「FCオーナー」という働き方を選んだワケは? 4割以上が「収入上った」「経営サポートあるから」

写真拡大

フランチャイズのオーナーとして働いている人に、フランチャイズに加盟した理由を聞いたところ、「経営サポートがあるから」「未経験の業種にチャレンジしたかったから」「失敗のリスクが少ないと思ったから」がトップ3だった。

クルマ買い取り専門のハッピーカーズ(神奈川県鎌倉市)が「フランチャイズオーナーの働き方」に関する調査を実施。2023年9月5日に発表した。また、4割以上のオーナーが「収入が上がった」と答えていた。

FCといえば...事業の約半数が「飲食業界」

調査では、実際にフランチャイズに加盟しているオーナーたちがどのような事業を行い、どのような働き方をしているのかを聞いた。

まず、「フランチャイズ運営を行っている事業の業界を教えてください」(複数回答)との問いに、「飲食業界」と答えた人が48.0%で最も多かった。「飲食業界」はフランチャイズを始めるにあたってのハードルが比較的低いのかもしれない。【図1参照】

次いで、「サービス業界」が44.7%)、「小売業」の18.0%が続いた。

では、「どのような理由でフランチャイズを始めたのか」(複数回答)を聞いたところ、「経営サポートがあるから」と答えた人が40.6%で最も多かった。約4割のオーナーが、「経営サポートがある」ことに魅力を感じているようだ。

次いで「未経験の業種にチャレンジしたかったから」が36.7%で続いたほか、「失敗のリスクが少ないと思ったから」(25.4%)や「安定した収入が得られると思ったから」(24.8%)、「知名度やブランド力があるから」(21.7%)といった理由が並んだ。「開業まで時間がかからないから」(12.6%)との理由もあった。

また、「現在のフランチャイズ運営について、当てはまるのはどれですか?」との問いに、FC本部が商標や商品、販売方法を提供する「ビジネス・フォーマット型」と答えたオーナーが65.1%で最も多かった。

次いで「ターンキー型」(FC本部の事業者が加盟希望者のために店舗や事業所にまつわるすべてを決定し、開業できる状態に店舗を用意するタイプ)が26.9%、「コンバージョン型」(本部がビジネスの販路拡大のため、同業者を加盟の対象とするフランチャイズ・システムのこと)が8.0%と続いた。

6割超のオーナーが「ビジネス・フォーマット型」と回答したことから、土地や物件探しは得意な人、また開業場所にこだわりがある人が多いのかもしれない。

フランチャイズ加盟前と比べて「収入が増えた」人は46.7%!

次に、「現在のフランチャイズに加盟する前について、最も当てはまるものを教えてください」と聞いたところ、「個人事業主としてフランチャイズに加盟せず、現在の事業を行っていた」と答えた人が32.5%で最も多く、次いで「個人事業主として別のフランチャイズに加盟していた」が32.4%だった。

「会社員として働いていた」と答えた人は20.3%、「個人事業主として現在とは別の事業を行っていた」という人も13.5%と続いた。

「個人事業主としてフランチャイズに加盟せず、現在の事業を行っていた」と答えたオーナーが最も多くいたことから、過去に経営がうまくいかなかった人も少なくなかったのかもしれない。

では、気になるフランチャイズ加盟前後で収入は、どのくらい変わったのだろう――。

「フランチャイズ加盟前後であなたの収入は変わりましたか?」と質問したところ、「上がった」と答えた人は46.7%、「変わらない」は44.5%、「下がった」という人は8.8%という結果になった。

ハッピーカーズは、

「『上がった』と答えた人が最も多くいたことから、経営面のことについてサポートを受けた人もいるのかもしれません」

とみている。

次に、現在の月収について聞いたところ、最も多かったのは「50〜100万円未満」で31.6%、次いで「30〜50万円未満」が21.3%、「100〜300万円未満」が17.6%で続いた。

「30万円未満」と答えた人が9.1%だったのに対して、「300〜500万円未満」が7.1%、「500〜1000万円未満」は5.8%だった。「1000万円以上」という人も7.5%と、一定数いることがわかった。【図2参照】

仕事とプライベート、7割超が「両立が図れている」

調査では、フランチャイズに加盟して働いたとき、仕事とプライベートは両立はできるかどうかについても聞いた。

「フランチャイズ加盟によって、あなたの自由になる時間は変わりましたか?」との問いに、「自由な時間が増えた」と答えた人は17.4%、「自由な時間は多少増えた」は29.4%で、「増えた」と答えた人は、じつに46.8%にのぼった。

「特に変わらない」という人は26.9%。「自由な時間は多少減った」(16.6%)と「自由な時間は減った」(9.7%)を合わせた「自由な時間が減った」という人は26.3%だった。

「仕事とプライベートの両立は図れていると思いますか?」との問いでは、「とても(図れていると)思う」と答えた人は25.3%、「まあ思う」は45.9%で、合わせて71.2%もの人が「仕事とプライベートの両立は図れている」と答えていたことがわかった。「あまり思わない」という人は23.3%、「まったく思わない」も5.5%いた。

また、「独立や起業にあたって重視したことを教えてください」(複数回答)と聞いたところ、「自分のペースで働ける」と答えた人が38.3%で最も多かった。次いで、「自分のアイデアや考えを実現できる」が35.5%、「自分の裁量で仕事ができる」が33.6%、「安定した収入が得られる」という人が32.2%で続いた。「多額の収入を得られる」という人も19.7%いた。

さらに、「独立や起業をして、実際に実現できたと思うことを教えてください」(複数回答)と聞いたところ、「自分のペースで働ける」と答えた人が最も多く、33.0%にのぼった。次いで、「自分の裁量で仕事ができる」が29.2%、「自分のアイデアや考えを実現できる」が26.6%、「安定した収入が得られる」の26.2%、「多額の収入を得られる」という人の19.5%と続いた。

フランチャイズに加盟して働くことで、自分自身のペースで働けている人が多いようすがうかがえる。

なお、調査はフランチャイズのオーナーであると回答したモニター、1015人を対象に、2023年8月8日〜10日に実施した。調査方法は、リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「RRP」によるインターネット調査。モニター提供元は、ゼネラルリサーチ。