中山8R・トモジャミと小林美駒騎手 (C)vege

写真拡大

 24日、中山競馬場で行われた8R・3歳上1勝クラス(ダ1200m)は、小林美駒騎乗の2番人気、トモジャミ(牝3・美浦・鈴木伸尋)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にグラスシフォン(牝3・美浦・松山将樹)、3着にピカリエ(牝4・美浦・金成貴史)が入った。勝ちタイムは1:11.4(稍重)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、シュバルツガイスト(牡3・美浦・国枝栄)は、5着敗退。

【新馬/中山5R】キズナ産駒 シュバルツクーゲルがデビューV…断然人気カニキュルは2着JRA・7勝目

 小林美駒騎乗の2番人気、トモジャミが快勝して、同騎手はJRA・7勝目をマークした。レースでは激しい先行争いを見るように7番手外目からじっくり進めていくと、勝負どころでは勢いよく外目から進出。手応え良くグングン上がっていき、直線で鮮やかに末脚が弾けた。余力十分の走りで2着以下に1馬身1/4差をつける完勝だった。

トモジャミ 10戦2勝
(牝3・美浦・鈴木伸尋)
父:ヘニーヒューズ
母:ヤマノローラ
母父:スペシャルウィーク
馬主:吉冨学
生産者:佐藤牧場