CBS MarketWatchによると、26日の米株式市場で、米インターネット大手ヤフーは住宅市場の停滞から広告収入への悪影響が懸念され、前日比約1%安の25.05ドルに急落して引けた。ヤフーは昨年12月に買収したソーシャルブックマーキングのサイト「デリシャス」(del.icio.us)の効果により、この9カ月間で、同サイトの利用者数が3倍増の100万人以上になったと発表したが、RBCキャピタル・マーケットの調査リポートを手がかりに売り物に押された。

  一方、オンライン競売大手イーベイは、ゴールドマン・サックスがイーベイの第3四半期の業績予想を14億5000万ドル(約1700億円)と1000万ドル上方修正したことが買いを誘い、前日比5.5%高の27.67ドルと急伸した。検索最大手のグーグルも書籍検索の事業にスペインのコンプルテンセ大学(マドリード)が参加することが材料となり、値を上げた。終値は同0.7%高の406.87ドルだった。【了】

関連記事:
米ヤフー、広告収入鈍化でQ3業績に影響も=株価は10%強急落(9月20日)
米グーグル、著作権切れ書籍の無料ダウンロード・サービスを計画(8月30日)
米イーベイ、Q2最終益は新会計基準で14%減=自社株買いで株価上昇(7月20日)
米ヤフー、ウェブ上で情報を保存・管理するデリシャスを買収(2005年12月12日)