9月12日は「宇宙の日」!人類が宇宙に挑戦する映画を特集放送

写真拡大

洋画専門チャンネルザ・シネマでは、9月12日の「宇宙の日」に合わせ、人類が宇宙に挑戦する実話を基にした名作宇宙映画2作品を9月12日(火)にお届け!

毛利衛さんが日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して飛び立った9月12日は「宇宙の日」。そんな「宇宙の日」には、遥か彼方の広大な宇宙空間に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

「宇宙の日」に見たい映画

ザ・シネマではそんな「宇宙の日」にぴったりな、人類が宇宙に挑戦した実話を基にした名作映画を特集放送! 爆発事故に見舞われたアポロ13号の奇跡の生還をトム・ハンクス主演で描く感動の人間ドラマ『アポロ13』、世界最速に挑み、人類未踏の宇宙に飛び出す。誇り高き男たちのフロンティア精神を熱く描いた『ライトスタッフ』の宇宙映画2作品を9月12日(火)にお届けする。

特集ページ:https://www.thecinema.jp/tag/475

「宇宙の日」放送作品情報

『アポロ13』


放送日:9月12日(火)21:00〜ほか

爆発事故に見舞われたアポロ13号の奇跡の生還をトム・ハンクス主演で描く感動の人間ドラマ。

あらすじ

アポロ11号、12号が相次いで月面着陸に成功。当初14号に乗る予定だった宇宙飛行士のジムは、他のクルーが病気になったため急遽13号に搭乗することに。打ち上げは無事成功するが、宇宙船の酸素タンクが爆発し、燃料電池の出力も低下してしまう。月面着陸はおろか地球への帰還も絶望的な状況のなか、ジムら乗組員と管制センターは地球に戻るためにあらゆる手段を講じるが、酸素と電力は刻々と減少してゆくのだった。

『ライトスタッフ』


放送日:9月12日(火)23:30〜ほか

世界最速に挑み、人類未踏の宇宙に飛び出す。誇り高き男たちのフロンティア精神を熱く描く!

あらすじ

第二次大戦終結後、飛行機はプロペラ機からジェット機に変わった。エドワーズ空軍基地には世界最速記録に挑むヒコーキ野郎たちが集結し、熾烈なスピード競争に明け暮れていた。だが1957年、ソ連が人工衛星の打ち上げに成功し事態は一変。宇宙進出で出遅れてしまったアメリカにとって、宇宙飛行士の育成が最優先課題となった。今、空軍、海軍、海兵隊の各軍で名を馳せた誇り高きスピード野郎どもが集まり、苛酷な訓練が始まる。

(海外ドラマNAVI)