『週刊プレイボーイ』に水着グラビアで登場したロジャース歌乃

写真拡大 (全3枚)


『週刊プレイボーイ』に水着グラビアで登場したロジャース歌乃

クリエイティブクルー「bala」のメンバーで青山学院大学に通う現役女子大生のロジャース歌乃が、9月11日(月)発売『週刊プレイボーイ39・40号』のグラビアに登場。フォロワー数36万人のTikTokでも話題のハーフ美女。

【写真】ロジャース歌乃のグラビア

* * *

■クリエイティブクルー「bala」のメンバー 

――まずは、初めましての読者も多いと思うので簡単に自己紹介してください。

歌乃 ロジャース歌乃、21歳です。今は青山学院大学に通いながらモデルをしたり、balaっていう、クリエイティブクルーって私たちは呼んでいるんですけど、その中でクリエイター(アーティスト)と一緒に活動しています。

――マルチクリエイターみたいな感じ?

歌乃 歌を出すときに、ジャケ写のデザインをしたり、その中で使用するCGやムービーも自分たちで作っているんです。

――事務所に入る前から10万人くらいTikTokのフォロワーがいて、今の事務所のマネジャーさんがスカウトしたんだってね。

歌乃 たまたま仲良くしているコが事務所に所属していて、その縁もあってみたいな感じです。

――日本とオーストラリアのダブルでバイリンガル。オーストラリアには住んでたの?

歌乃 生まれは日本で、オーストラリアには小さい頃に半年だけ住んでいただけなので、ほとんど記憶はないんです。語学はカナダに1年間留学して勉強しました。

――今、キャンパスライフを満喫中?

歌乃 今、本当は3年生のはずが2年生なんですけど(笑)、授業の空きコマの間で友達と新大久保に行ってランチできたりするのは楽しいです。

――ゲーム実況とかもしてるんだって?

歌乃 Twitchっていうゲームの配信プラットフォームがあって、そこでやってます。ゲームはヘタなんですけどすごく好きで、配信を始めると5〜6時間やってしまうんです。

昨日も『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』をやっていて、やっとの思いでラスボスに勝ったと思ったら、なんとラスボスでなかったという(笑)。

――配信しながらおしゃべりもしてるの?

歌乃 はい。ファンの方のお話を聞いたり、リアルタイムで会話ができるのが楽しいなって。私、無音が苦手なので、ゲーム実況してないときもYouTubeやNetflixは流しっぱなんです。寝る直前までそんな感じです(笑)。で、寝るぞってなったら携帯を置いて寝ます。

――携帯で見てるんだ。

歌乃 はい。だからトイレやお風呂に行くときとかも持っていって。

――依存症みたいになってるじゃん(笑)。

歌乃 トイレに行く間だけ日常なのがイヤなんです。ずっとその世界に浸っていたいっていうか。受験勉強もそんな感じでやってました。

――気が散ったりしない?

歌乃 たまにアッ、ってなるときはあるんですけど、それで成績も良かったから、親からも何も言われなくなりました。

――集中力がすごいね。今後新たにやってみたいことはある?

歌乃 たくさんあります。雑誌の表紙や、海外でのライブもやりたい。最近、ひとつ願いがかなったのが、balaのオリジナルキャラクターを作ったんです。Barlaちゃんっていうんですけど、私がデザインしたものを3Dにして、これに私たちが入ってバーチャルライブみたいなことやったんです。これがすごく楽しくて。

――今回、グラビアも初めてだったと思うけど、どうだった?

歌乃 現場はもうちょっとピリピリしているのかと思ってたんですけど、すごく和気あいあいとしていてよかったです。

――もっとこんなグラビアをやってみたいとかある?

歌乃 見るのが好きなのはベッドとか畳とかですけど、自分がやるとなると......ゲームしてるところですかね(笑)。本当の普段の私、みたいなのをやってみたいです。

――では最後にメッセージを。

歌乃 初めてのグラビアでしたがとても楽しかったです。いつかグラビアで表紙になれるように頑張ります。

スタイリング/伊井田礼子 ヘア&メイク/浜田あゆみ

●ロジャース歌乃 
2002年6月19日生まれ 神奈川県出身 身長160僉
○クリエイティブクルー「bala(バラ)」のメンバー。そのほか、アパレルブランドやファッション誌を中心に活躍中。オーストラリアと日本のハーフで、日本語と英語のバイリンガル。
公式X(旧Twitter)【@ardkano6】 
公式Instagram【@ardkano】 
公式TikTok【@ardkano6】 


ロジャース歌乃デジタル写真集『今日、彼女に一目惚れしました。』 撮影/LUCKMAN 価格/1100円(税込)

取材・文/西山麻美 撮影/LUCKMAN