畑芽育が主演を務める『最高の生徒 〜余命1年のラストダンス〜』(日本テレビ、毎週土曜14:30〜※一部、変更の場合あり/※関東ローカル)の最終話が、9月23日に放送。ネット上では、伴ひかり(畑)の最後のダンスに多くのコメントが集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

ひかりが亡くなった。彼女の葬式では、藤原大志(山下幸輝)、二色愛未(志田こはく)​​、美山志乃(齊藤なぎさ)​​、木下幹太(杢代和人)、加賀凛(菊地姫奈)、鍋島聖衣良(みとゆな)​​​​​​が友人代表として弔辞を述べることになった。

藤原は笑顔で見送ることを胸に「ひかりにもらったこの時間、この瞬間を大事に、精一杯、一生懸命、心をこめて真っ直ぐにひかりに届けます」と宣言。

「また毎日電話したいな。今日あったみんなのこととか、嬉しかった話とか、愚痴とか、会えなくて寂しいとか、そんな他愛もない話をダラダラとして……」「ずっとひかりの隣にいて、笑えるだけでいい。ただ本当にそれだけでいい。だから、また電話するね」などと伝えた。彼に続き、志乃​​らも思いを伝えた。

ひかりの「みんなとサヨナラする前にノート」に書かれていた未達成の「みんなと、もう一度おどりたい」を叶えるため、藤原が立ち上がる。メンバーに「ひかりのやり残したこと。みんなで叶えよう」と提案し、体育館へ。安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」に乗せて踊り出すと、メンバーの前にひかりが現れて……。

ネット上では、ひかりを含めたラストダンスに「最高でした」「めちゃくちゃ泣いた」「涙なしには見られない」とのコメントがあった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話〜最新話、予告編が配信中。