ぼうとした。

星崎が犯人であることも、星崎の人格に何かしらの欠落があることも、大方の視聴者の予想通りではあった。

だが、大きく違ったのは、星崎は人の痛みがわからないがために無自覚に人を傷つけるような人物ではなかった。退屈な日常を塗り替えるような面白いことを求めて事件を起こす利己的な人間でもなかった。

むしろ星崎は苦しんでいた、自分の心が動かないことを。何も感じない自分に絶望していた。そんな自分を変えたくて、もがいていた。東風谷葵(當真あみ)に浜岡修吾(青木柚)の動画を見せたのも、混乱を招きたかったからじゃない。自分にも何かができると思いたかった。誰かを変えられると信じたかった。星崎は私利私欲のために周囲を引っかき回すモンスターでも不幸を引き起こすジョーカーでもなかったのだ。

でも、悪意から来るものではないからこそ余計に闇が深い。悪意なら、正せる。光の射す方向を示せる。でも、星崎は悪意の塊ではない。彼にあるのは、空洞だ。何も響かない、何も映さない、空っぽの自分。異物である自分自身に強い疎外感を抱いていた。生まれてこなければ良かったと思うほどに自分を責めていた。

だから、飛び降りた。卒業の日、子どもたちが見ているものは、光り輝く未来だけではない。私たちはどこへでも行けるという自由だけではない。

教室という「行かなければいけない場所」を失った瞬間、どこへ行ったらいいのかわからなくなる者もいる。生徒という役割を没収された瞬間、自分を証明できなくなる者もいる。目の前に広がる無限の未来が、光ではなく闇にしか見えない者もいる。きっと星崎もそうだったんじゃないだろうか。だから、卒業式の日にすべてを決行した。いつだって誰かの希望は、誰かの絶望と隣り合わせなのだ。

あの場に蓮が真っ先に駆けつけた理由

渡り廊下から落ちかけた星崎を救ったのは、その場に駆けつけた九条蓮(松下洸平)だった。この作品が学園ドラマである以上、本来ならばこの役割を担うのは生徒か、少なくとも学校関係者である方が望ましい。これまでの展開を見てきても、蓮はあくまで物語の本筋から少し離れた場所で里奈を見守る立場。生徒たちに強い影響を与えることはなかった。

にもかかわらず、最終話で蓮の存在が大きくフィーチャーされた。あのとき、あの場に真っ先に駆けつけたのは、なぜ相楽琉偉(加藤清史郎)でも西野美月(茅島みずき)でもなく、蓮だったのか。少し違和感があった。

でも、あの役割をまっとうするのは蓮でなければならなかった。なぜなら、星崎は知らなければいけなかったからだ。人は、ひとりではないことを。誰かのために生きるということを。

「俺と一緒に死んでくんない?」という星崎の懇願を、里奈はきっぱりと断った。「私は死にたくない」と里奈が決然と言い放ったとき、星崎は里奈と自分の間に線を引いたんだと思う。この人は、こちら側ではないという現実。結局、この人もまた自分を救ってくれる存在ではなかったという失望。どうしようもなくわかり合えない悲しみ。