前田大然がリビングストン戦で今季初ゴール【写真:徳原聾機

写真拡大

今季初ゴールをマーク

 スコットランド1部セルティックは9月23日、リーグ第6節リビングストン戦で3-0の勝利を収めた。

 FW古橋亨梧、MF旗手怜央、FW前田大然が揃って先発。旗手がPKで先制点を、前田がチーム3点目を挙げて勝利に貢献した。そのなかで、前田が挙げたゴールに注目が集まっている。

 前半14分、旗手のPKでセルティックが先制。だが同28分にGKジョー・ハートが一発退場となり、10人で残り時間を戦わないといけなくなった。それでも後半3分に追加点を挙げると、試合終了間際に前田がダメを押す。クリアボールを前線で拾うと、相手DFと五分五分の状況からスピードで競り勝ち、切り返して左足を一閃。強烈なミドルシュートが突き刺さって、今季初ゴールをマークした。

 この一撃にファンからは「逆足でこれは普通にすごい」「アセンシオクラスに上手い」「素晴らしい切り返しからの完璧なシュート」「一番難しいの決める」「完璧に自力でこじ開けたゴール」「前田じゃ無かったらゴールにはならない」と称賛と驚きの声が寄せられた。

 ここからまだまだ前田の活躍が期待される。(FOOTBALL ZONE編集部)