シンガポール航空は、東南アジアやロサンゼルスなど8都市行きを対象とした特別運賃を、9月26日から29日まで販売する。

東京/成田・東京/羽田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡発着シンガポール・ロサンゼルス・クアラルンプール・ペナン・バンコク・プーケット・デンパサール・マレ行きが対象となる。

割引率はシンガポール行きのビジネス・プレミアムエコノミークラスが30%、シンガポール行きのエコノミークラスが25%、ロサンゼルス行きのビジネス・プレミアムエコノミークラスが20%、それ以外が15%。マスターカードでの支払いでは5%追加となる。設定路線と往復最低運賃は以下の通り。いずれも燃油サーチャージや諸税が含まれた総額運賃となる。

・東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡発着(エコノミークラス/プレミアムエコノミークラス/ビジネスクラスの順)

シンガポール(52,810円/108,240円/169,310円)、東南アジア(49,440円/-/166,240円)、マレ(84,330円/-/223,470円)

・東京/成田発着

ロサンゼルス(-/201,700円/427,900円)

対象となる予約クラスは、ビジネスクラスが「D」、プレミアムエコノミークラスが「L」、エコノミークラスが「V・K」。搭乗期間は2024年1月15日から7月12日出発分まで。