この記事をまとめると

■最近のカーナビはインターネット接続などでさまざまなコンテンツが楽しめる

■パイオニアのNP1はドライブレコーダー機能も持ったカーナビとなっている

■同じくパイオニアの楽ナビはガソリン価格表示や建物の3D表示ができる

いまやカーナビはただ地図を見るだけじゃない

 ひと昔前は、新車を購入するときには「どんなナビをつけようか?」なんて悩んだものでしたが、最近ではスマホアプリのナビ機能が進化してきたことや、スマホ連携のディスプレイオーディオが普及してきたことなどで、「ま、スマホでいっか」と感じている人も増えているのではないでしょうか。

 でも、カーナビがナビの役割だけだった時代はもう大昔の話。最新のナビには新次元のカーライフを手にすることができる、驚くべき先進機能が続々と登場しているのです。「えっ、そんなことまでできるの?」と思わず唸る、最新カーナビの機能をご紹介したいと思います。

 まずは、ドライブをしているときのメリットのひとつとして、思い立ったらすぐにどこへでも行けるということがありますよね。次世代通信型ドライブレコーダーとして、ナビ機能も付いているパイオニアのNP1なら、走っている場所や時間帯などと照らし合わせて、老舗旅行ガイドの「るるぶ」や人気お出かけ情報サイトの「いこーよ」などのデータから厳選して、そのときその場所のおすすめスポットや、グルメ情報などを教えてくれる機能があるのです。

 まるで、ドライブを最大限に楽しませてくれるコンシェルジュが同乗してくれているみたい。とくに、知らない街を走っていると、どのお店が美味しいのか、自分が食べたいものがどこで食べられるのか、なかなかわからないものですよね。あらかじめスマホで検索しておくこともできますが、じつはNP1なら、「◯◯で評価の高いお店を探して」などと話しかけるだけで、有名口コミグルメサービス「Retty」のデータから厳選して、飲食店情報を教えてくれるのも嬉しい機能です。なにかやりたい、食べたいと思ったときに、すぐ選りすぐりの情報が得られるのはすごいですね。

 ふたつめは、進化したガソリンスタンド検索機能がすごいのです。どんどん高騰するガソリン代は、少しでも節約したいという人や、ガソリンスタンドに寄るためにわざわざルートをはずれて寄り道するのはもったいないし時間も無駄になる、という人も多いですよね。そんなときにパイオニアの楽ナビなら、ホーム画面からアイコンを押すだけの「ダイレクト周辺検索」でガソリンスタンドを検索してみると、店名や現在地からの距離が出るのはもちろん、そのときのガソリン価格まで表示してくれるではないですか。

 これなら、現在地周辺で1円でも安いところをすぐに探すことができますね。しかも、距離が近くても道の反対側にあったら入りにくいものですが、どっち側にあるのかまでわかるから大助かり。目的地設定をしていれば、そのルート上にあるところだけ表示してくれるのもありがたいところです。

最新機能が盛りだくさん!

 3つ目は、車内をお気に入りのアロマの香りで満たしたいという人におすすめなのが、アルパインがカーナビの機能のひとつとしてアロマを取り入れた、ビルトインタイプのカーアロマ。

 車種は限定されてしまいますが、センターアッパーボックスにカーアロマを装着すると、カーナビ画面のタッチ操作でアロマの噴霧をオン、オフできたり、噴霧時間を設定したりできるようになっています。

 車内のアロマディフューザーというと、電源ソケットに差し込んだり、USBで繋いで使うものがほとんどで、見た目にはちょっとスッキリしないし、ドリンクホルダーなどが塞がってしまって邪魔、という感じが多かったのですが、これはとってもスマートだし便利。アロマの香りは多彩に用意されているので、本体に装填することで、気分によって香りを変えることも可能です。

 4つ目は、ドライバーが見ているフロントガラスからの景色が、そのまま別の場所にいる人と一緒に見られるという、新世代の機能となる「ドライブコミュニケーション」が、パイオニアのNP1で体験できます。これは、NP1のカメラが映し出す映像を特定の人のスマホで共有できるので、助手席で一緒に見ているような感覚。

 たとえば、初めて訪ねる知人の家などに行くときに、わかりにくい交差点を一緒に見ながら「そこを左」などと教えてもらうことができたり、病気で一緒に行けなくなってしまった家族に、ドライブ中の絶景を見せてあげることなども可能。アイデア次第でいろんな使い方ができると思います。しかも、「NP1、写真を撮って」と話しかけると、その瞬間の前方や車内の写真、短い動画なども保存してくれる機能があるので、思い出としても残せていいですね。

 5つ目は、旅の写真集をみたり、絵本を眺めたり、建物のミニチュアなどが好きな人にはぜひ見てもらいたい、最新の楽ナビの地図表示。全国各地の特徴的な建物、例えば東京駅やスカイツリー、京都の金閣寺などを立体的なリアルな表示で見ることができます。

 これは、ほとんど道路の線しか表示されないスマホアプリのナビと決定的に異なるところでもありますね。開発チームのデザイナーさんがひとつひとつドライブを楽しんでもらうためにデザインしたという、想いのこもった地図表示。出かけるたびに、ここはどんなふうに表示されるかなと見るのがワクワクするのではないでしょうか。

 ということで、まだまだスマホアプリには負けないぞと、すごい機能が続々と登場するカーナビの世界。これからも注目していきたいところです。