ユニークで忘れられない一皿。大阪のテッパン〈スパイスカレー〉3選

写真拡大 (全8枚)

爛レー瓩任呂覆爛好僖ぅ好レー瓠賃膾紊郎まさに、百花繚乱の趣。カレーを愛し、愛された料理人たちが生み出す、ユニークで忘れられない味の一皿。

濃厚豚骨スープで、おいしさパワフル〈ドラマチックカリー ゴールデン中崎〉。

2011年からスパイスカレーの素晴らしさをSNSで発信し続けるスパイス研究家・三嶋達也さんが、その膨大な見識を活かした新展開。濃厚な豚骨スープと、8種の魚介出汁を使い分ける贅沢なレシピで、一口ごとに強烈な旨味グルーヴが全身に渦巻く。写真は「ゴールデンだしキーマ、中崎ビーフカレー」のあい掛け1,390円(味玉トッピング+170円)。多彩な味変アイテムも、ユズ生酢など鋭いアイデアに心が躍る。

ドラマチックカリー ゴールデン中崎

住所:大阪府大阪市北区中崎1-6-18TEL:06-6359-8006  中崎町営業時間:11:30〜14:30LO、18:00〜21:00LO定休日:不定休(ほぼ無休)

15席

和出汁と実山椒ではんなり、上品な余韻に感動〈和出汁咖哩 あきない〉。

昆布と鰹節の和出汁を大胆に利かせたカレーは、すでに大阪スパイスカレーの一大流派。その最名門、〈ツキノワ〉出身の店主が2022年6月にスタート。干し椎茸、イリコなども加え、長時間弱火で煮出す出汁と、実山椒が利いたスパイスの和音はどこまでも優美。油をほとんど使わず、後味が軽やか。まさに日本のカレーの新境地がこのお店から、はんなり発信中。写真は「あきない的ポークビンダルー、山椒キーマトッピング」1,350円。

和出汁咖哩 あきない

住所:大阪府大阪市北区天満3-8-12TEL:なし  南森町営業時間:11:30〜20:30LO(土日祝〜15:30LO)定休日:火ほか不定休

8席

大阪スパイスカレーの原点にして絶対的聖地〈旧ヤム邸 空堀本店〉。

仏教を誕生させたのはお釈迦様、スパイスカレーを確立したのはこの〈旧ヤム邸〉。焙煎したて、挽きたてのスパイスの鮮烈な香りは、強烈な五感覚醒・活性力さえ感じるほど。家元のスキルは別格。このお店を知らずしてスパイスカレーを語るべからず、との声にも納得。写真は「ヒヨコ豆と竹の子の牛豚キーマ、豆腐とブロッコリーの和風鶏キーマなどの3種がけ」1,300円。カレーは日替わり。昼は連日行列。夜のみ予約可。

旧ヤム邸 空堀本店

住所:大阪府大阪市中央区谷町6-4-23TEL:06-6762-8619  谷町六丁目営業時間:11:00〜14:00LO、18:00〜21:00LO(日〜20:00LO)定休日:月火

27席

photo : Kunihiro Fukumori text & edit : Mitsuhiko Terashita

No. 1223

大阪通が教えてくれる 最新・大阪案内。/大橋和也 (なにわ男子) 2023年07月28日 発売号

古くから「天下の台所」、そして「食いだおれの街」と称されてきた大阪は、人々が豊かな食を育んできた街。令和の今、そんな大阪のフードカルチャーを目当てに、海外からもたくさんの人が訪れています。世界からも注目を集める大阪の“おいしい”魅力について、大阪通から教えてもらう今回の大阪特集。美しく澄み切った出汁の旨味、香ばしいソースの香り、食欲をそそる揚げたて焼きたての音…。エリア、ジャンル、テーマにわけて五感をフルに刺激する大阪の食の最新情報をお届け!

もっと読む