【新馬/新潟5R】ゴールドシップ産駒 キャントウェイトがデビューV

写真拡大

 2日、新潟競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1800m)は、柴田大知騎乗の8番人気、キャントウェイト(牡2・美浦・萱野浩二)が快勝した。1馬身差の2着にヴェローチェエラ(牡2・栗東・須貝尚介)、3着にテリオスサラ(牝2・美浦・高柳瑞樹)が入った。勝ちタイムは2:04.4(良)。

 1番人気で川田将雅騎乗、モスクロッサー(牡2・美浦・国枝栄)は7着、2番人気で坂井瑠星騎乗、アンナバローズ(牝2・栗東・辻野泰之)は6着敗退。

【札幌2歳S】セットアップが楽々逃げ切る…武豊ガイアメンテは6着敗退低評価を覆す

 柴田大知騎乗の8番人気、キャントウェイトが嬉しいデビューVを飾った。レースでは最内枠を生かして好位3、4番手の位置をキープ。終始ロスなく好位で立ち回り、直線入口で抜け出しを図ると、そのまま危なげなく後続に1馬身差をつけて押し切った。

キャントウェイト 1戦1勝
(牡2・美浦・萱野浩二)
父:ゴールドシップ
母:マイネランデブー
母父:アグネスデジタル
馬主:ビッグレッドファーム
生産者:笹島智則